安全保障

削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

Malwarebytes社は、中国のUnimax社製のスマホにはxHelperと呼ばれるマルウェア(悪質な作用をするソフトウェア)がプレインストールされているとの情報を掴み、このスマホを入手して検査を行った。

その結果として、このマルウェアが普通のやり方では削除不可能であることを発見した。

スマホを完全に初期化してアンドロイドOSだけを再インストールをしても、なぜかこのマルウェアも一緒に再インストールされてしまうのだ。

Malwarebytes社がその原因をさらに探ってみたところ、Google Playと関連していることがわかった。

それでも、具体的にどのようにして再インストールされることになるのかを、具体的に明らかにすることはできなかった。

対処療法としては、設定で一時的にGoogle Playを無効にし、ウイルス対策ソフトでスマホをチェックし、xHelperを単純に削除するだけでなく、その痕跡自体も完全に消し去るしか方法はないようだ。

これによって高い確率でxHelperを削除できるとしているが、裏返せば、痕跡の消し方が甘いと再度復活してくることもあるということだろう。

さらにこのスマホには、一種の「トロイの木馬」がプレインストールされていて、これが本体設定変更とも関わっているために、削除できないようになっていることも、Malwarebytes社は報告している。

「Wireless Update」という、アンドロイドOSの自動アップデートに関わる別のソフトにも問題があることを、Malwarebytes社は発見した。

今のところはこの「Wireless Update」は悪さはしていないが、”Android/PUP.Riskware.Autoins.Fota”と呼ばれるマルウェアの亜種として検出されており、「Wireless Update」がバージョンアップされることで、悪質な動きを始める可能性があることが指摘されている。

ちなみに、このスマホは安価であることから、アメリカ政府が低所得者向けに無料配布しているものだそうだ。

こうしたものへの対策を、アメリカ政府はさらに進めていき、中国製のスマホを完全排除する方向に動いていくことになるだろう。

中国の恐ろしさが、改めてわかる話だ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これのネタ元のスプートニクの記事
https://jp.sputniknews.com/science/202002147108681/
これのネタ元のGigazineの記事
https://gigazine.net/news/20200110-government-funded-phone-malware/
画像も同記事から
https://i.gzn.jp/img/2020/01/10/government-funded-phone-malware/00_m.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  5. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう

関連記事

  1. 人権・民主主義

    新型肺炎の感染者数・死亡者数は、中国政府発表よりはるかに多い!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!詳し…

  2. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)

    北朝鮮の金正恩委員長は、「アメリカをはじめとする敵対勢力がわれ…

  3. 安全保障

    北朝鮮のミサイルの電波妨害装備、防衛省が導入に着手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

  4. 外交

    中国が対米戦略を大転換か? 環球時報が方針転換を主張! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    西側企業・国家機関内部に中共支部! 195万人の中共党員データがリーク!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世界…

  6. 安全保障

    トルコ、難民入れるとEU脅す! ヨーロッパ危機!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トル…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    トランプ大統領の会社の資産評価に関する疑惑捜査開始! NY司法長官!(朝香 豊)…
  2. 人権・民主主義

    中国で記者に新基準! 習近平思想の堅持とネットでの世論誘導を求める!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    森元首相の一連の発言が炎上! 問題は森氏に対する賛否ではない!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)
  5. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
PAGE TOP