安全保障

日本は2030年までにCO2を50%減らせだって! 中国は2030年まで増やすんだぞ!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅義偉首相が2050年までに温暖化ガス排出を実質的になくすと表明したことを受けて、2021年11月に開かれる第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)の議長を務めるアロック・シャルマ氏は、日本の2030年での削減目標について、2013年比50%前後が妥当との見解を示した。

シャルマ氏は中国が2060年までに脱炭素を実現するとしたことを高く評価しているが、中国はCO2の削減は2030年までは進めないことを公言していることと考え合わせると、2030年にはゾッとするような未来が待っていることになる。

日本が2030年に2013年比で50%のCO2削減を行うとすれば、日本の経済成長は全く期待できない。サプライチェーンの安全を考えて、中国から日本に製造業の拠点を戻すような処置は、全く考えられないことになる。中国は2030年までCO2の排出量を増やすとしているのであり、だったら製造業は中国に置いたままでないと困るということになる。

この結果、製造業では圧倒的に中国が優位になり、それが経済力にもつながり、軍事パワーにも影響する。まじめに環境規制に取り組めば、そのまま中国の体制に対して敗北することにもなりかねないのである。

ここまでの構図を理解した上で、地球環境問題を考えてもらいたいものだ。

さて世の中では、ガソリン車廃止は時代の流れで、今後は電気自動車(EV)の時代が来るとされているが、現実はそんなに単純ではない。世界中が電気自動車になった場合に、それだけのリチウムが供給できるかは疑問で、リチウムの取り合いによる価格の高騰も当然発生することになる。生産量が増えればEV車の価格はガソリン車よりずっと安くなるというのは、なかなか現実化しにくいだろう。

リチウム採掘による環境破壊も深刻にならざるをえない。バッテリーは決してエコではないし、製造から廃棄までのコストは甚大である。そうしたコストを負担できるほど、我々は豊かだとは思えない。

EVというと、欧州の自動車メーカーがとりわけ先進的に推進しているイメージがあるが、欧州メーカーにしてもこれだけを推進すればいいというイメージには実際にはなっていない。2050年までの時間の流れる方向が決まっているというイメージを持っているとすれば、それは決して正しいものとは言えないであろう。
  
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA19ANJ0Z10C21A4000000/
CO2の画像
https://cdn.zuuonline.com/1000/667/wVvpKKsdtkgOjwLoSfnjDyOgVdCWcyBJ/74896f7d-4cc9-44b1-a5b5-215533e479cc.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)

    EU財務相理事会は、欧州経済が減速する中、財政規律の見直しの議…

  2. 安全保障

    進むドイツの左傾化! 日本やアメリカとの共通点の鍵はマスコミだ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!川口…

  3. 安全保障

    中国からの求人を禁止へ! デカップリングに一歩踏み出した台湾!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    台湾人有名ユーチューバー、中国に屈しない姿勢を見せる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)
  2. 経済

    人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  3. 中国

    武漢市長と習近平主席の異例の対立! 背景に権力闘争!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国の高圧的外交に結束して対抗しよう! トルドー首相の正論!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
PAGE TOP