人権・民主主義

トランプ陣営がニューヨークタイムズを提訴! これで民主党は壊滅する!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカの大統領再選を目指すトランプ陣営は、名誉を傷つける論説記事をニューヨーク・タイムズが掲載したとして、ニューヨーク州の裁判所に損害賠償を求める訴えを起こした。

問題の論説は、「トランプーロシア間の真の交換条件」と題したコラムだ。

民主党のヒラリー・クリントン候補に対抗するために、ロシア側がトランプ陣営の選挙運動を支援する見返りとして、トランプ側が親ロシア的な外交政策を提供するという取り決めがあったとした。

トランプ陣営はニューヨーク・タイムズが「トランプ陣営に対する極端な偏見と敵意」のほか、米大統領選へ「不適切に影響を与えようとする熱意」を持っていることを問題視している。

その立場からニューヨーク・タイムズが「誤りであるとともに、読者を誤解させることになると知りつつ、この意見を掲載した」とした。

これに対して、ニューヨーク・タイムズは、「(トランプ陣営が)受け入れられないと判断した意見を持つ執筆者を罰するため、訴訟を起こした」と非難した。

民主党寄りと言われることもあるモラー特別検察官が、膨大な時間と人員をかけても証明できなかったことについて、あったことを前提とした記事を書くのは、倫理に反すると言われても仕方ないだろう。

もちろん、モラー検察官が見つけられなかった決定的な証拠を、ニューヨーク・タイムズがなにか掴んでいるのであれば話は別だ。

だが、そんなものは何も提示されていないわけだから、根拠のない憶測に従いながら、断定的に書いた記事と呼ばれても仕方ないだろう。

そもそもトランプ大統領のロシア疑惑の発端は、「スティール文書」というでっち上げ文書に基づく。

この「スティール文書」というのは、前回の大統領選挙の際に広がった怪文書のことで、実はヒラリー陣営が作らせたものであることがわかっている。(だが、ニューヨーク・タイムズなどの「リベラル」系のマスコミは、この件をきちんと報道していない。)

この文書には、トランプ氏がロシアのホテルに滞在した時に、売春婦を部屋に呼んでおしっこをさせるなどの乱痴気パーティーを行い、その様子をロシア政府に隠しカメラで撮られたのだ、だからトランプ氏はロシア政府の意向に逆らえないのだと書かれている。

トランプ陣営としては、裁判という舞台で、この「スティール文書」の真偽を改めて問題にし、これがヒラリー陣営が作らせたものだという事実認定を争い、こうした事実を知りながら、それを報道しなかったニューヨーク・タイムズなどの「リベラル」系のマスコミのあり方を、積極的に暴く方針なのだろう。

裁判で双方がどういう主張を行ったかは、マスコミはすべて報道しないわけにはいかないことになる。

そうすると、今まで「リベラル」系のマスコミの情報しか触れていなかった人たちからすれば、衝撃の事実が次々と教えられることになる。

そうなると、「どうしてそんな重大なニュースを、前回の選挙の時にマスコミはながしてくれなかったんだろう」との思いに駆られ、「リベラル」系のマスコミの偏向ぶりを思い知らされることになるだろう。

そしてその怒りの矛先は、「リベラル」系のマスコミだけでなく、民主党にも向くことになる。

偏向マスコミと戦う姿勢を鮮明にし、絶対に屈しない姿勢を見せたのは、さすがトランプ大統領だ。

ニューヨーク・タイムズを相手としたこの訴訟によって、民主党と「リベラル」系のマスコミは、壊滅的な打撃を被ることになるはずだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3270520?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  5. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)

関連記事

  1. 道理

    コロナで中国に責任を負わせろ! 米で続々続く中国非難の声!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自ら…

  2. 安全保障

    だんだん見えてきた不正選挙の闇! ドミニオン社の背景!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 人権・民主主義

    ザッカーバーグが中国批判! オンラインの言論の自由を守る必要がある!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!フェ…

  4. 人権・民主主義

    BBCが香港に関する番組を数多く制作! この番組もぜひ見てもらいたい! (朝香 豊)

    BBCは「香港でなぜ抗議が続くのか アイデンティティーの危機」…

  5. 人権・民主主義

    中国の「臓器移植の闇」で、広東省の警官が実名で告発!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!中国の…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    コロナウイルスが武漢研究所から漏れた疑いを、中国の大富豪が指摘!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    韓国検察が文在寅に叛旗を翻す! チョ・グク法相の親族を逮捕へ! (朝香豊)
  3. 経済

    深刻な中国の銀行の資本不足! 世界経済最大の撹乱要因!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    韓国軍はファーウェイなどのリスクを把握しながら使用していた!(朝香 豊)
  5. 道理

    国立墓地から「親日派」を掘り返す? 韓国国会で今秋可決か!(朝香 豊)
PAGE TOP