安全保障

米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2月17日に、グアム沖の公海上で、米海軍の海洋哨戒機が中国の駆逐艦からレーザー照射される事件が起こった。

このレーザーは肉眼では見えないものだったようだが、哨戒機に搭載されていたセンサーがキャッチした。

レーザー照射は艦船や航空機だけでなく、搭乗人員にも深刻なダメージを与えかねず、国際間の取り決めでは禁じられている行為だ。

米軍は中国に対して厳重に抗議した。

3月10日に中国の空軍と海軍は南シナ海で合同軍事演習を行った。

この日はパラセル諸島(西沙諸島)周辺海域に米海軍が「航行の自由作戦」を行っていた日でもある。

中国側は「アメリカは南シナ海で繰り返し力を誇示し、挑発を行い、問題を引き起こしている」とし、「中国の領土である西沙諸島の周辺海域に侵入したアメリカ海軍の軍艦に対して、中国は海軍の航空機と軍艦を差し向け、中国の主権的海域から駆逐した」との声明を発表した。

3月16日の夜に、KJ-500早期警戒機とJ-11戦闘機などからなる中国の空軍が、台湾の南西沖海上で夜間軍事訓練を行い、台湾がこれを阻止するために戦闘機を送り込むという事件も起こった。

3月中旬にアメリカ軍は空母「セオドア・ルーズベルト」を中心とする空母打撃群を投入した、4日間に及ぶ軍事演習を南シナ海上で行い、これに対して中国は電磁パルス攻撃も辞さないと脅した。

電磁パルス攻撃とは、空中で核爆発を起こさせたりすることで、強力な電磁パルスを発生させ、電子機器が正常に作動できないようにするものだ。

米中の対立は、貿易とか5Gとか新型コロナウイルスの起源とかいろいろと起こっているが、軍事的にも大きな緊張が高まっていることは見逃すべきではない。

追い詰められている習近平政権が、危機打開策として、軍事力に訴える可能性もゼロではないはずだ。

新型コロナウイルスに目を取られて、こうした軍事的緊張についてはついつい忘れてしまいがちだが、そういう盲点が突かれる可能性があることも忘れてはならない。

さて、空母「セオドア・ルーズベルト」では、新型コロナウイルスの感染者が拡大し、すでに100名を超える事態になっていて、当面は機能しないと見られている。

こうしてパワーバランスが崩れていることが怖い。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事
https://www.scmp.com/news/china/military/article/3052852/us-navy-says-chinese-warship-pointed-laser-patrol-aircraft-near
https://www.scmp.com/news/china/military/article/3077396/beijing-may-step-drills-south-china-sea-amid-rising-tensions-us
https://www.scmp.com/news/china/military/article/3075526/taipei-says-chinese-military-aircraft-flew-night-exercise
ネタ元のブライトバートの記事
https://www.breitbart.com/national-security/2020/03/17/china-threatens-emp-attack-south-china-sea/
時事通信の記事
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020040100207&g=int
画像はウィキメディアから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/2/2e/US_Navy_030506-N-6410T-505_Capt._Rich_O%27Hanlon%2C_Commanding_Officer_of_USS_Theodore_Roosevelt_%28CVN_71%29%2C_successfully_completes_his_100th_trap_aboard_the_nuclear_powered_aircraft_carrier_in_an_F-A-18C_Hornet.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    香港「国家安全維持法」の衝撃! 裁判権の独立も失う! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  2. 安全保障

    孔子学院の年内全校閉鎖を求める! ポンペオ米国務長官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)

    中国製品を通じたサイバー攻撃の可能性について、韓国軍は内部文書…

  4. 馬雲 ジャック・マー

    経済

    まだ難局の始まりかもしれない! アリババ創業者のジャック・マー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アリ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    9月に香港立法会選挙! 民主派はどう戦うのか?(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    台湾のマスク管理を学べ! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国共産党員と家族の米渡航禁止? 揺さぶりかけるトランプ政権!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    死んだネコに選挙権? 郵便投票は不正の温床! トランプ正しい!(朝香 豊)
PAGE TOP