道理

接待は東北新社だけではない! 足立議員が指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅総理の長男である菅正剛氏が勤務している東北新社による総務省官僚に対する接待が問題視されている。

マスコミ報道は、菅正剛氏が菅総理の長男であることから、東北新社に対して特別な忖度が働いた結果だとする断定はしていないものの、その疑いを強く匂わせている。

また総務省もその空気に押さえて、東北新社による接待を違法接待扱いとし、谷脇康彦、吉田真人両総務審議官を減給10分の2(3カ月)の懲戒とするなど計11人を処分した。すでに総務省から離れている山田真貴子内閣広報官についても、菅総理は厳重注意を行い、山田氏は給与10分の2の3カ月分に相当する額を自主返納することとなった。武田良太総務相も自らも閣僚給与を3カ月分、自主返納することを発表した。

総務省側はこれにて幕引きを図りたいようだが、この中で足立康史衆議院議員が2月25日に興味深い国会質問を行なっている。

足立議員は自らが元官僚であった経験を踏まえて、総理の息子だといったことで忖度するほど官僚はやわではないとの持論を展開した。その上で他の放送事業者から接待を受けていたのではないかとの質問を投げかけた。

山田内閣広報官は「放送事業者との会食はあったと思います。ルールに基づいた処理をしたと考えております」と述べ、こうした接待があったことを認めた。

足立議員はさらに在京キー局5社とNHKを合わせた6社に絞った上で、この6社との会食があったかどうかを尋ねたところ、山田内閣広報官は「あったかなかったか、記憶が定かではありません」と答えている。

さて、今回の問題の最大の焦点は、東北新社が菅正剛氏の存在によって特別扱いを受けていたかどうかである。足立議員が具体的に挙げた6社のみならず、放送事業者が総務省の官僚と会食することが業界の標準になっていたとするなら、東北新社が接待を行ったところで特別な忖度が東北新社になされるということは考えにくいであろう。

そして、なぜこうした問題が生じるかを考えた場合に、放送事業者への電波の割り当てが総務省の利権と関わっていることへの問題がクローズアップされることになるはずだ。

電波オークションによって電波が落札される状態になっていれば、総務省の官僚を接待する必要性はもともとないということになるのではないか。

菅総理はこれを奇貨として、放送事業の電波オークション実施へと思い切って足を踏み入れ、内閣潰しに動いてきたマスコミ勢力に対する切り返しとすることを、ぜひ行ってもらいたいものだ。

なお、私が確認した範囲内では、この重要な足立議員の質問内容を取り上げたマスコミは存在しない。互いに傷を舐め合うマスコミの体質が改めて示されたと言えるだろう。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

東北新社に関する足立康史議員の質問のYouTubeの動画

足立康史衆議院議員の画像
https://static.tokyo-np.co.jp/image/article/size1/2/5/e/6/25e6d3624731d1bc51cf9ac4b3ad1199_1.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝香 豊)

    不確かなフェイクニュースがインターネットを通じて拡散する中、し…

  2. 人権・民主主義

    昭和天皇が燃やされる映像作品はヘイトではない=東大特任助教! (朝香 豊)

    国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」の企画展「表現の不自由展・そ…

  3. 安全保障

    中国のハニトラにかかった下院議員! ペロシは擁護!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米下…

  4. 道理

    How abnomal the mainstream media are! Broadcast t…

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Wr…

  5. 道理

    釜山市長のセクハラ辞任の裏事情!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!呉巨…

  6. 安全保障

    明らかになるドミニオンのデタラメさ! 選挙法に違反!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ミシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    外国からのパクリで強大化した中国! したたかなその戦略を甘く見るな!(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    米製の遺伝子機器がウイグルに持ち込まれている! コンプライアンスが成り立たない中…
  3. 韓国・北朝鮮

    トランプのメッセージを取り次いだ韓国を、北朝鮮が非難! 可哀想な韓国!(朝香 豊…
  4. 経済

    トランプ政権の新型コロナウイルス対策は2兆ドルへ! 日本は??(朝香 豊)
  5. 道理

    ブラジル大統領の息子(下院議員)が中国を非難! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)…
PAGE TOP