安全保障

汚名返上か、茂木外相! 中国非難、ワクチン開発の問題提起!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国に対して毅然とした対応が取れていないなど、いろいろと批判が集まる茂木外相だが、このところいくつかよい指摘もしているのは公正に見ておきたい。

茂木外相は2月23日にオンライン形式で開催中の国連人権理事会閣僚級会合でビデオ演説を行い、民主派や少数民族への弾圧が続く香港、新疆ウイグル自治区の人権状況を「深刻に懸念している」と表明した。これらの地域で基本的人権や法の支配といった普遍的価値が保障されるよう「中国に対し、建設的で具体的な行動を強く求める」と訴えた。中国共産党の行っていることを、ウイグル人に対するジェノサイドだとする認識を示すところまで踏み込んではいないのは今ひとつ迫力に欠けるが、中国に具体的な行動を求めたところは一応評価できる。

また茂木外相は25日に、新型コロナ感染症について、日本では先進各国と比べて圧倒的に低い水準に抑えられているのに、病床の逼迫が続く状況への疑問を呈した。世界的に見ても病床数の多いこの日本でこのような状況が生まれているのは奇怪な話であり、この点についての理解が国民の間に行き渡るのは大いに必要なことだと私も思う。

その上で、新型コロナのワクチンについても「科学技術立国といわれながら、国産のワクチンをつくれない。それだけの科学力しか持っていない国なのか。ここは中長期的な課題として考えなければいけない」と指摘した。

この点も非常に大切な指摘で、例えばアメリカではDARPA(国防高等研究計画局)が民間だけではリスクが大きすぎて思い切った投資ができない研究開発投資を、DARPAがリスクを背負うことで推進させるという仕組みができている。日本とアメリカとの違いは、国防意識の違いにもあるだろうが、どうすれば民間の研究開発を促進できるかという根本とも関わる話である。

思い切ってお金を出しても失敗することは当然あるわけだが、そのリスクを国家が引き受けないとできない投資というのも多くあり、またそういうものこそが次世代を切り拓くフロンティアとなる。つまり、国家的なプロジェクトとして促進させる意義があるものが多い。

リスクは国家が引き受け、リターンは民間が受け取るといえば、政財界の癒着のように捉えられそうだが、国家にも十分なリターンが生まれる仕組みなら十分に作ることができるはずだ。こうした形で民間活力を活用する投資を国家が後押しするというのは、今後十分に考えるべきことではないだろうか。

政府内部でどういう結論を出すかはわからないが、茂木外相の問題提起は現状の政府と民間との関係を変える可能性があるものとして、大いに評価したい。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.sankei.comの記事
https://www.sankei.com/life/news/210225/lif2102250023-n1.html
www.jiji.comの記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2021022300746&g=pol
茂木外相の画像
https://assets.media-platform.com/bi/dist/images/2019/09/11/RTS2Q3O3-w640.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    ファーウェイの優位性は過大評価! ストランド社!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!デン…

  3. 安全保障

    チョ・グク氏の義兄が北朝鮮からベトナムへの石炭密輸に関与発覚! (朝香 豊)

    チョ・グク氏の義兄が所属する海運会社が、国連制裁決議に違反して…

  4. 安全保障

    フィリピンで中国軍兵士が潜伏か? 調査へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フィ…

  5. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    イギリスは香港市民に永住権を与えるか?
  2. 外交

    さすが、アメリカ! 米国上位500社に台湾との関係強化を求める!(朝香 豊)
  3. 中国

    南アフリカ起源の新種は「オミクロン株」と命名! ここに習近平への忖度があったのか…
  4. 未分類

    メドベージェフ解任で、ロシア新首相に無名のミシュスチン氏! プーチンの思惑は?(…
  5. 人権・民主主義

    ツイッターもフェイスブックも偏向していた! 上院公聴会で明らかに!(朝香 豊)
PAGE TOP