安全保障

パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府が推進する巨大経済圏構想「一帯一路」の中に、「中パ経済回廊」(CPEC)計画というものがある。

中国北西部の新疆ウイグル自治区カシュガルからパキスタン南西部のグワダルまでの約3000キロを、道路、 鉄道、石油・天然ガスパイプライン、光ケーブルなどでつなぐという壮大な計画だ。

これに合わせて、港湾の整備、空港の建設、発電所や工場の設置なども行われる、総合的な開発計画でもある。

620億ドルかけて、グワダルの港湾の整備とパキスタン最大規模の空港の建設、道路とパイプラインの敷設、数十に及ぶ生産設備の建設が進められることになっている。

すでに建設開始から7年が経過しているが、工事の進捗は遅れ、計画全体の1/3程度しかまだ進んでいないとの話もある。

この点でも中国への信用はかなり下がっていたのが、さらに追い打ちをかけるような事態が発生した。

中国企業が建設を請け負った電力会社が請求する電力料金があまりにも高いことが問題視されたのである。

パキスタンのイムラン・カーン首相

パキスタンのイムラン・カーン首相は監査委員会を発足させ、この高額電気料金の原因はなにかの調査をすすめることにした。

この結果、中国企業が請け負った2箇所の火力発電所建設プロジェクトで、建設費用が30億ドル水増しされていることが判明した。

このような事態がパキスタン政府の誰にも気付かれずに進んだとは考えられず、意図的に見過ごされた可能性が指摘された。

これはスリランカやモルディブで展開された事案と同じパターンでもある。

カーン首相が登場する前は、パキスタンはパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)とパキスタン人民党(PPP)が政権を分け合ってきた。

カーン首相率いるパキスタン正義運動(PTI)は、それまでの政権の腐敗を厳しく追及する姿勢を持っている。

今回の監査委員会の立ち上げとその調査結果の公表も、この流れの中で見ることができる。

親中的な姿勢の強いPML-NとPPPには、この報告はかなりの打撃になるだろう。

歴代のパキスタン政府は、中国との「鉄の友情」をアピールしてきたが、中国側はパキスタン側を友情の対象だとは見ていなかったようだ。

それゆえ、これまでの中国・パキスタンの友好関係は、修復できなくなるほど悪化する可能性もある。

「中パ経済回廊」は一帯一路構想のかなり重要な部分を占めており、一帯一路の成否にも大きな影響を及ぼすことになるのは確実だ。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Diplomatの記事
https://thediplomat.com/2020/05/pakistan-discovers-the-high-cost-of-chinese-investment/
ネタ元のSankei Bizの記事
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200311/mcb2003110705001-n1.htm
ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO33814420U8A800C1EA1000/
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a1/Imran_Khan.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 安全保障

    習近平が人民解放軍に戦争準備を司令! いつでも動けるようにしろ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 人権・民主主義

    ハンター・バイデンの新たな疑惑発覚! 中国絡みの巨大マネー!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  3. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  4. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

  5. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!連邦…

  6. 安全保障

    香港民主派の大物、黎智英氏逮捕! 西側の反発は必至!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    国内のアウトブレイク対策に移行せよ! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    トランプ弾劾がいよいよ開始! 逆転劇の始まりだ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  4. 人権・民主主義

    香港国家安全法の危険な中身! 我々も処罰対象に!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)
PAGE TOP