安全保障

中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ国立衛生研究所(NIH)がNIHの研究に関与している189人の研究者を調査した結果、70%に相当する133人の研究者が外国からの資金収入を報告せず、54%に相当する102人の研究者は海外の人材招致プログラムへの関与を隠していたことが明らかとなった。

189人の大半(82%)はアジア系の研究者だとぼかされているが、中華系の研究者を主対象にして調査が行われたことがわかる。

この結果、NIHは77人の研究者の助成金申請資格を剥奪し、54人の研究者を解雇した。

秘密裡に得ていたお金のうち93%は中国の機関からであり、中国共産党が米学術界への浸透工作を極めて激しく行っていたことが、これまで以上に明白となった。

NIHは調査対象を広げる計画で、現在さらに399人を懸念対象としている。

さて、NIHが関与しているのは、科学全体から見ればほんの一部分でしかなく、科学界全体への中国共産党の浸透ぶりはどれほど大きいものであろうか。

そしてこれは決してアメリカの研究者だけが狙われたものではないだろう。

日本の研究者に対してはどのくらいの浸透が見られるのだろうか。

日本が自分たちの知的財産をアメリカ以上にしっかり守っているとはとても思えないが、日本政府はこれをきちんと調査するつもりはあるのだろうか。

日本政府の姿勢が問われている。

 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のScienceの記事
https://www.sciencemag.org/news/2020/06/fifty-four-scientists-have-lost-their-jobs-result-nih-probe-foreign-ties
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1a/NIH_Building_10.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします習近平…

  2. 人権・民主主義

    中国の大学憲章から「思想の自由」が消える! 学生が抵抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海の復…

  3. 人権・民主主義

    中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    新型コロナの開発中のワクチンの臨床試験開始! ただ実用化はまだまだ先!(朝香 豊…
  2. 安全保障

    アメリカ保守派が中国に対して20兆ドルの損害賠償を請求! 新型コロナウイルス!(…
  3. 安全保障

    韓国の統一外交安保特別補佐官が、従来アメリカが果たしてきた役割を中国に期待すると…
  4. 安全保障

    大統領選挙人投票に異議を唱える上院議員が続々と! ペンス副大統領も賛成へ!(朝香…
  5. 道理

    北朝鮮が日本船舶のバラスト水放出を反倫理的犯罪だと非難!
PAGE TOP