経済

サンダースの危険性! 過小評価するな!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙では、民主党の候補者が徐々に絞り込まれてきた。

その中で今最も有力だと思われているのが、バーニー・サンダースだ。

彼は自分のことを社会民主主義者だと公言している人で、左寄りの人であるのは公知の事実であるが、いろいろと誤解している人も多いように思う。

「彼のことを社会主義者だと言って批判する向きがあるが、彼の言っていることは日本では普通のことばかりだ」などという意見を聞くと、正直びっくりする。

社会民主主義というと、北欧諸国が頭に浮かぶと思うが、彼が政策として訴えているのは、北欧型社会民主主義よりは、もっともっと社会主義に近いものだ。

例えば、サンダースは国民皆保険制度を提唱していて、これを聞けば確かに日本と同様の制度をアメリカに作ろうとしているように感じるだろう。

だが、サンダースは金持ちを敵だと考えていて、金持ちしか入れない民間の医療保険を禁止することを公言している。

金持ちだけしか受けられない医療があることが倫理的に気に入らないのは、感情的には理解できるが、そのことがアメリカの最先端医療を生み出すのに貢献しているということを、彼は著しく軽視している。

彼は薬価の強制的な大幅な引き下げを目指しているが、これがアメリカの医薬品産業の競争力を奪うことにつながる危険性も、まじめに考えていない。

就職保証制度を導入して失業をなくし、最低賃金を時給15ドルにまで引き上げるとしているが、こうした政策が机上の空論にしかならないことは、韓国を見ていればよくわかるだろう。

彼の考えには効率性とか競争力というものはほぼ存在しない。

これをやられたら、アメリカの産業はガタガタになるだろう。

大企業が事業活動を行う場合には、連邦政府の許可証が必要になるとの政策も提言している。

連邦政府の許可を受ける代わりに、企業が全てのステークホルダー(利害関係者)のために行動するように、大統領が指令を出せるようにするのだ。

この場合のステークホルダーの中には、株主や経営者だけでなく、労働者や消費者も入っている。

つまり、労働者や消費者に不利益をもたらしていると判断したら、経営のあり方に政府が首を突っ込むのは当たり前だと思っているわけだ。

その根底には、資本主義というものに対する根深い不信感がある。

北欧型の社会民主主義は、企業には自由に稼いでもらった上で、その代わりに税金はたっぷり払ってもらって、それを格差の是正などに有効利用しようというものだが、サンダースの考えはそのようなものではない。

社会の強い統制のもとに置かないと、企業はろくなことをしないという信念に貫かれているわけだ。

ここまでひどい格差を放置してきたアメリカ社会への痛烈なアンチテーゼとしては、サンダースの登場は必然だったのかもしれない。

だが、彼が現実に大統領になるとしたら、その時はアメリカはとてつもない困難に陥ることになる。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  3. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)
  4. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 経済

    ダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発見!(朝香 豊)

    デンマーク最大のダンスケ銀行のエストニア部門元CEOが遺体で発…

  2. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  3. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!英半…

  4. 安全保障

    独メルケル党で分裂表面化! 党首が辞任表明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 外交

    トランプ大統領、対中融和姿勢から一転強硬姿勢へ! (朝香 豊)

    強硬派のボルトン大統領補佐官解任後に融和姿勢を見せていたトラン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    懲役53年のはずのレイプ犯が7年後に釈放! 再びレイプ!(朝香 豊)
  3. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)
  4. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)
  5. Huawei のロゴ

    安全保障

    ファーウェイは◯か×か? 5GでEU一致の対応を! 独メルケル首相!(朝香 豊)…
PAGE TOP