安全保障

接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アイスランドのバイオ企業の「ディコード・ジェネティクス」社のステファンソンCEOは、アイスランドで新型コロナウイルスで40種の遺伝子タイプが見つかったと述べた。

これらの遺伝子タイプは国際的なデータベースには見られないもので、このウイルスの変異性が高いことを示している。

と同時に、想定よりもアイスランドへの入国経路が多様であった可能性があるのではないかとも述べた。

なお、突然変異をしていない株と突然変異をしている株の両方ともに感染している人も見つかっている。

興味深いことに、この両方の株に感染している人からうつされた人はすべて、変異株の方しか持っていなかった。

これは単なる偶然かもしれないが、変異株のほうが感染力が強いということを意味しているかもしれないとしている。

ところで、コペンハーゲン大学のウイルス学者のトムセン氏は、感染力が上がると病毒性は弱まる可能性が高いことを指摘している。

こういう噂は時々聞いていたが、今回改めて確認できたと思っている。

日本国内では詳しく報道されていないが、アイスランドで起きているのと同様に様々な変異種が、日本国内でも実に多く生まれているのであろう。

ここから先は素人考えであることをあらかじめ断っておくが、濃厚接触が少ない日本文化にあっては、毒性の弱いタイプでないと広がりにくいなんてことがあるのかもしれない。

毒性の弱いタイプでないと、感染力は強くないことになるからだ。

人と接触する際には、1〜2メートルくらいの距離を取ろうという話があるが、感染力と毒性の反比例的な関係からこういう点を考察するのも、興味深いかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のRUV(アイスランドの国営放送)の記事
https://www.ruv.is/frett/two-types-of-covid-19-in-one-individual
画像も同記事から
https://www.ruv.is/sites/default/files/styles/1000×563/public/fr_20190120_103724.jpg?itok=h7hMJHNZ&timestamp=1547984446

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  4. 難民認定を甘くすることに反対!(朝香 豊)
  5. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…

関連記事

  1. 安全保障

    サウジ攻撃はイラン南西部から?(朝香 豊)

    サウジアラビアの石油施設の空爆において、アメリカ政府は攻撃前に…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  3. 安全保障

    アメリカと台湾を結ぶ海底ケーブルが承認される! 香港ルートはボツ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米連…

  4. 安全保障

    ドコモ口座を愉快犯レベルで捉えるな! 国家が背景である可能性も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  5. 安全保障

    中国の国内の一部で「戦時管理」実施へ! インフルと同じなわけないだろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!湖北…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    EU商工会議所も中国批判へ!  (朝香 豊)
  2. 安全保障

    韓国は世界最高の核技術国、6カ月あれば核兵器を作れる? まじか?(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    中国側に行くんじゃねえぞ! 米政府が韓国を厳しく牽制!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    「金正恩氏を愛する」と書かれている本を、文在寅大統領が推薦!(朝香 豊)
PAGE TOP