経済

韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)

韓国の消費者金融の大手4社のうち3社が、2024年までに相次いで廃業予定になっていることがわかった。最大手の三和マネーはすでに新規貸出を中断し、資金回収だけを行っている。

文政権が消費者金融に導入した最高金利規制によって、法定金利の上限は66%から24%に大幅に低下した。このことにより、消費者金融は利益を生み出しにくくなった。

金利が低くて利益を出しにくくなったので、返済の目処が十分たちそうな相手にしか貸さないようになっている。その結果、消費者金融の貸付承認率は10%程度に留まっている。つまり、貸付の申し込みが10件入っても、9件は拒否される状況だ。

それでも冷え込んだ景気のため延滞率が7.3%に急増している。業界としては打つ手がないということだろう。

信用度の低い庶民を相手にするこうした消費者金融が破綻してしまうと、困った人はヤミ金に走らざるをえなくなる。

これは本当にお金を必要としている人には悲劇だ。ヤミ金と繋がっている闇ビジネスに人材が供給され、社会全体の治安も悪化することになる。

経済の動きが理解できない文在寅政権のせいで、庶民の暮らしはさらに悲惨にならざるをえない。

こういう経済の現実の動きについては、我が国もばかにせずに見ておきたい。

これに関連する韓国の中央日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  2. 経済

    中国の外貨準備は危機的状況に 資金流出への規制をさらに強化

    中国の経済がさらに壊れてきた。中国政府は海外への資…

  3. 安全保障

    ファーウェイ、中国当局に協力と、独紙報道!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  4. 経済

    痛みを伴う社会制度改革などいらない 経済同友会の経済観は間違っている!

    経済同友会の桜田代表幹事は、「10年、20年先を見据え、年…

  5. 安全保障

    IMFがさらなる財政出動を要請! 新型コロナ対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!IM…

  6. 経済

    北朝鮮のマネロンに中国人が関与! 米の真のターゲットは中国の銀行かも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国は医療物資の不足が深刻! だが、海外支援は求めず! それよりメンツ!(朝香 …
  2. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
  3. 外交

    中国の巨額援助の約束の多くは履行されていない! 台湾主張!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港12大学の学生会が中国共産党政権を批判する共同声明を発表! 「自由を与えよ。…
  5. 人権・民主主義

    「表現の不自由展」が台湾の美術館で開催予定! なんとか止めたい!(朝香 豊)
PAGE TOP