人権・民主主義

ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏は、ミュンヘンで開かれた安全保障会議で、オンラインでの言論の自由を否定する中国のあり方を厳しく非難した。

ザッカーバーグ氏は、中国のような共産党体制の国が「権威主義的価値」をインターネット空間に持ち込み、これを他国にも強いているとし、これを「非常に懸念している」と述べた。

かつては、ザッカーバーグ氏は、天安門広場でジョギングをしたり、習近平国家主席と会談したり、習主席の本を読んでいると媚を売ったり、習いたての中国語を披露したり、娘に中国語の名前をつけたりするほど、親中的というよりも媚中的な姿勢を見せていた。

中国の情報検閲当局の高官を、フェイスブックの本社に招いたこともあった。

ザッカーバーグ氏が今のような嫌中的姿勢に明確に変わったのは、昨年の10月からだ。

アメリカ国内の対中姿勢が大きく変わる中で、親中的姿勢を取り続けることが却って経営的にダメージになると考えたのかもしれない。

インターネットの世界的なプラットフォーム企業のトップテンのうち6社が中国企業が占めるようになり、その影響力を無視できなくなったことに危機感を持ったのかもしれない。

ともあれ、ザッカーバーグ氏の姿勢の転換は歓迎したい。

現在フェイスブックには、保守派の言論を不当に圧迫しているという不満が保守派から出ている一方で、フェイスブックではトランプ支持派が優勢で、民主党に冷たい姿勢を見せているという不満が、リベラル側からも出ている。

こうした中で「不適切な投稿」についての規制には、かなりの悩みが出ているようだ。

ザッカーバーグ氏としては、記事内容に責任を問われるオールドメディアよりも柔軟なルールであるべきだとした。(オールドメディアが記事内容に責任をとっているとは思えないが、その点のツッコミはここではなしにしよう。)

個人的には、保守的な言論は見たくないとか、サヨク的な言論は見たくないといった好みの設定ができるようにしたうえで、あまりにもひどいヘイトでもない限りは、原則として自由な言論空間にすればいいのではないかと、思っている。

ザッカーバーグさん、いかがでしょうか?

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51860.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  2. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    まずはジョージア州からぶっ飛ばす! シドニー・パウエル弁護士!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  2. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    大統領選挙の疑惑は深まった! アリゾナ州マリコパ郡の監査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  5. 人権・民主主義

    台湾で香港を支持する5万人集会! 香港に自由を! (朝香 豊)

    雨の中開かれたにも関わらず、香港を支持する集会に5万人が参加し…

  6. 経済

    ジャック・マーがアリババ取締役を退任! 進む毛沢東路線への回帰!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米軍がタリバンに残した武器類は総額10兆円近く! バイデンは意図的にやっている?…
  2. 安全保障

    中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  3. 外交

    しつこい韓国! 韓国人教授が「五輪で旭日旗の使用を許すな」と、205カ国のIOC…
  4. 安全保障

    太平洋島嶼国の光ケーブル事業で中国排除! 対中姿勢に大きな変化!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    イランの反政府デモの鎮圧で、死者は1000名を越えた?(朝香 豊)
PAGE TOP