安全保障

イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

インドで最大の人口を持つウッタル・プラデーシュ州では、イベルメクチンを予防・治療に使ったことで絶大な効果を挙げているようだ。

同州には全体でも199の感染者(陽性者?)しかおらず、陽性率は0.01%を下回っている。州内の33の地区には一人の感染者もいない。他方感染後の回復率は98.7%に達している。

なお、同州ではワクチンの2回接種をしたのはわずかに5.8%にすぎない。

同州でイベルメクチンの大量導入に至ったのは、昨年の5-6月にある医療チームが実験的にイベルメクチンを接種しながら患者の対応を行った時の結果に基づくものである。このチームは日頃からコロナ患者と接しながら、誰もコロナで苦しむ者が出なかったのである。

この結果を受けて、同州はコロナ患者と接触する場合の予防薬としてイベルメクチンを認可し、治療用に用いることも許可した。インドの中でも最大の人口を保持し、最大の人口密度となっているにも関わらず、同州は他州に比して低い感染状況に留まってきた。

イベルメクチンについては医学の主流派は現在もその有効性を否定する立場に立っている。だが、このインドのウッタル・プラデーシュ州の経験を素直に評価してみてはどうだろうか。

少なくとも安全な量を意識して使う限り決して危険なものではない以上、日本の医療現場において広く使えるようになっても、問題になることは恐らくないだろう。

医療当局の判断の変更を求めたい。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.hindustantimes.comの記事
https://www.hindustantimes.com/cities/lucknow-news/33-districts-in-uttar-pradesh-are-now-covid-free-state-govt-101631267966925.html
www.thegatewaypundit.comの記事

HUGE: Uttar Pradesh, India Announces State Is COVID-19 Free Proving the Effectiveness of “Deworming Drug” IVERMECTIN


イベルメクチンの画像
https://webronza.asahi.com/S2010/upload/2021090600004_2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 進む中国のリトアニアいじめ! 徐々に広がる反発!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  5. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…

関連記事

  1. 道理

    朝日新聞のねじ曲がった悪意! 浄化処理を行った水を「汚染水」と報じる!

    原田環境相兼原子力防災担当相は10日の記者会見で、福島原発の処…

  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾へ! 広がる魔女裁判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  3. 人権・民主主義

    フェイスブックがトランプ投稿を削除! リベラル・ファシズムを許すな!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

  4. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    米国防大サイバー指揮官課程に自衛官派遣へ! 5eyes以外では日本が初めて!(朝…
  2. 安全保障

    TikTok、アメリカでも禁止へ! 事業売却か?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国を怒らせた「サウスパーク」の中身がエグい!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    北朝鮮に仮想通貨の技術を伝えたことで、アメリカの専門家を逮捕!(朝香 豊)
  5. 経済

    DiDiへの弾圧に中国リスクを認識すべき! 避けられない米中デカップリング!(朝…
PAGE TOP