人権・民主主義

ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フェイスブック創業者のマーク・ザッカーバーグ氏は、ミュンヘンで開かれた安全保障会議で、オンラインでの言論の自由を否定する中国のあり方を厳しく非難した。

ザッカーバーグ氏は、中国のような共産党体制の国が「権威主義的価値」をインターネット空間に持ち込み、これを他国にも強いているとし、これを「非常に懸念している」と述べた。

かつては、ザッカーバーグ氏は、天安門広場でジョギングをしたり、習近平国家主席と会談したり、習主席の本を読んでいると媚を売ったり、習いたての中国語を披露したり、娘に中国語の名前をつけたりするほど、親中的というよりも媚中的な姿勢を見せていた。

中国の情報検閲当局の高官を、フェイスブックの本社に招いたこともあった。

ザッカーバーグ氏が今のような嫌中的姿勢に明確に変わったのは、昨年の10月からだ。

アメリカ国内の対中姿勢が大きく変わる中で、親中的姿勢を取り続けることが却って経営的にダメージになると考えたのかもしれない。

インターネットの世界的なプラットフォーム企業のトップテンのうち6社が中国企業が占めるようになり、その影響力を無視できなくなったことに危機感を持ったのかもしれない。

ともあれ、ザッカーバーグ氏の姿勢の転換は歓迎したい。

現在フェイスブックには、保守派の言論を不当に圧迫しているという不満が保守派から出ている一方で、フェイスブックではトランプ支持派が優勢で、民主党に冷たい姿勢を見せているという不満が、リベラル側からも出ている。

こうした中で「不適切な投稿」についての規制には、かなりの悩みが出ているようだ。

ザッカーバーグ氏としては、記事内容に責任を問われるオールドメディアよりも柔軟なルールであるべきだとした。(オールドメディアが記事内容に責任をとっているとは思えないが、その点のツッコミはここではなしにしよう。)

個人的には、保守的な言論は見たくないとか、サヨク的な言論は見たくないといった好みの設定ができるようにしたうえで、あまりにもひどいヘイトでもない限りは、原則として自由な言論空間にすればいいのではないかと、思っている。

ザッカーバーグさん、いかがでしょうか?

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/02/51860.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    中国で「住宅価格値下げの禁止」が広がる! 誓約書を書かされた企業も出現!(朝香 豊)

    中国の地方政府の中には、住宅の販売価格を値下げしないように要求…

  2. 人権・民主主義

    ポンペオ国務長官 香港について、市民の懸念に明確な措置必要! (朝香 豊)

    ポンペオ米国務長官は、反政府抗議デモが続く香港について、アメリ…

  3. 安全保障

    フィリピン、米軍地位協定破棄を通告! 対中戦略に打撃!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルスに人工生成の痕跡あり! 伝染病学の専門家が証言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    「帰国事業」で北に移った朝鮮人が、北朝鮮軍で日本の都市を襲撃する特殊部隊を作って…
  2. 安全保障

    大和堆に武装北朝鮮船出現! 情報管理と情報開示で岸田新総理は新規軸を打ち出せ!(…
  3. 安全保障

    韓国の「市民」団体が過去の南北対立時代の悲劇で米国を非難! アメリカに対するケン…
  4. 安全保障

    朝日・毎日でも憲法改正賛成派が反対派を上回る! 今こそ憲法改正を思い切って打ち出…
  5. 道理

    性善説でゴーンを逃す! 日本のあり方を問い直せ!(朝香 豊)
PAGE TOP