経済

これでも中国経済が成長するんだって! 各社エコノミストのありえない見通し!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国の1〜3月期の経済成長率がどうなるかという予測が、様々に出されている。

はっきり言って、表に出てきているどの予測も全く当てにならないのが実際だ。

というのは、どの予測も、3.3%〜5.5%と幅があるものの、全てプラス成長をすると予測しているからだ。

おいおい、ちょっと待ってくれ。

80以上の都市が封鎖され、都市間の交通はほとんどがストップしている。

北京や上海などの、まだ封鎖されていないはずの都市でも、ゴーストタウンになったかのように、街中には人は殆どおらず、車もあまり走っていない。

地下鉄が走っていても、乗っている人はほとんどいない。

食料品や衛生用品などの購入に必要なスーパーを除けば、街中のお店は閉まっている。

工場の稼働も止められている。

これで経済成長するんだったら、中国の人は今後一切仕事をしなくてもいいのではないか。

働かなくても、特に消費をしなくても、経済は成長するのだから。

そんな嫌味も言ってやりたくなる。

ちなみに消費税増税の影響を受けた、日本の昨年の10〜12月期の経済成長率は、恐らくマイナス4%くらいになると思われる。

つまり、日本の消費税増税が日本の経済成長にもたらすインパクトに比べたら、この新型肺炎が中国経済に与えている影響は、それほど大きいものではないという見立てを、エコノミストたちは出しているわけだ。

中国政府が最終的に公的に発表する数字に近いほど、「優秀」なエコノミストだとされてしまうから、仕方のないところもあるが、こうした数字を真に受けるようなおろかなことは、断じて避けてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のYahoo!ニュースの記事
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200208-00050185-yom-int

画像はロイターの記事から
https://jp.reuters.com/article/china-health-empty-city-idJPKBN2040KX
https://s3.reutersmedia.net/resources/r/?m=02&d=20200210&t=2&i=1488228015&r=LYNXMPEG190FK&w=1280

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    ミンクからの感染確認でミンクを殺処分へ! 過剰対応ではないのか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!オラ…

  2. 中国

    新型コロナは武漢の研究所で作られた! 米政府の見方は固まってきた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 経済

    蘇寧易購も国有化! 中国で進む毛沢東回帰路線!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 道理

    日本の「無印良品」の商標権、中国でまたも認められず敗訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「無…

  5. 人権・民主主義

    中国がニューヨーク・タイムズなどの記者を追放! 愚かな一手!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 中国

    中国で再び封鎖処置が相次ぐ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロシ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    TikTokでメークしながら、習近平国賓反対動画を作る日本人女性登場!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    楽しみにする声は17%のみ! ターニングポイントになる北京五輪!(朝香 豊)
  3. 道理

    「ウソも表現の自由なのか」と、河村市長! トリエンナーレで津田氏を批判!(朝香 …
  4. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)
  5. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
PAGE TOP