安全保障

中国が1月段階ですでに世界中からマスクを買い占めていた! カナダ紙が報道! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

カナダのグローバルニューズ社によると、新型コロナウイルスのパンデミック宣言が行われる前の段階ですでに、中国の在外公館が中国人に対して緊急要請を行い、中国に送るためにできるだけ多くのマスクなどの防疫物資を買い集めるよう求めていたという。

この作戦は中国共産党中央統一戦線工作部によって担われたものだ。

カナダの連邦警察とカナダ安全情報局(諜報機関)が監視・調査対象としている人物が数多くこの作戦に関わっていた。

中国は感染の深刻さを隠して世界を危険に晒す一方で、マスクなどの防疫物資を世界中からこっそりと安価で集めていたことになる。

感染が世界レベルで広がれば、急激に生産を増やすことのできない防疫物資の不足に世界中の国々が直ちに直面する。

実際、3月になって世界中に感染が広がると、中国に防疫物資を買い占められた国々では、中国にある防疫物資を求めて競い合わねばならない事態に陥った。

カナダ保守党のオトゥール議員とメキシコの前の駐中国大使だったガジャルド氏はともに、世界中の防疫物資を安価に買い占めるための、中国政府主導の秘密作戦が展開されていたということを、軍などの情報筋からすでに1月段階で掴んでいたという。

そうした情報筋は、その段階で各国政府に対して警告も発していた。

オトゥール議員は、こうした情報をカナダのトルドー政権が無視したことを批判している。

ガジャルド氏によると、1〜2月に世界中から買い占められたマスクは3月にメキシコでも20〜30倍の値段で販売されることとなったという。

現在販売されているマスクは値段が法外であるだけでなく、欠陥商品であることも多く、販売に際して政治的な要求も合わせて行われるものとなっている。

こうした話は以前から噂されてきたことではあるが、改めて確認できた。

中国共産党はこうしたやり方を賢い戦略のように思っているのだろう。

だが、あこぎなことが生命の危機に関わる形で行われれば、本能的な反発と警戒心が生まれることを計算できない点では、実に愚かだ。

世界は中国政府の異常さを思い知ったことであろう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の台湾英文新聞の記事
https://www.taiwannews.com.tw/en/news/3927369
ネタ元のカナダのグローバルニューズの記事
https://globalnews.ca/news/6858818/coronavirus-china-united-front-canada-protective-equipment-shortage/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  5. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?

関連記事

  1. 安全保障

    中国のオーストラリア攻撃が激化! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

  2. 経済

    HSBC銀行に「国家安全法」への支持を脅す! 中国政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 人権・民主主義

    香港市民、日本にも「人権法」の制定求めるデモ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港での…

  4. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  5. 安全保障

    台湾独立派が過半数を超える! 台湾世論調査結果!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Ta…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    集計結果を中国に送信! ジョージア州のドミニオンサーバ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」だからキリスト像を破壊せよだって? ありえない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    恐怖! 武漢で新型コロナ「治癒」後に死亡! 退院前2回の検査も陰性!(朝香 豊)…
  4. 安全保障

    突然の中国領事館閉鎖命令の背景! 中国はアンティファともつながりあり!(朝香 豊…
  5. 中国

    新型肺炎で中国との境界封鎖要求高まる! 香港!(朝香 豊)
PAGE TOP