道理

トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカにあるメディア監視団体の「メディア・リサーチ・センター(MRC)」は、今年7月29日から10月20日までの全米3大ネットワーク(NBC、ABC、CBS)で放送されたイブニング・ニュースの全報道を分析したところ、民主党のバイデン大統領候補については肯定的な報道が66%に達した一方、トランプ大統領については否定的な報道が92%を超えたことを明らかにした。

このあまりの落差には驚愕だ。

バイデンは大統領選挙と上院選挙を間違えたり、人名を間違えたり、自分が何州に来ているのかわからなくなったり、そういうことを何度も繰り返しているが、バイデンの健康状態・認知問題が取り上げられたのは、この3ヶ月弱の合計でわずか10分しかなかった。

これに対してトランプの新型コロナウイルスの感染は140分も報じている。

驚愕するのは、ニューヨーク・ポストがスクープしたバイデン親子の暴露記事についても、3大ネットワークは合計で5分19秒しか扱っていないのである。

アメリカの放送局には放送内容が偏ってはいけないというルールはないが、それでもなんだかなあと感じる話ではある。

FacebookやTwitterの扱い方もひどい。

両社のトランプ陣営の投稿に対する検閲は少なくとも65回に達するが、バイデン陣営は0回なのである。

こうしたやり方で作り上げられた大いなるウソに、アメリカ国民が広く気づき始めたと言えるだろう。

なお、トランプは連日激しく各地を回り続けている一方で、バイデンは自宅にこもりきっているというのも大きな対比だ。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のFox Newsの記事
https://www.foxnews.com/media/evening-newscasts-negative-about-trump-92-percent
Reclaim The Netの記事
https://reclaimthenet.org/biden-vs-trump-censorship/
Opoyiからの引用画像(トランプとバイデン)
https://images.opoyi.net/opoyi_6cDALeZ0k-3.jpg?tr=w-345,q-70,dpr-2
Reclaim The Netからの引用画像(65対0)
https://reclaimthenet.org/wp-content/uploads/2020/10/Screen-Shot-2020-10-20-at-22.49.00.png
News Bustersからの引用画像(バイデンとトランプの扱いの違い)
https://cdn.newsbusters.org/styles/blog_image_100_/s3/2020-10/BidenTrumpFinalChart.PNG

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  3. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  4. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  5. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    3万のトランプ票が削除、1.2万票がバイデンへ! ジョージア州で発覚!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  2. 人権・民主主義

    6人の任命見送りの話は出ず? 総理と梶田学術会議会長との会談!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  3. 人権・民主主義

    トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 道理

    教育の公的支出割合 日本はOECD加盟国中最下位! (朝香 豊)

    日本政府や地方自治体が負担する教育費がGDPに占める割合は2.…

  5. 道理

    韓国で体に密着する商品から相次いで高放射能が検出され、回収騒ぎになる! (朝香 豊)

    市場に出回っている電気マット、枕、女性用下着、ソファなどから基…

  6. 道理

    バイデン疑惑の決定的なメール発覚! バイデンの主張が崩れる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    香港人に英国の完全な市民資格を与える政策を、イギリス保守党が検討か?(朝香 豊)…
  2. 安全保障

    クルーズ船の全員検査で意見対立! もう水際対応は限界だと認めよ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    帰国者からの単純計算では、武漢全体の感染者数は16万超えになる!(朝香 豊)
  5. 経済

    韓国では財閥系企業でも営業利益45%の大幅減少! 海外脱出はさらに進むか?
PAGE TOP