安全保障

中露艦艇10隻が津軽海峡通過! 海峡法改正を選挙争点に打ち出せ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇合計10隻が同時に津軽海峡を通過した。これは津軽海峡が国際海峡に指定されており、「無害通航」が認められていることによる処置である。

この「無害通航」を認めるために、日本は通常では領海12海里となるところを、3海里に限定する制限処置を自らに課している。これにより海峡の中央部に「公海」が生じ、ここを中国軍、ロシア軍は「無害通航」したというわけである。

不可解なのは、商船等の自由な航行を保障するだけであれば、何も「公海」を作り出す特別な処置を行う必要はない。一般商船などに対しては領海内で認められる無害通航権でも十分なはずである。「公海」にするかどうかで無害通航が問題になるのは軍艦に限られるからである。

ではなぜこうした処置がとられているのか。この「無害通航」が認められているのは、日本が「非核三原則」を採用していることと関係しているとされる。すなわち、核搭載の米軍艦が通過する際に支障にならないようにしている処置だというのである。

だが、同盟国の核搭載艦が領海内を通過したところで、それが「非核三原則」の「持ち込ませず」に抵触するというのはあまりに非現実的な理屈ではないだろうか。

法的に厳密に考えたというよりは、政府部内にいるリベラル派がこうした難癖をつけ、この結果として日本の国防体制が弱体化させられてきたというのが恐らく正解だろう。

2017年の話だが、中国海軍の情報収集艦が津軽海峡を「無害通航」したことがある。この時日本政府は「『無害でない航行』と認められる行為を行った確定的な情報がない」として、この通航を黙認した。海上自衛隊が航行目的などを無線で問い合わせたのに対し、中国艦からは「国際法にのっとって航行している」との回答があったので問題ないというわけである。

さて、中国、ロシアの悪用が目立つ中で、岸田内閣はどのような対応を取るべきであろうか。

私はこの問題を選挙の争点として訴え、領海法改正を1つの選挙の争点にすることを提案したい。すなわち、少なくとも津軽海峡と大隈海峡(九州本島と種子島、屋久島との間)の2海峡については、従来の領海3海里をやめて原則通り12海里にし、同盟国であるアメリカの艦船については日米の取り決めで対処するようにすると主張すればいい。

こうした「軍事」ネタには条件反射のように共産党、立憲民主党が激しく反応するだろうが、これが選挙の争点になることはむしろ大歓迎だろう。どうしてそこまで中国やロシアの味方をするのかと攻撃すれば、国民の支持は自然と自民党側に集まることになる。

自民党側のこうした主張に対して、連立与党の公明党は対処に困るだろうが、親中姿勢を示すと国民の猛反発を受けることが容易に想像できることからすると、恐らく自民党の主張を黙認する姿勢に転じることになるだろう。

公明党には敢えて事前通告に近い形で伝えるだけにし、岸田総理には強いリーダーシップを発揮してこの主張を行っていただきたい。公明党に「事前協議がなかったのは遺憾」という言い訳をさせてあげられるようにするのが、「大人の知恵」というものではないだろうか。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

大阪の自民党議員で長尾氏だけ推薦しない公明党! 疑われる公明党の親中姿勢!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6937

“Dappi”問題での立憲民主党の動きは不合理! 立憲民主党は自由を抑圧する政党ではないのか?(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6931

『三方良し』経営や経済安全保障の強化を、岸田総理はひるまず推し進めよ! 雑音は無視だ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6927

trafficnews.jpの記事
https://trafficnews.jp/post/111783
www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/article/20170702-PIUB5RY44NPVNM6B2BXKQTW4HQ/
toyokeizai.netの記事
https://toyokeizai.net/articles/-/153984
中国、ロシア艦艇の津軽海峡通過の画像
https://www.yomiuri.co.jp/media/2021/10/20211019-OYT1I50021-1.jpg?type=large

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    自衛隊の派遣を前向きに進めよ! アフガニスタン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  3. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!東日本…

  4. 道理

    具体策が見えないぞ! 河野太郎氏出馬会見!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    「クリーン・ネットワーク」で中国排除! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    北京に入ると14日の強制隔離処置! 日本政府、この現実を直視せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    高校生の修学旅行の中国行きを推進! 観光庁はアホか!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中共からの送金、14才少女と裸でテレビ電話、不倫… ヤバいハンター・バイデン!(…
  4. 経済

    アメリカで失業率32%になりうるとFRBが推計! 大恐慌時を超える!(朝香 豊)…
  5. 人権・民主主義

    韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)
PAGE TOP