外交

コロナ騒動の中でも、ベネズエラに揺さぶりをかけるアメリカ! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

3月26日に、アメリカ政府はベネズエラのマドゥロ大統領を麻薬密輸などの罪で起訴した。

バー米司法長官は、マドゥロ政権がコロンビア革命軍に、ベネズエラ国内でコカインを生産することを許可し、コロンビア革命軍と共謀して、アメリカ国内に大量のコカインを流入させたと主張した。

マドゥロ大統領は麻薬密売組織「太陽のカルテル」の首領であるとし、身柄拘束につながる情報には最大で1500万ドル(約16億円)の報償金を支払うとの方針も、米当局は明らかにし、マドゥロ大統領の側近ら14人も起訴した。

このようにベネズエラに対する強硬姿勢を高める姿勢を見せていたアメリカだが、3月31日になると、手のひらを返したような柔らかい姿勢も見せる。

ベネズエラの与野党双方の陣営が加わった選挙管理委員会を設立し、公正な選挙が実現できるなら、ベネズエラに対する制裁を解除するとの提案を行ったのだ。

マドゥロ大統領とグアイド暫定大統領(国会議長)の両者が身を引くことが前提だとし、一見喧嘩両成敗的に見える態度を示した。

マドゥロ大統領側は、当然ながらこの提案を拒否した。

厳格に公正な選挙が行われたら、マドゥロ大統領側は勝てる見込みはないからだ。

アメリカは恐らくこのような提案が拒否されることがわかっていながら、敢えて提案を行ったのだろう。

これは、ベネズエラ側が合理的な方針で動けば、アメリカが制裁を解除する姿勢を示すことで、マドゥロ大統領のあり方に反対する勢力を、ベネズエラ国内で強化する意図によるものだと思われる。

また、このような提案を行うことで、アメリカは制裁を解除する気が十分あるのに、マドゥロ大統領側のエゴで実現できないのだという印象を与えることができる。

新型コロナ対応に忙しくなる中では、ベネズエラ対応は後回しになりがちだと思われるが、こうした対応をきっちり示すところは、さすがトランプ政権だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57496730R00C20A4000000/
画像はflickr.comから
https://live.staticflickr.com/4861/45777439375_2a46fa89ff_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝香 豊)

    東京五輪組織委員会と小池都知事に対して、日本共産党は旭日旗の東…

  2. 人権・民主主義

    台湾の国家承認を各国に促す法案をアメリカが準備! (朝香 豊)

    台湾の国家承認や台湾との非政府間交流を各国に促すよう米政府に要…

  3. 外交

    韓国与党の放射性物質マップ、やはりデータ改竄していたことが発覚!(朝香 豊)

    韓国与党「共に民主党」が作成した日本の放射線量のマップのデータ…

  4. 外交

    ロシアが憲法で領土譲渡の禁止提案! 安倍総理は訪露中止を!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!憲法…

  5. 安全保障

    インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 外交

    北朝鮮船が日本の水産庁船に衝突も船員全員救助! だが…(朝香 豊)

    日本のEEZ内である大和堆で北朝鮮の漁船が日本の水産庁の船に衝…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港で民主派デモへの寄付金10億円を凍結! 取り締まりをさらに強化!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    CIAとオバマが選挙不正に絡んでいる! マキナニー退役中将!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)
  5. 道理

    これはオシャレ! 中国の放送時間に合わせた試合時間の変更に、フランスのサッカーフ…
PAGE TOP