安全保障

接触距離とウイルスの毒性は反比例するかも!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アイスランドのバイオ企業の「ディコード・ジェネティクス」社のステファンソンCEOは、アイスランドで新型コロナウイルスで40種の遺伝子タイプが見つかったと述べた。

これらの遺伝子タイプは国際的なデータベースには見られないもので、このウイルスの変異性が高いことを示している。

と同時に、想定よりもアイスランドへの入国経路が多様であった可能性があるのではないかとも述べた。

なお、突然変異をしていない株と突然変異をしている株の両方ともに感染している人も見つかっている。

興味深いことに、この両方の株に感染している人からうつされた人はすべて、変異株の方しか持っていなかった。

これは単なる偶然かもしれないが、変異株のほうが感染力が強いということを意味しているかもしれないとしている。

ところで、コペンハーゲン大学のウイルス学者のトムセン氏は、感染力が上がると病毒性は弱まる可能性が高いことを指摘している。

こういう噂は時々聞いていたが、今回改めて確認できたと思っている。

日本国内では詳しく報道されていないが、アイスランドで起きているのと同様に様々な変異種が、日本国内でも実に多く生まれているのであろう。

ここから先は素人考えであることをあらかじめ断っておくが、濃厚接触が少ない日本文化にあっては、毒性の弱いタイプでないと広がりにくいなんてことがあるのかもしれない。

毒性の弱いタイプでないと、感染力は強くないことになるからだ。

人と接触する際には、1〜2メートルくらいの距離を取ろうという話があるが、感染力と毒性の反比例的な関係からこういう点を考察するのも、興味深いかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のRUV(アイスランドの国営放送)の記事
https://www.ruv.is/frett/two-types-of-covid-19-in-one-individual
画像も同記事から
https://www.ruv.is/sites/default/files/styles/1000×563/public/fr_20190120_103724.jpg?itok=h7hMJHNZ&timestamp=1547984446

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    水害被災者にバキュームカーで給水! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    日本国内の感染リスクは意外と小さい! 節度は持っても過剰な心配は無用だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    香港でウイグル人に声援を送る集会! 東トリキスタンの旗も振られる! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新疆…

  4. 安全保障

    実際の感染者数は、やはり中国発表の100倍で考えるべき! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 中国

    北京などで強風に煽られ大火事! 中共政府は呪われている?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    有機EL 世界初の新技術生産ラインを日本に整備!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    正しい国防を打ち出せるのは高市氏だけ! 河野、岸田、野田の3氏はピンボケ!(朝香…
  3. 人権・民主主義

    ナヴァロ報告書第3弾発表! 「トランプは勝っていた」を最終確認!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾の「駐米大使」が物議を醸す! 米台正式国交樹立への道!(朝香 豊)
  5. 経済

    「農家保護」政策は止めるべき! 農地の徹底活用を考えるべき!(朝香 豊)
PAGE TOP