安全保障

人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

12月中半ばまでに発症していた47人の段階で、人から人への感染が確認できていたことを、中国の研究グループが今頃になって発表した。

こんなの、問診を確認しさえすれば、詳しく研究しなくてもわかるよね。

中国側は人から人への感染をなかなか認めなかったが、12月中半ばにはわかっていたわけだ。

この件をはじめ、中国側がいろいろと隠してきたことが、ポロポロとバレてきている。

内部統制が緩んできているのだろうか?

ところで、厚生労働省は、人から人への感染を確認したのは、バス運転手の事案からとしているが、大丈夫か?

人から人への感染はだいぶ前から言われていたし、武漢の様子を見れば、それを前提に考えないとおかしいのは明らかだったのではないか?

さらに厚生労働省は、未だに潜伏期間中の感染を疑っているようだが、そう考えないと説明がつかないような事案はすでに様々に報告されている。

これまでのコロナウイルスの常識とはあまりに違うということなのだろうが、そんな医学常識にとらわれていて大丈夫か?

そう考えないと説明がつかないような事案が様々報告されている以上、それを前提に考えるべきだし、予防原則としては、危険を最大値で見積もるのが当たり前ではないのか?

意図的に安倍政権潰しのための自爆テロをやっているのだろうか?

そう勘繰りたくなるくらいの鈍い動きだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012265221000.html?utm_int=news_contents_news-main_002&fbclid=IwAR3KVGmWEfn80T7wrbNmQYYIORGon3SwvaZih3yYsOk4VrLUzGECZBjKvi0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  2. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  3. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    まじか? 中国共産党が政策白書で中国の崩壊に言及! (朝香 豊)

    中国政府は政策白書を公表した。この中には、共産党の統一…

  2. 経済

    日中韓自由貿易協定の公式交渉開催へ こんなもの必要か?(朝香 豊)

    「第16回日中韓FTA公式交渉」が27日からソウルで開催される…

  3. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  4. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「独…

  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を、現実に即した運営に変えよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  6. 安全保障

    新型肺炎患者はいないはずの北朝鮮で、なぜか休校命令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    敵基地攻撃能力の保持は当然! 河野太郎氏の欺瞞を許すな!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    下船させるってどういうこと? WHOの方針!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    削除不可能なマルウェアが見つかる! 中国製アンドロイドスマホ!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    日本で改憲意識が急激に高まっている!
  5. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)
PAGE TOP