安全保障

中国からの資金提供を隠蔽した研究で54人が解雇! 米国立衛生研究所!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ国立衛生研究所(NIH)がNIHの研究に関与している189人の研究者を調査した結果、70%に相当する133人の研究者が外国からの資金収入を報告せず、54%に相当する102人の研究者は海外の人材招致プログラムへの関与を隠していたことが明らかとなった。

189人の大半(82%)はアジア系の研究者だとぼかされているが、中華系の研究者を主対象にして調査が行われたことがわかる。

この結果、NIHは77人の研究者の助成金申請資格を剥奪し、54人の研究者を解雇した。

秘密裡に得ていたお金のうち93%は中国の機関からであり、中国共産党が米学術界への浸透工作を極めて激しく行っていたことが、これまで以上に明白となった。

NIHは調査対象を広げる計画で、現在さらに399人を懸念対象としている。

さて、NIHが関与しているのは、科学全体から見ればほんの一部分でしかなく、科学界全体への中国共産党の浸透ぶりはどれほど大きいものであろうか。

そしてこれは決してアメリカの研究者だけが狙われたものではないだろう。

日本の研究者に対してはどのくらいの浸透が見られるのだろうか。

日本が自分たちの知的財産をアメリカ以上にしっかり守っているとはとても思えないが、日本政府はこれをきちんと調査するつもりはあるのだろうか。

日本政府の姿勢が問われている。

 
 
もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のScienceの記事
https://www.sciencemag.org/news/2020/06/fifty-four-scientists-have-lost-their-jobs-result-nih-probe-foreign-ties
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1a/NIH_Building_10.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  2. 中国

    「エイズの責任をアメリカは取ったのか?」 中国外交部の異常な「反論」! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  4. 人権・民主主義

    香港「国家安全法」に我々も抗議の声を上げよう! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  5. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!正直…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国は湖北省以外でも医療崩壊!(朝香 豊)
  2. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(…
  3. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)…
  5. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
PAGE TOP