安全保障

新型コロナウイルスで渡航制限の拡大を検討! トランプ大統領!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのトランプ大統領は、アメリカ国内での新型コロナウイルスの感染拡大の対策責任者に、マイク・ペンス副大統領を任命した。

その上で、新型ウイルスの感染が広がっている国を対象に、渡航制限を検討していることを述べた。

現在4段階のレベル3となっている韓国、レベル2のイタリアと日本が主な検討対象国になっていると思われる。

ちなみに韓国は一日で505人感染者が増えて、累計で1766人となった。(2月27日)

死者も増えて13人となった。

韓国のレベル4への引き上げは不可避だろう。

なお、大規模な感染が疑われるイランは、すでに別の理由で渡航禁止対象国(レベル4)となっている。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3270532?cx_part=latest2020/02/27/2020022780104.html
ネタ元の聯合ニュースの記事
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20200227004600882?section=society-culture/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  2. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 安全保障

    政府の対応は破綻! 究極の選択でものごとを考えるべき時だ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  2. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  3. 安全保障

    無法地帯が生まれたシアトル! 背後に組織があるのは確実!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!シア…

  4. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    呪われた中国! 三峡ダム崩壊の可能性をまじめに考える!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!豪雨…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 道理

    一般の報道よりも闇が深い! テレビ朝日「五輪打ち上げ」事件!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    ドミニオン集計機のデータはやはりドイツに送られた! 証拠は国土安全保障省へ!(朝…
  3. 道理

    日韓首脳対話は、韓国が周到な準備の上での不意打ち! 撮影も無断だった!(朝香 豊…
  4. 外交

    新型コロナウイルスを武漢に持ち込んだのは米軍では? 中国がアメリカに反撃!(朝香…
  5. 未分類

    落胆の人事! 岸田新体制!(朝香 豊)
PAGE TOP