安全保障

湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅官房長官は、武漢など湖北省から帰国した人たちの施設滞在期間などの短縮を、日本政府が検討していることを明らかにした。

WHOが潜伏期間は想定より短いという知見を示したからだと言う。

おいおい。

そもそもだが、中国政府の公式見解が全く信頼が置けないことは言うまでもないだろう。

そして、WHOがその中国の強い影響力のもとにあることも公知の事実だ。

中国政府が初期対応を誤り、情報公開に背を向け、これだけの感染の広がりを作り出したにも関わらず、WHOのテドロス事務局長はそれを批判することもせず、逆に「歴史上、ここまで立派にやった例はない」と、中国をベタ褒めしているのだ。

我が国の知見として、10日で足りるというのが間違いないという判断を下すのであれば、それはそれでありだと思う。

だが、中国ベッタリで客観的な信頼性の薄いWHOの言っていることを鵜呑みにして、10日で十分だとして対応を変えるというのは、国民の不安を掻き立てることはあっても、信頼を増すことにはならないであろう。

今回の新型コロナウイルスの危険性をなるべく小さいものにしたいという中国側の思惑に沿うだけの話だ。

世界各国が14日という潜伏期間を前提にして対策を打っている中で、日本が率先して10日に短縮するとした時の政治的影響力を、政府は真面目に考えているのだろうか。

天安門事件があった後に、世界的に厳しくなった対中環境を、天皇陛下の訪中を実現することで融和的に持っていった日本政府の外交と、この話はかぶるところがある。

国民の安全を第一に考えるのではなく、この環境下で弱っている中国のメンツを立てることを、どうしてそんなに優先するのか?

アメリカは、日本がまたアメリカを裏切っていると感じるであろう。

WHOが10日で十分だと言っている中で、余裕を見て14日にするのは、国民感情としては安心が持てる。

だが、世界的には14日だろうと言われている中で、中国政府ベッタリのWHOの知見をそのまま信頼するということには、国民は不安を覚えざるをえない。

どうしてそういう不安を持つ国民感情を敢えて逆なでするようなことを言い出すのだろうか。

本当に信じられない。

これは観測気球の可能性もあるので、ぜひ首相官邸に「短縮反対」の意見を、じゃんじゃんと送ろうではないか。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200204/k10012271671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    武漢ウイルス研究所に対する疑惑が再燃! 駐中米大使館が危険性を事前に指摘!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    台湾の巡視船に中国漁船が体当たり攻撃! 中国のネット民は大喜び!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!金門…

  4. 安全保障

    やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  5. 安全保障

    新型コロナの最初患者は11月発症! 年末には226人! 中国政府は全部隠蔽!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ネットの大幅制限で、イランの閣僚の米資産凍結へ! 米は反政府デモを支持!(朝香 …
  2. 安全保障

    沖縄タイムスが軍隊廃止のコスタリカを絶賛! 歴史的背景を無視!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    6人の任命見送りの話は出ず? 総理と梶田学術会議会長との会談!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    「アビガン」に高い治療効果! 明らかな副作用なし!(朝香 豊)
PAGE TOP