安全保障

パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国政府が推進する巨大経済圏構想「一帯一路」の中に、「中パ経済回廊」(CPEC)計画というものがある。

中国北西部の新疆ウイグル自治区カシュガルからパキスタン南西部のグワダルまでの約3000キロを、道路、 鉄道、石油・天然ガスパイプライン、光ケーブルなどでつなぐという壮大な計画だ。

これに合わせて、港湾の整備、空港の建設、発電所や工場の設置なども行われる、総合的な開発計画でもある。

620億ドルかけて、グワダルの港湾の整備とパキスタン最大規模の空港の建設、道路とパイプラインの敷設、数十に及ぶ生産設備の建設が進められることになっている。

すでに建設開始から7年が経過しているが、工事の進捗は遅れ、計画全体の1/3程度しかまだ進んでいないとの話もある。

この点でも中国への信用はかなり下がっていたのが、さらに追い打ちをかけるような事態が発生した。

中国企業が建設を請け負った電力会社が請求する電力料金があまりにも高いことが問題視されたのである。

パキスタンのイムラン・カーン首相

パキスタンのイムラン・カーン首相は監査委員会を発足させ、この高額電気料金の原因はなにかの調査をすすめることにした。

この結果、中国企業が請け負った2箇所の火力発電所建設プロジェクトで、建設費用が30億ドル水増しされていることが判明した。

このような事態がパキスタン政府の誰にも気付かれずに進んだとは考えられず、意図的に見過ごされた可能性が指摘された。

これはスリランカやモルディブで展開された事案と同じパターンでもある。

カーン首相が登場する前は、パキスタンはパキスタン・イスラム教徒連盟シャリフ派(PML-N)とパキスタン人民党(PPP)が政権を分け合ってきた。

カーン首相率いるパキスタン正義運動(PTI)は、それまでの政権の腐敗を厳しく追及する姿勢を持っている。

今回の監査委員会の立ち上げとその調査結果の公表も、この流れの中で見ることができる。

親中的な姿勢の強いPML-NとPPPには、この報告はかなりの打撃になるだろう。

歴代のパキスタン政府は、中国との「鉄の友情」をアピールしてきたが、中国側はパキスタン側を友情の対象だとは見ていなかったようだ。

それゆえ、これまでの中国・パキスタンの友好関係は、修復できなくなるほど悪化する可能性もある。

「中パ経済回廊」は一帯一路構想のかなり重要な部分を占めており、一帯一路の成否にも大きな影響を及ぼすことになるのは確実だ。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Diplomatの記事
https://thediplomat.com/2020/05/pakistan-discovers-the-high-cost-of-chinese-investment/
ネタ元のSankei Bizの記事
https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200311/mcb2003110705001-n1.htm
ネタ元の日経新聞の記事
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO33814420U8A800C1EA1000/
画像はWikimediaから
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/a/a1/Imran_Khan.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    武漢の病院の様子を撮影! 遺体がどんどん運び出される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 道理

    医学雑誌「ランセット」は親中国! 「中国に感謝せよ」だって!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「ラ…

  4. 道理

    米企業開発の新型コロナ薬が「浙江省産」の「中華神薬」だって! ありえん!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    迷走する「GoToキャンペーン」! 見失いたくない旅行業・観光業の打撃!(朝香 …
  2. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  3. 安全保障

    米朝関係が再び緊張状態へ!(朝香 豊)
  4. 経済

    サウジ増産で石油価格暴落! 米露への圧力か!(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    アメリカがファーウェイ製5G機器使うなら、同盟国でも制裁を検討! (朝香 豊)
PAGE TOP