安全保障

林外相が中国の人権状況に深刻な懸念を表明! ならば中途半端な妥協的行動は絶対に慎め!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

訪英中の林芳正外相はG7外相会合で、中国の新疆ウイグル自治区や香港の人権状況に深刻な懸念を表明したほか、同国が軍事的圧力を強める台湾海峡の平和と安定の重要性を訴えたことを明らかにした。

林外相がこのような発言をしているのは、日本国内世論の動向を気にしているからであり、あまり親中的な言動を行っていると支持者がついてこなくなる政治状況を理解しているからである。私たちが道理を通せと強く迫っていることが間違いなく効いている証拠だとも言える。

だからといってこれを評価できるかと言えば、ここまでなら誰でもできるレベルであることを忘れるべきではない。

橋本聖子氏とか室伏広治氏とか山下泰裕氏とかであれば、政府高官ではないから「外交的ボイコット」をしても派遣できるなどという中途半端な考えはやめにしてもらいたい。

深刻な人権状況に「ノー」と突き付けるのであれば、いかなる形でも日本国が北京オリンピックを容認するという姿勢を見せるべきではないのだ。

ワシントン・ポストは今回の北京オリンピックを「ジェノサイド・オリンピック」だとする社説を掲載した。派遣される選手団に対しても「弾圧の犠牲者と連帯して非難の声をあげる必要がある」とし、メディアに対しても「紙面や放送時間を費やし、凄惨な虐待の真実を伝えるべきだ」との注文を行った。スポンサー企業に対しても「習近平政権が人道に対する犯罪を封印することに手を貸すことに恥を知るべきだ」との姿勢を明確に示した。

ワシントンポストの姿勢からわかる通り、今後欧米のマスコミ報道の中ではウイグルなどで展開されているジェノサイドなど、中国での信じられないような人権侵害事件が取り扱われることが増えていくだろう。その中で北京オリンピックのスポンサー企業に対する見方も厳しさを増していくのは確実である。

事実、アメリカ共和党のマルコ・ルビオ上院議員は北京オリンピックのスポンサー企業に対して、「ジェノサイドを無視して利益追求に走っている」と非難する書簡を送ったことを明らかにした。日本企業のトヨタ自動車、パナソニック、ブリヂストンも書簡の送付先となっている。つまりルビオ議員は「経済的ボイコット」をスポンサー企業に求める動きを見せているわけである。

実際にこうした「経済的ボイコット」が実現する可能性はまだまだ低いだろう。なんとバイデン政権は「経済的ボイコット」を否定する立場を表明している。だが、ルビオ議員の動きに見られるように、アメリカの議会が「経済的ボイコット」を求める決議を上げる可能性は残されている。なお、米議会は女子テニスの彭帥選手をめぐるIOCの対応を非難する決議を全会一致で上げている。

このように北京オリンピックは「外交的ボイコット」で落ち着くどころか、どんどんと「外交的ボイコット」の枠から外れていく流れになっている。この中でIOCはオリンピックの1年延期を落とし所として既に動き出しているのではないかと思う。この流れに習近平政権は激しく抵抗するのは間違いなく、中国側に様々な弱みを握られているIOC委員たちがすんなり決めるとも思えないが、このまま北京オリンピックを強行するようなことをやったらIOCに対する信頼が地に落ちることになるのは間違いない。それはどうしても避けたいであろう。

今のところは北京オリンピックに参加することのない「外野」のスポーツ選手が声を上げているところに留まっているが、ボイコット運動が広がっていく中では北京オリンピックに参加予定の選手の一部からも「自主的ボイコット」の声が出てくることになるだろう。

こうなるとIOCがこのまま北京オリンピックの開催を強行することはなおさら厳しさを増すことになり、スポンサー企業に対しての圧力もさらに強まることになる。

こうした形で流れていくことは既に読めるのであり、岸田内閣はこうした流れを見誤るべきではない。

※拡散制限を回避するために、「朝香豊の日本再興ニュース」ブログからの直リンクをつけていません。コメント欄にリンクをつけておきますので、こちらへのご協力もよろしくお願いいたします。

「朝香豊の日本再興ニュース」ブログの応援、よろしくお願いいたします。(リンクのブログ記事の「朝香豊は今何位?」をクリック!)

 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対応!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7101

「外交的ボイコット」に過剰反応する中国! 見えてきた北京オリンピック回避の道!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7083

林芳正外相の訪中を肯定! 福田達夫総務会長のありえない考え!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7062

台湾企業への露骨な嫌がらせ! 日本政府は中国政府に筋を通せ!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7047

毎日新聞の記事
https://mainichi.jp/articles/20211212/k00/00m/030/119000c
産経新聞の記事
https://www.sankei.com/article/20211208-DC4E6LFY4JL7DMSW5KWEFJNADI/
ブルームバーグの記事
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2021-12-09/R3TKZHT0AFB701
林芳正外相の画像
https://article-image-ix.nikkei.com/https%3A%2F%2Fimgix-proxy.n8s.jp%2FDSXZQO0904134005082021000000-1.jpg?ixlib=js-2.3.2&w=638&h=479&auto=format%2Ccompress&ch=Width%2CDPR&q=45&fit=crop&bg=FFFFFF&s=99d4904e4934f9e936fe1b8834f609bd

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  2. 安全保障

    中国の監視カメラ企業など8社をトランプ政権はブラックリストに掲載!(朝香豊)

    トランプ政権は、中国の監視カメラ企業のハイクビジョン、ダーファ…

  3. 経済

    資本論をブームとして持ち上げるNHK ! 実は自らがブームの火付け役のマッチポンプ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!およ…

  4. 経済

    蘇寧易購も国有化! 中国で進む毛沢東回帰路線!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスははやり人造か? 新たな疑惑が提起される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  5. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)
PAGE TOP