安全保障

イベルメクチンの高い有効性を証明! インドのウッタル・プラデーシュ州!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

インドで最大の人口を持つウッタル・プラデーシュ州では、イベルメクチンを予防・治療に使ったことで絶大な効果を挙げているようだ。

同州には全体でも199の感染者(陽性者?)しかおらず、陽性率は0.01%を下回っている。州内の33の地区には一人の感染者もいない。他方感染後の回復率は98.7%に達している。

なお、同州ではワクチンの2回接種をしたのはわずかに5.8%にすぎない。

同州でイベルメクチンの大量導入に至ったのは、昨年の5-6月にある医療チームが実験的にイベルメクチンを接種しながら患者の対応を行った時の結果に基づくものである。このチームは日頃からコロナ患者と接しながら、誰もコロナで苦しむ者が出なかったのである。

この結果を受けて、同州はコロナ患者と接触する場合の予防薬としてイベルメクチンを認可し、治療用に用いることも許可した。インドの中でも最大の人口を保持し、最大の人口密度となっているにも関わらず、同州は他州に比して低い感染状況に留まってきた。

イベルメクチンについては医学の主流派は現在もその有効性を否定する立場に立っている。だが、このインドのウッタル・プラデーシュ州の経験を素直に評価してみてはどうだろうか。

少なくとも安全な量を意識して使う限り決して危険なものではない以上、日本の医療現場において広く使えるようになっても、問題になることは恐らくないだろう。

医療当局の判断の変更を求めたい。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.hindustantimes.comの記事
https://www.hindustantimes.com/cities/lucknow-news/33-districts-in-uttar-pradesh-are-now-covid-free-state-govt-101631267966925.html
www.thegatewaypundit.comの記事

HUGE: Uttar Pradesh, India Announces State Is COVID-19 Free Proving the Effectiveness of “Deworming Drug” IVERMECTIN


イベルメクチンの画像
https://webronza.asahi.com/S2010/upload/2021090600004_2.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    日本学術会議6人除外に警察出身の杉田官房副長官が関与? 公安上の問題か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「日…

  4. 道理

    香港の反中書店の経営者に、スウェーデンが賞を授与! 中国は猛反発!(朝香 豊)

    香港の銅鑼湾書店は、中国共産党政権を批判する「禁書」を扱ってい…

  5. 安全保障

    北朝鮮、核・ICBM実験の再開を宣言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北朝…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    流行語大賞”ONE TEAM”の決め手は、移民受け入れの…
  2. 外交

    北朝鮮の密漁に対する日露の落差に愕然! ロシアは一度に161人を拘束・連行!(朝…
  3. 安全保障

    TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  4. 安全保障

    南部は豪雨、北部は異常な気温低下! バッタの大量発生にも苦しむ中国! (朝香 豊…
  5. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
PAGE TOP