安全保障

韓国国防長官室への大量ハッキング事件は、北朝鮮のハッカー集団「アンダリエル」の犯行だった! アメリカは金融制裁を実施! (朝香 豊)

アメリカは北朝鮮のハッカー集団である「ラザルス」「ブルーノロフ」「アンダリエル」の3つを金融制裁対象に指定したが、このうち「アンダリエル」が韓国国防長官室への大量ハッキング事件にも関与していたことを公表した。

このハッキングによって、いざという場合の「斬首作戦」の内容も、北朝鮮との全面戦となった場合の「作戦計画5015」の内容も流出した。北朝鮮は韓国のウイルスワクチン企業のサーバーをウイルスに感染させることまで行い、機密を大量に流出させたとされる。

なお、中国から韓国へのハッキングはこの4年間で33倍に増えているが、北朝鮮のハッカー集団は中国のサーバを拠点としていることから、この急増部分の中には北朝鮮のものも多く含まれると考えられる。

こうした情報公開を波状的に行うことで、文在寅政権の親北政策の危険性を韓国民に植え付けていく作戦をアメリカは考えているのではないかと推察される。

これに関連する朝鮮日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    不良品でヨーロッパで信頼をなくす中国! 新型コロナの医療物資!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!すで…

  2. 安全保障

    文在寅大統領は「安定・終息」判断していた! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!文在…

  3. 安全保障

    GoogleはAI開発で中国と共同研究! 軍事部門も手がけている! (朝香 豊)

    Googleは今なお、中国のAI開発に積極的に協力している。…

  4. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 安全保障

    エスパー国防長官が防衛費2%要求! 日本はこの外圧を利用せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  6. 安全保障

    北のミサイル、目標めがけて軌道修正できる模様!(朝香 豊)

    北朝鮮の一部の弾道ミサイルについて、終末段階で誘導機動が行える…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
  3. 経済

    広東省での感染拡大! 中国経済に打撃!(朝香 豊)
  4. 未分類

    恒大集団はデフォルトを起こしていた! 17兆円のCDSが炸裂か?(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)
PAGE TOP