安全保障

韓国国防長官室への大量ハッキング事件は、北朝鮮のハッカー集団「アンダリエル」の犯行だった! アメリカは金融制裁を実施! (朝香 豊)

アメリカは北朝鮮のハッカー集団である「ラザルス」「ブルーノロフ」「アンダリエル」の3つを金融制裁対象に指定したが、このうち「アンダリエル」が韓国国防長官室への大量ハッキング事件にも関与していたことを公表した。

このハッキングによって、いざという場合の「斬首作戦」の内容も、北朝鮮との全面戦となった場合の「作戦計画5015」の内容も流出した。北朝鮮は韓国のウイルスワクチン企業のサーバーをウイルスに感染させることまで行い、機密を大量に流出させたとされる。

なお、中国から韓国へのハッキングはこの4年間で33倍に増えているが、北朝鮮のハッカー集団は中国のサーバを拠点としていることから、この急増部分の中には北朝鮮のものも多く含まれると考えられる。

こうした情報公開を波状的に行うことで、文在寅政権の親北政策の危険性を韓国民に植え付けていく作戦をアメリカは考えているのではないかと推察される。

これに関連する朝鮮日報の記事

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム

関連記事

  1. 安全保障

    羽田空港の給水停止騒ぎに、関空でのドローン事件! テロの事前演習か? (朝香 豊)

    羽田空港では、航空機を洗う洗機場から「水から塩気を感じる」と通…

  2. 安全保障

    中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リー…

  3. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. Featured Video Play Icon

    安全保障

    米大統領、サウジ攻撃への報復示唆! (朝香 豊)

    トランプ米大統領は、サウジアラビアの石油施設に対する攻撃につい…

  6. 安全保障

    「北ミサイルは韓国への挑発ではない」 韓国国防相が発言! (朝香 豊)

    韓国と北朝鮮は1年前に両国の緊張緩和を進めるために「9・19軍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国財界が北朝鮮に激怒! 現代グループの裏金で核開発を進めながら、用済みになると…
  2. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    武漢大学が新たな検査方法を開発! PCRよりはるかに優れている??(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    香港で200万人がPTSD発症か? 香港大学が推計!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    中国は医療物資の不足が深刻! だが、海外支援は求めず! それよりメンツ!(朝香 …
PAGE TOP