経済

これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の1〜3月期の経済成長率がどうなるかという予測が、様々に出されている。

はっきり言って、表に出てきているどの予測も全く当てにならないのが実際だ。

というのは、どの予測も、3.3%〜5.5%と幅があるものの、全てプラス成長をすると予測しているからだ。

おいおい、ちょっと待ってくれ。

80以上の都市が封鎖され、都市間の交通はほとんどがストップしている。

北京や上海などの、まだ封鎖されていないはずの都市でも、ゴーストタウンになったかのように、街中には人は殆どおらず、車もあまり走っていない。

地下鉄が走っていても、乗っている人はほとんどいない。

食料品や衛生用品などの購入に必要なスーパーを除けば、街中のお店は閉まっている。

工場の稼働も止められている。

これで経済成長するんだったら、中国の人は今後一切仕事をしなくてもいいのではないか。

働かなくても、特に消費をしなくても、経済は成長するのだから。

そんな嫌味も言ってやりたくなる。

ちなみに消費税増税の影響を受けた、日本の昨年の10〜12月期の経済成長率は、恐らくマイナス4%くらいになると思われる。

つまり、日本の消費税増税が日本の経済成長にもたらすインパクトに比べたら、この新型肺炎が中国経済に与えている影響は、それほど大きいものではないという見立てを、エコノミストたちは出しているわけだ。

中国政府が最終的に公的に発表する数字に近いほど、「優秀」なエコノミストだとされてしまうから、仕方のないところもあるが、こうした数字を真に受けるようなおろかなことは、断じて避けてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00050185-yom-int

画像はロイターの記事から
https://jp.reuters.com/article/china-health-empty-city-idJPKBN2040KX
https://s3.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200210&t=2&i=1488228015&r=LYNXMPEG190FK&w=1280

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  4. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    米GDPはマイナス39.6%に達するとの予測! 米議会予算局! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米議…

  2. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  3. 安全保障

    5Gへのファーウェイ参入阻止に向け、米上院が英国に超党派で書簡!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!5G…

  4. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 人権・民主主義

    カナダ人9割が中国は信頼できないと回答! 世論調査!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!世論調査…

  6. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    新型コロナウイルスで対策に遅れが出ている国がある! お前が言うか?中国!(朝香 …
  3. 安全保障

    外国代理人登録法にも違反か? バイデン!(朝香 豊)
  4. Huawei のロゴ

    中国

    ファーウェイ、内部告発者への報復がバレて、中国国内でも不買運動発生!(朝香 豊)…
  5. 道理

    トランプ大統領については偏ったネガティブ報道! アメリカのリベラルマスコミ!(朝…
PAGE TOP