安全保障

湖北省から帰国組の施設滞在期間の短縮を検討! アホか!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

菅官房長官は、武漢など湖北省から帰国した人たちの施設滞在期間などの短縮を、日本政府が検討していることを明らかにした。

WHOが潜伏期間は想定より短いという知見を示したからだと言う。

おいおい。

そもそもだが、中国政府の公式見解が全く信頼が置けないことは言うまでもないだろう。

そして、WHOがその中国の強い影響力のもとにあることも公知の事実だ。

中国政府が初期対応を誤り、情報公開に背を向け、これだけの感染の広がりを作り出したにも関わらず、WHOのテドロス事務局長はそれを批判することもせず、逆に「歴史上、ここまで立派にやった例はない」と、中国をベタ褒めしているのだ。

我が国の知見として、10日で足りるというのが間違いないという判断を下すのであれば、それはそれでありだと思う。

だが、中国ベッタリで客観的な信頼性の薄いWHOの言っていることを鵜呑みにして、10日で十分だとして対応を変えるというのは、国民の不安を掻き立てることはあっても、信頼を増すことにはならないであろう。

今回の新型コロナウイルスの危険性をなるべく小さいものにしたいという中国側の思惑に沿うだけの話だ。

世界各国が14日という潜伏期間を前提にして対策を打っている中で、日本が率先して10日に短縮するとした時の政治的影響力を、政府は真面目に考えているのだろうか。

天安門事件があった後に、世界的に厳しくなった対中環境を、天皇陛下の訪中を実現することで融和的に持っていった日本政府の外交と、この話はかぶるところがある。

国民の安全を第一に考えるのではなく、この環境下で弱っている中国のメンツを立てることを、どうしてそんなに優先するのか?

アメリカは、日本がまたアメリカを裏切っていると感じるであろう。

WHOが10日で十分だと言っている中で、余裕を見て14日にするのは、国民感情としては安心が持てる。

だが、世界的には14日だろうと言われている中で、中国政府ベッタリのWHOの知見をそのまま信頼するということには、国民は不安を覚えざるをえない。

どうしてそういう不安を持つ国民感情を敢えて逆なでするようなことを言い出すのだろうか。

本当に信じられない。

これは観測気球の可能性もあるので、ぜひ首相官邸に「短縮反対」の意見を、じゃんじゃんと送ろうではないか。

https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元となるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200204/k10012271671000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_033

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    日豪防衛協力が進化! 准同盟化へ前進!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  2. 人権・民主主義

    人権派の動きを中国に連絡! 国連人権高等弁務官事務所!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    英はファーウェイ5G参入を見直しか? コロナ情報隠蔽で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    WHOのテドロス事務局長の無責任発言! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    イラン政府が新型コロナで情報隠蔽の疑い!(朝香 豊)
  2. 道理

    東京地検がゴーン妻に逮捕状! 異例の公表!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    コロナ死亡患者の45%がもともと寝たきり! ずれている政府の対策!(朝香 豊)
  4. 中国

    上海・蘇州でも大水害! 武漢では警戒水位を1.8メートルオーバー! (朝香 豊)…
  5. 道理

    毛沢東は台湾独立を支持していた! これはプロパガンダ戦に利用すべき!(朝香 豊)…
PAGE TOP