安全保障

新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスに関して、疑わしい症例が出た場合でも、なかなか検査を受けさせてもらえないという話が、フェイスブック上でも散見される。

検査対象について湖北省への渡航歴などの条件を建前上は外したとされているが、現実に検査をしてもらえるかどうかには、かなり高い壁が依然としてあるようだ。

酸素吸入が必要な重症の肺炎患者でも、検査を受け付けてもらえないというのが実態だと、池袋大谷クリニックの大谷院長は、TBSの取材で答えている。

感染者として認められた人たちが増えると、受入人数に限界がある病院がパンクしかねないということを、厚労省は心配しているのであろう。

また、感染者数の急上昇の報道によって、東京オリンピックの開催が危ぶまれることを懸念しているようにも感じる。

だが、国にとって最も大切なのは、国民の命を守ることであり、そのために最善の対策としてどんな事ができるのかを考えることではないのか。

表面的に糊塗することをやっていると、手遅れになるケースが各地で出現し、それがさらなるパニックを引き起こし、柔軟な運用が一層取りにくくなる可能性が高い。

PCR法とか簡易キットとかによらずに、CT画像などで臨床的に可能性が高いという判断をした場合には、新型コロナウイルスに有効とされる抗HIV薬などを処方して、自宅静養で対処できそうな方については、自宅隔離で対処したほうがよいのではないだろうか。

保健所に問い合わせた段階で大半を却下するよりも、この方が現実的だと思われる。

食料の調達だけは宅配などでなんとかする仕組みができれば、あとは日本人の民度を信頼して、自宅隔離中心で対処するのがよいのではないだろうか。

これであれば、医療崩壊をかなり食い止められると思う。

新型コロナウイルスに感染したかどうかの確定診断ができていないということで、カウントから外すという姑息なこともできるだろう。

最初に入口を閉めなかったことが大混乱をもたらしているわけだが、もはやそこを嘆いても始まらない。

国民の命を守るという見地で、今できる中での最大限を考えていくべきだと思う。

なお、大谷院長を取材した動画は、ブログの下の方にYouTube動画として貼り付けてある。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…

関連記事

  1. 安全保障

    笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

    防衛省が北朝鮮の短距離弾道ミサイルについて、1)ロシアの「イス…

  2. 安全保障

    韓国の領土のはずが、そこには北朝鮮の基地ができていた!

    「大韓民国山林庁」が所有者になっていて、公示地価まで発表し…

  3. 安全保障

    なんでこんなに怒ってるの? 中国外交官の米政府関係者との接触の事前届出制!(朝香 豊)

    アメリカに駐在する中国の外交官がアメリカ政府関係者などと面会す…

  4. 中国

    さらに強まる習近平独裁体制! 任志強は党籍剥奪!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!任志…

  5. 安全保障

    「日本はアジアで最も対策がずさん」! 日本在住の台湾人女優! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している
  2. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)
  3. 経済

    12月の景気動向指数が発表! 抜本的な経済方針の転換を!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  5. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)
PAGE TOP