安全保障

中国は1月上旬に「人→人感染」を知っていた! 対外的には否定の二枚舌!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国当局とWHOが公式には新型コロナウイルスの「人から人への感染」を否定していた1月上旬に、中国当局は国内においては「人から人への感染」があることを前提に、院内感染などを阻止するための具体的な方針を策定していたことがわかった。

内モンゴル自治区の衛生当局の内部資料が大紀元時報にリークされて明らかになった。

この内部資料は、1月15日付けのものと1月18日付けのものがある。

1月15日付けの文書は、「新型コロナウイルスによる肺炎感染症例の治療に関する内モンゴル自治区衛生健康委員会の緊急通知」と題されたもので、内モンゴル自治区の衛生健康委員会が自治区内の自治体あてに通知として出したものだ。



ここには、新型コロナウイルス感染症の診断・治療および感染拡大抑制の方策が記されていることから、これよりも前の段階で中央政府から内モンゴル自治区政府に、新型コロナウイルス感染症に関するかなり具体的な情報が流されていたことがわかる。

そして基本的な方針は、中央政府レベルでも地方政府レベルでもこの段階ですでに確立していたこともわかる。

さらに、地方政府のもとにある各自治体レベルでも、呼吸器内科、伝染病、臨床検査、CT、院内感染などの分野の専門家を集めた専門家チームを構成するよう指令していた。

このように伝染病や院内感染の専門家を求めていることから、「人から人への感染」が当たり前のように存在することを、中国政府は十分に理解していたこともわかる。

実際この文書には、「診断・治療の方案、事前(検温)問診・分散診察および発熱外来に関する基準、最初の症例確認の手順、院内感染の防止および医療従事者の感染防止に関する規定を各地に伝える」と記されていて、院内感染の防止および医療従事者の感染防止がしっかりと意識されたものだった。

この時期は、中国政府が「人から人への感染」を対外的には例外的なものとして扱っていた時期だ。

中国政府が「人から人への感染」があることをようやく認めたのは、1月20日になってからのことだ。

したがって、内部的には「人から人への感染」があることを前提に防疫対策を立てながら、対外的にはこれを否定するという二枚舌を使っていたことになる。

さらにこの文書には、「内部閲覧に限り、インターネット上に投稿してはならない」との注意書きがあった。

1月18日には改訂版が発せられているが、ここにおいても診断・治療に関する方針は「非公開」とすることを求めている。


内部では「人から人への感染」を前提とした対策をとっているにも関わらず、その情報が外部には漏れないように箝口令を引いていたと言われても、仕方ないだろう。

その結果として、外国を欺いて世界中に感染を蔓延させた罪はあまりにも大きい。

これでは世界中から訴訟を起こされても仕方ないと言わざるをえない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/05/55954.html
画像も同上から
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/02/t_zrdj5wxmweiathw11kjq.jpg
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/02/t_zgfulcm9zqukxkokqmh2.jpg
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/02/t_ujay3as794wtwarhnz7q.jpg
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/02/t_pwysglsnoxinyqelnlnc.jpg
https://img.epochtimes.jp/i/2020/05/02/t_hq5vljy4mqoyrxsuhuwe.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  4. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  5. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも

関連記事

  1. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!29…

  2. 人権・民主主義

    香港デモで、警察スパイが店舗破壊か? 証拠映像! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元日…

  3. 安全保障

    台湾のTSMCがファーウェイからの受注を停止! 中国に大打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!半導…

  4. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  5. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)
  3. 未分類

    反論は大歓迎! ただし私の疑問に真摯に答える姿勢を求む!(朝香 豊)
  4. 経済

    コロナウイルス禍を奇貨として、日本の大改造を行え!(朝香 豊)
  5. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)
PAGE TOP