経済

韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次いで廃業予定になっていることがわかった。最大手の三和マネーはすでに新規貸出を中断し、資金回収だけを行っている。

文政権が消費者金融に導入した最高金利規制によって、法定金利の上限は66%から24%に大幅に低下した。このことにより、消費者金融は利益を生み出しにくくなった。

金利が低くて利益を出しにくくなったので、返済の目処が十分たちそうな相手にしか貸さないようになっている。その結果、消費者金融の貸付承認率は10%程度に留まっている。つまり、貸付の申し込みが10件入っても、9件は拒否される状況だ。

それでも冷え込んだ景気のため延滞率が7.3%に急増している。業界としては打つ手がないということだろう。

信用度の低い庶民を相手にするこうした消費者金融が破綻してしまうと、困った人はヤミ金に走らざるをえなくなる。

これは本当にお金を必要としている人には悲劇だ。ヤミ金と繋がっている闇ビジネスに人材が供給され、社会全体の治安も悪化することになる。

経済の動きが理解できない文在寅政権のせいで、庶民の暮らしはさらに悲惨にならざるをえない。

こういう経済の現実の動きについては、我が国もばかにせずに見ておきたい。

これに関連する韓国の中央日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国経済の崩壊! 中国政府も認識!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    韓国でのアフリカ豚コレラ発生により、中国は韓国からの豚肉輸入を禁止に! (朝香 豊)

    韓国でアフリカ豚コレラの発生が確認され、中国は韓国からの豚肉の…

  3. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  4. 経済

    ソフトバンク、ピンチ! WeWorkはキャッシュ枯渇か?(朝香 豊)

    オシャレなシェアオフィスで知られるWeWorkは、現在資金繰り…

  5. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

  6. 安全保障

    米豪はレアアースの安定調達の計画を発表へ! (朝香 豊)

    現在中国が世界生産量の80%を占めているレアアースの安定調達の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 外交

    習近平、赤っ恥! ネパールはチベット難民の引き渡しを拒否!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国財政省がドル建て債を60億ドル募集!(朝香 豊)
  3. 経済

    新型コロナショック! 中国の海航集団が破綻、政府管理下に!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国主導で香港の抗議活動を違法化する法律を、中国政府が作り、香港に適応する方針!…
  5. Featured Video Play Icon

    経済

    中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
PAGE TOP