安全保障

「新型コロナの流行は中国のせい」は濡れ衣だとし、アメリカを脅す! 中国外交部!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

現在アメリカでは、新型コロナウイルスの世界的な感染の広がりは中国のせいだとし、その責任を追及する議論が高まっている。

フロリダ州のバーマン・ロー・グループが、今回の新型コロナウイルスのパンデミックを引き起こした責任は中国政府にあると提訴した。

クレイマン弁護士と保守派団体の「ジャジカル・ウォッチ」も、同様の訴訟を起こした。

米下院のバンクス議員が、中国はこのパンデミックの償いをすべきだとし、中国が保有する米国債を無効にするとか、中国製品に懲罰的な関税を課すなどを、具体例として列挙した。

アメリカの元下院議長のギングリッチ氏も、中国共産党の独裁政権が伝染病の管理の仕方を誤り、情報を隠ぺいしたとして、中国を非難した。

こうした一連の動きに対して、中国外交部の華春瑩報道局長は、「米国にはまだ、中国は新型コロナウイルスが米国で流行した責任を取らなければならないとわめく人がいる。彼らには後ろめたさや恥はないのか?こうした人々は中国に着せるための世界最大の濡れ衣をつくり、中国を最大のスケープゴートにしようとしている。しかし、この濡れ衣は大きすぎて、申し訳ないが着せることはできない」と述べた。

そのうえで、「関係者は中国共産党や中国政府のように、人々の命と安全を最優先とし、政治的な偏見と傲慢を捨て、国際協力やウイルスをめぐる共同対応に注意を向けることを望む」とした。

中国への批判をかわすのに必死なのだろうが、こうした発言がいかにアメリカ人の強烈な反発を受けることになるかは考えていないのだろう。

中国共産党系の通信社の新華社は、「このタイミングで中国がアメリカに報復し、アメリカへの渡航禁止だけでなく、医薬品の戦略的管理やアメリカへの輸出禁止を発表すれば、アメリカは新たなコロナウイルスの海に落ちることになる」とし、アメリカに対して脅すこともいとわない姿勢すら見せた。

これに対して、アメリカのコットン上院議員とギャラガー下院議員は共同で、「医薬品のサプライチェーンを中国依存から脱却させる法案」(the Protecting our Pharmaceutical Supply Chain from China Act)を準備し、議会に提出した。

アメリカと中国のデカップリングは、今後急速に進んでいくものと思われる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のトム・コットン上院議員のページ
https://www.cotton.senate.gov/?p=press_release&id=1342
ネタ元のレコードチャイナの記事
https://www.recordchina.co.jp/b794529-s0-c10-d0151.html
画像も同上から
https://img.recordchina.co.jp/thumbs/m860/202004/20200401-052721632.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    核軍縮条約への参加を、中国は拒否! 中国の本質がより明確に!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメリカ…

  2. 人権・民主主義

    中国が世界中に監視網を拡大! 国際人権団体が報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  3. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  4. 安全保障

    中国の8割以上の会社のN95マスクの販売を禁止! 米トランプ政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!低品…

  5. 安全保障

    米新安保担当補佐官に人質解放に実績の高いオブライエン氏選出! ただし懸念もある!(朝香 豊)

    解任されたボルトン氏の後釜として、アメリカの大統領安全保障担当…

  6. 中国

    北京五輪で激化する中国と韓国の対立! 来月の韓国大統領選挙にも絶大な影響!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アトランタの白人警官は死刑の可能性も! 道理が通じないアメリカ!(朝香 豊)
  2. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)
  3. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
  4. 安全保障

    第3回新型コロナウイルス専門家会議開催!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    北朝鮮の人権に声を上げろ! 国際人権団体が束になって文在寅を突き上げる!(朝香 …
PAGE TOP