安全保障

孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのポンペオ国務長官は、中国政府が中国語学習や中国文化普及のため設置したと主張する「孔子学院」について、活動内容から見て純然たる教育機関ではなく、中国共産党が全世界に向けて影響力を拡大する宣伝工作組織だとして、「年末までにすべて閉鎖することを期待する」と述べた。

ポンペオ氏は「誰もが学院内でスパイや協力者の獲得が行われていることを認識するようになっている」と非難した。

さて、日本では早稲田大学、立命館大学など15大学に孔子学院が設置されているが、事実上野放しになっている。

日本においても純然たる教育機関ではないとの位置づけから、最低限でも活動内容の報告を義務付け、不適切であれば排除する動きをぜひとも考えたいものだ。

今回のこのアメリカの動きに日本も影響されることを期待する。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090200141&g=int
ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/09/61743.html
画像はカナダCBCから(ポンペオ国務長官)
https://thumbnails.cbc.ca/maven_legacy/thumbnails/32/727/STILL_Pompeo.jpg
画像は山梨学院大学から(山梨学院大学の孔子学院)
https://www.ygu.ac.jp/confucius/wp_con/wp-content/uploads/2019/10/389e4a6ede981782395dc3211dcd01b4.jpg
画像はscholarship-positionsから(孔子学院のロゴ)
https://scholarship-positions.com/wp-content/uploads/2017/01/Confucius-Institute-Scholarships-for-Non-Chinese-Students-at-Nankai-University-in-China-1024×643.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  2. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  3. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…
  4. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 道理

    疑惑の判定に抗議しない日本のおかしさ! 選手の「心のケア」にこそ抗議が必要!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  2. 人権・民主主義

    79%がバイデン勝利は無効! トランプ支持の有権者!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

  3. 人権・民主主義

    ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  5. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)

    エストニアの国家サイバーセキュリティ政策代表は、アメリカからの…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    韓国の「市民」団体が過去の南北対立時代の悲劇で米国を非難! アメリカに対するケン…
  3. 経済

    文在寅、ソウル大が選ぶ最悪の大統領1位! 87%(朝香 豊)
  4. 安全保障

    暗号化メッセージアプリをFBIが管理! 犯罪摘発に活かす!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港民主化リーダーがハンマーで頭部を殴られる!(朝香 豊)
PAGE TOP