安全保障

中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのグローバルニューズ社によると、新型コロナウイルスのパンデミック宣言が行われる前の段階ですでに、中国の在外公館が中国人に対して緊急要請を行い、中国に送るためにできるだけ多くのマスクなどの防疫物資を買い集めるよう求めていたという。

この作戦は中国共産党中央統一戦線工作部によって担われたものだ。

カナダの連邦警察とカナダ安全情報局(諜報機関)が監視・調査対象としている人物が数多くこの作戦に関わっていた。

中国は感染の深刻さを隠して世界を危険に晒す一方で、マスクなどの防疫物資を世界中からこっそりと安価で集めていたことになる。

感染が世界レベルで広がれば、急激に生産を増やすことのできない防疫物資の不足に世界中の国々が直ちに直面する。

実際、3月になって世界中に感染が広がると、中国に防疫物資を買い占められた国々では、中国にある防疫物資を求めて競い合わねばならない事態に陥った。

カナダ保守党のオトゥール議員とメキシコの前の駐中国大使だったガジャルド氏はともに、世界中の防疫物資を安価に買い占めるための、中国政府主導の秘密作戦が展開されていたということを、軍などの情報筋からすでに1月段階で掴んでいたという。

そうした情報筋は、その段階で各国政府に対して警告も発していた。

オトゥール議員は、こうした情報をカナダのトルドー政権が無視したことを批判している。

ガジャルド氏によると、1〜2月に世界中から買い占められたマスクは3月にメキシコでも20〜30倍の値段で販売されることとなったという。

現在販売されているマスクは値段が法外であるだけでなく、欠陥商品であることも多く、販売に際して政治的な要求も合わせて行われるものとなっている。

こうした話は以前から噂されてきたことではあるが、改めて確認できた。

中国共産党はこうしたやり方を賢い戦略のように思っているのだろう。

だが、あこぎなことが生命の危機に関わる形で行われれば、本能的な反発と警戒心が生まれることを計算できない点では、実に愚かだ。

世界は中国政府の異常さを思い知ったことであろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3927369
ネタ元のカナダのグローバルニューズの記事
https://globalnews.ca/news/6858818/coronavirus-china-united-front-canada-protective-equipment-shortage/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  5. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…

関連記事

  1. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  2. 安全保障

    米司法省、中国スパイ事件を相次いで告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  4. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  5. 外交

    米中対立で中国が反撃! 近く米関連のブラックリストを公表へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキング香港やウイグルでの人権弾圧がアメリカで…

  6. 経済

    追い込まれたソフトバンクG! 約1兆円の赤字発表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ソフ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香…
  2. 安全保障

    コロナ死亡患者の45%がもともと寝たきり! ずれている政府の対策!(朝香 豊)
  3. 韓国・北朝鮮

    親北派の韓国の米大使公邸乱入事件で、警官の懲戒処分なし!(朝香 豊)
  4. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(…
  5. 道理

    フランコ総統の遺体掘り起こしを、スペイン最高裁が認める! (朝香 豊)
PAGE TOP