安全保障

米企業のファーウェイへの技術・製品輸出を認める! 改めて示したバイデン政権の親中ぶり!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデン政権が実は親中政権であることは以前から指摘してきたことであるが、ついにその本質を明確に現したとも言える出来事が起こった。

中国の通信機器大手のファーウェイと半導体製造大手のSMIC(中芯国際集成電路製造)は、トランプ政権時に国家安全保障上の懸念を理由とした輸出禁止対象の「エンティティー・リスト」に掲載されていた。

ただ「エンティティー・リスト」に掲載されている企業であっても、政府に申請して許可を受ければ、その企業に輸出することはできる建前になっている。

そして、バイデン政権はこの2社に対する総額1030億ドル(11兆円)にも達する技術・製品の輸出許可を出していたことが明らかになった。米商務省はファーウェイ向けのついては輸出申請の69%に対して、SMIC向けについては輸出申請の90%に対して許可を出していた。

輸出許可を出したことも衝撃だが、1030億ドルという金額も衝撃である。バイデン政権について幻想を持っていた人もさすがに目を覚ますと信じたい。

なお、バイデン政権は中国のDJI製のドローンの購入も行っていたことが先月発覚している。しかも購入したのはFBIと大統領警護を行うシークレットサービスなのである。シークレットサービスという、アメリカでも最も高いセキュリティが求められるところに中国のDJIのドローンを使うとは、普通に考えれば何かの冗談ではないか。

「費用対効果が高い」ということのようだが、そういう基準で選ぶべきものではないだろう。アメリカ大統領としてアメリカの国産のドローンを推進する立場に立つならともかく、中国製ドローンがあたかも安全であるかのような印象を与えるような処置をなぜ取るのだろうか。

こうしたバイデン政権の対中国での迎合的な動きは、先の大統領選挙でバイデン側に中国の支援があったのではないかという疑惑を改めて想起させる。

そしてこのバイデンの様々な問題をアメリカの主流派メディアはろくに報道しない。

アメリカの闇は想像以上に深刻だ。

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6912

“Let’s go Brandon”がトレンド入り! 背景にあるバイデン大統領への批判!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6894

待ったなしの米債務上限問題! 民主党左派の動きで世界経済崩壊も!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/6876

jp.reuters.comの記事
https://jp.reuters.com/article/usa-china-huawei-tech-idJPKBN2HB2VN
www.washingtontimes.comの記事
https://www.washingtontimes.com/news/2021/oct/12/biden-ignored-pentagon-concerns-chinese-drone-purc/
ファーウェイとSMICの画像
https://assets.pandaily.com/uploads/2021/10/未命名的设计-30-1600×832.jpg
DJIのドローンの画像
https://dronedj.com/wp-content/uploads/sites/2/2021/09/dji-drones-us-government.jpg?w=1200&h=600&crop=1

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 安全保障

    生まれたばかりの赤ちゃんが死亡! 妊婦がコロナで受け入れ拒否!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    中国の産業スパイを米司法省が訴追へ! スパイ防止対策強化に日本も動け!(朝香 豊)

    アメリカの司法省は、米農業大手モンサント(現バイエル)の中国人…

  3. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  4. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!使い…

  5. 安全保障

    近づく台湾有事! 日本の防衛力強化は待ったなし!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 未分類

    蔡英文総統が二期目の就任式! おめでとう!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    無責任な脱原発の訴え! もはや老害でしかない元首相5人組!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    韓国の国家安保室長が「開いた口が塞がらないうそ」をついていると、米軍事専門家が指…
  4. 中国

    中国共産党内部で、水面下で党内対立激化か?(朝香 豊)
  5. 道理

    “Let’s go Brandon”がトレン…
PAGE TOP