安全保障

第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

クリントン政権の国防次官補を務めたハーバード大学のアリソン教授は「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。

北朝鮮の出方によっては、トランプ米大統領がミサイル発射台破壊など軍事攻撃を命じる用意があると指摘。

「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」とした。

アメリカは臨戦態勢さながらに、ミサイル観測機の「コブラボール」、電波情報収集機の「リベットジョイント」、地上観察偵察機「ジョイントスターズ」、電波情報収集機の「コンバットセント」、高高度偵察機「ドラゴンレディー」、画像収集偵察機の「クレージーホーク」、電子偵察機「アリエス」、無人偵察機「グローバルホーク」、ステルス駆逐艦「ズムウォルト」、ステルス戦闘機「ラプター」などを総動員して、対北朝鮮監視を抜本的に強化している。

産経新聞の記事からは詳しい内容は読み取れないが、北朝鮮の核ミサイル開発が止まらず、発射準備が短時間で済むICBM開発に邁進している中で、このタイミングで手を拱いているわけにはいかないという判断がアメリカ側にはあるのだろうと推察する。

北朝鮮と通じている韓国を抜きにした単独行動を、トランプ政権は考えているのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191212/wor1912120017-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  5. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  2. 安全保障

    新型コロナウイルスに再感染! 陽性反応出るも無症状!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 安全保障

    FBIがハンター・バイデンを捜査中! マネーロンダリングで!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!FB…

  5. 外交

    竹島はサンフランシスコ条約で韓国領! 噴飯ものの主張が韓国で登場!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  6. 安全保障

    セクハラでバイデン氏告発の女性! うそ発見器にかかってもいい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    「不自由展」に関わる補助金取りやめで、大村知事が国を訴えるって! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    拉致被害者だけではない! 北朝鮮「帰国事業」の被害者も取り返せ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    進むコロナの弱毒化! イタリアを代表する医師も言明!(朝香 豊)
  4. 未分類

    台湾の台南市で、戦前の日本風の校舎を再現! (朝香 豊)
  5. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)
PAGE TOP