人権・民主主義

韓国がまたまた検事の大異動を発表! 政権疑惑潰しをさらに進める!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

韓国法務部は2月3日付けで、検事759人の大異動人事を追加で発表した。

この人事で、チョ・グク前法相や大統領府に関わる疑惑を追及していたソウル中央地検とソウル東部地検の次長検事3人が、いずれも地方に飛ばされる。

ソウル中央地検の次長検事は全員交代となる。

厚かましいことに、韓国法務部は「懸案事件の捜査チームの部長検事と副部長検事は大部分留任させ、捜査や公判にかかわる業務をそのまま進めさせることにした」としている。

なお、韓国法務部は、チョ・グク前法務部長官の一連の疑惑や大統領府による市長選介入疑惑などの捜査を指揮していた大検察庁(最高検)の幹部ら32人を、今月(2020年1月)上旬に13日付(2020年1月13日)で交代する人事を、まだ発表したばかりだ。

この人事もチョ・グク前法相や大統領府に関わる捜査を妨害するための処置だったと思われるが、韓国法務部はそれだけでは「不十分」だと考え、今回の追加処置を行ったようだ。

もはや何度も潰えたと思われる検察側の抵抗だが、この露骨なやり口に絶対に屈しない意地を、韓国検察には再度見せてもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなる朝鮮日報の記事
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/01/23/2020012380109.html

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 親中から反中に抜本的に転換! インドネシアのジョコ政権! (朝香 豊)
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    狂気の中国! 習近平氏への「忠誠心」テストで落第点だと、記者証剥奪する! (朝香 豊)

    中国は中国メディアの記者や編集者に対して、習近平国家主席の政治…

  2. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!3月…

  3. 人権・民主主義

    ガンジーはレイシストでファシスト?? 像の撤去を求める動き!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  4. 人権・民主主義

    習近平国家首席の国賓待遇来日批判、野党にも広がる! 頑張ろう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国民…

  5. 人権・民主主義

    反中的なアメリカ企業を中国市場から排除か? 「香港人権法」への対抗処置! (朝香 豊)

    中国共産党機関紙の環球時報が報じたところによると、「香港人権・…

  6. 韓国・北朝鮮

    韓国デモ、「200万人」は実は「7万6000人」か?(朝香 豊)

    デモの参加人数は主催者の恣意性によって正確な数字がわかりにくい…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    新型肺炎で、韓国経済は崩壊へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    蔡英文勝利! 57%を確保!(朝香 豊)
  3. 未分類

    金正恩は本当に脳死か? それとも回復過程か? (朝香 豊)
  4. 中国

    武漢の葬儀場に骨壷引き取りの長蛇の列! ここから推定される本当の死者数は?(朝香…
  5. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝…
PAGE TOP