安全保障

第2次朝鮮戦争の可能性高いと、ハーバード大教授が警告!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

クリントン政権の国防次官補を務めたハーバード大学のアリソン教授は「第2次朝鮮戦争が起きる可能性が高まっている」と警告した。

北朝鮮の出方によっては、トランプ米大統領がミサイル発射台破壊など軍事攻撃を命じる用意があると指摘。

「第2次朝鮮戦争」に進む確率は「50%以上ではないが、かなり大きな可能性がある」とした。

アメリカは臨戦態勢さながらに、ミサイル観測機の「コブラボール」、電波情報収集機の「リベットジョイント」、地上観察偵察機「ジョイントスターズ」、電波情報収集機の「コンバットセント」、高高度偵察機「ドラゴンレディー」、画像収集偵察機の「クレージーホーク」、電子偵察機「アリエス」、無人偵察機「グローバルホーク」、ステルス駆逐艦「ズムウォルト」、ステルス戦闘機「ラプター」などを総動員して、対北朝鮮監視を抜本的に強化している。

産経新聞の記事からは詳しい内容は読み取れないが、北朝鮮の核ミサイル開発が止まらず、発射準備が短時間で済むICBM開発に邁進している中で、このタイミングで手を拱いているわけにはいかないという判断がアメリカ側にはあるのだろうと推察する。

北朝鮮と通じている韓国を抜きにした単独行動を、トランプ政権は考えているのかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元の産経新聞の記事https://www.sankei.com/world/news/191212/wor1912120017-n1.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  3. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…

関連記事

  1. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    衝撃のボルトン補佐官の解任! トランプはどこへ?

    トランプ大統領は、ボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)…

  3. 安全保障

    中国がCTBTに違反して小規模核実験の可能性! 米国務省が指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米国…

  4. 安全保障

    サムスン、中国検索大手の百度向けAI半導体量産へ! アメリカはどう出る?(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)
  2. 経済

    アメリカで失業率32%になりうるとFRBが推計! 大恐慌時を超える!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  4. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
  5. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 …
PAGE TOP