安全保障

削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Malwarebytes社は、中国のUnimax社製のスマホにはxHelperと呼ばれるマルウェア(悪質な作用をするソフトウェア)がプレインストールされているとの情報を掴み、このスマホを入手して検査を行った。

その結果として、このマルウェアが普通のやり方では削除不可能であることを発見した。

スマホを完全に初期化してアンドロイドOSだけを再インストールをしても、なぜかこのマルウェアも一緒に再インストールされてしまうのだ。

Malwarebytes社がその原因をさらに探ってみたところ、Google Playと関連していることがわかった。

それでも、具体的にどのようにして再インストールされることになるのかを、具体的に明らかにすることはできなかった。

対処療法としては、設定で一時的にGoogle Playを無効にし、ウイルス対策ソフトでスマホをチェックし、xHelperを単純に削除するだけでなく、その痕跡自体も完全に消し去るしか方法はないようだ。

これによって高い確率でxHelperを削除できるとしているが、裏返せば、痕跡の消し方が甘いと再度復活してくることもあるということだろう。

さらにこのスマホには、一種の「トロイの木馬」がプレインストールされていて、これが本体設定変更とも関わっているために、削除できないようになっていることも、Malwarebytes社は報告している。

「Wireless Update」という、アンドロイドOSの自動アップデートに関わる別のソフトにも問題があることを、Malwarebytes社は発見した。

今のところはこの「Wireless Update」は悪さはしていないが、”Android/PUP.Riskware.Autoins.Fota”と呼ばれるマルウェアの亜種として検出されており、「Wireless Update」がバージョンアップされることで、悪質な動きを始める可能性があることが指摘されている。

ちなみに、このスマホは安価であることから、アメリカ政府が低所得者向けに無料配布しているものだそうだ。

こうしたものへの対策を、アメリカ政府はさらに進めていき、中国製のスマホを完全排除する方向に動いていくことになるだろう。

中国の恐ろしさが、改めてわかる話だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のスプートニクの記事
https://jp.sputniknews.com/science/202002147108681/
これのネタ元のGigazineの記事
https://gigazine.net/news/20200110-government-funded-phone-malware/
画像も同記事から
https://i.gzn.jp/img/2020/01/10/government-funded-phone-malware/00_m.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)

関連記事

  1. 外交

    親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)

    ☆☆☆ 今回はメルマガで2月9日に流していた記事を、ブログに再掲載いた…

  2. 中国

    トランプ大統領、国籍取得目的の出産排除へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!生ま…

  3. 経済

    中国リニアが時速600キロ試験走行成功! 怒れ、日本の技術流出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「中…

  4. 人権・民主主義

    「日本の尊厳と国益を護る会」が、習近平国賓に反対の意見書提出!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

  5. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  6. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!豪雨…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝…
  3. 安全保障

    香港国家安全維持法が成立! 残念ながら香港は敗北!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?
  5. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
PAGE TOP