経済

今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

オーストラリアが中国の主張を鵜呑みにしないことに腹を立て、中国はオーストラリアからの輸入制限を強める動きを示した。

中国はすでにオーストラリア産石炭の輸入制限を強め、最終的には輸入中止に動くと見られている。

検査・検疫の要件に違反する事例が相次いで見つかったことを理由にして、食肉の一部(約22%)の輸入を差し止めている。

大麦についても「ダンピング」(不当廉売)だとして、反ダンピング関税を80%も掛けるという力技に出ている。

オーストラリアはGDPにおける輸出比率が高く、しかもその中で中国の占める割合が大きいために、脅しに弱いと中国から見られているわけだ。

だが、こうした圧力にオーストラリアが未だに屈しないのを見て、中国はさらにオーストラリア産ワインについてもダンピングの疑いがあるとして調査を開始したと通告した。

オーストラリアのバーミンガム貿易・観光・投資相は、「オーストラリア産ワインは政府の補助金を受けていない」として、ダンピングの疑いがあるとの中国の主張は全く受け入れることができないとの立場を表明した。

オーストラリア産ワインの輸出の4割が中国に向かっているので、このことがオーストラリアに与える影響は大きい。

中国がオーストラリアを狙い撃ちしているのは、オーストラリアのように中国に逆らうと、オーストラリアのような目に遭うことになるぞという脅しを世界中に利かすためだろう。

中国はこの脅しを全方位に行うことはできないため、オーストラリアにターゲットを絞って動いているものと思われる。

オーストラリアにはなんとしてもこの脅しに屈せず、意地を貫いてもらいたいと思う。

我々も微力ながら応援しようではないか。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62959850T20C20A8FF8000/
日経新聞からの引用画像(輸出に占める中国の割合)
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXMZO6295979023082020FF8001-PN1-3.jpg?auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&fit=max&ixlib=java-1.2.0&s=00b99681d9cf06b43c912389ebe2f483
The New Dailyからの引用画像(china-australia-flags)
https://i.ytimg.com/vi/fweV7002IYs/hq720_live.jpg?sqp=COjT_fkF-oaymwEhCK4FEIIDSFryq4qpAxMIARUAAAAAGAElAADIQj0AgKJD&rs=AOn4CLDlKJbrhkcxJG9_n3zVDNOObRIBBw
Wine Connectionからの引用画像(オーストラリア産ワイン)
https://dc6zcchg4ftyw.cloudfront.net/magpleasure/mpblog/post_thumbnail_file/a/1/cache/5/119bdf99710d9a86013f24c82ab9b2da/a11939d1b8670ef96bd02e29a483e838.png

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    武漢ウイルス研究所でコウモリの飼育はなかったはウソ! ウソがバレた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    対中経済安保の強化策を連発! 菅政権!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!菅政…

  3. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    中国共産党を国際犯罪組織に指定せよ! 米議会に法案提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 経済

    中国の人口統計に明らかな疑惑! 日経新聞が報じる不思議!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    一筋縄では理解できない東芝問題! 単純な善悪では捉えるべきではない!(朝香 豊)…
  2. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝…
  4. 道理

    韓国「旭日旗」クレームがポーランドの飲料を販売中止に追い込む! (朝香豊)
  5. 人権・民主主義

    黒人犯殺害で、アトランタ警察署長辞任! 「黒人の命」より「警察解体」!(朝香 豊…
PAGE TOP