安全保障

人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

12月中半ばまでに発症していた47人の段階で、人から人への感染が確認できていたことを、中国の研究グループが今頃になって発表した。

こんなの、問診を確認しさえすれば、詳しく研究しなくてもわかるよね。

中国側は人から人への感染をなかなか認めなかったが、12月中半ばにはわかっていたわけだ。

この件をはじめ、中国側がいろいろと隠してきたことが、ポロポロとバレてきている。

内部統制が緩んできているのだろうか?

ところで、厚生労働省は、人から人への感染を確認したのは、バス運転手の事案からとしているが、大丈夫か?

人から人への感染はだいぶ前から言われていたし、武漢の様子を見れば、それを前提に考えないとおかしいのは明らかだったのではないか?

さらに厚生労働省は、未だに潜伏期間中の感染を疑っているようだが、そう考えないと説明がつかないような事案はすでに様々に報告されている。

これまでのコロナウイルスの常識とはあまりに違うということなのだろうが、そんな医学常識にとらわれていて大丈夫か?

そう考えないと説明がつかないような事案が様々報告されている以上、それを前提に考えるべきだし、予防原則としては、危険を最大値で見積もるのが当たり前ではないのか?

意図的に安倍政権潰しのための自爆テロをやっているのだろうか?

そう勘繰りたくなるくらいの鈍い動きだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012265221000.html?utm_int=news_contents_news-main_002&fbclid=IwAR3KVGmWEfn80T7wrbNmQYYIORGon3SwvaZih3yYsOk4VrLUzGECZBjKvi0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  5. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…

関連記事

  1. 安全保障

    賢く使い捨てマスクの再利用を進めよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!使い…

  2. 安全保障

    コロナ不安で出生数激減! 大騒ぎの意外なツケ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    米国務省の高官4人が続々韓国入り! 文政権に厳しい要求を突きつける!(朝香 豊)

    米国務省のクラック次官、スティルウェル次官補、ナッパー副次官補…

  5. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CN…

  6. 安全保障

    「チャイナ・ウイルス」の本がアマゾンで発売禁止に! 中国の圧力か? (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ウイグルの収容所の様子を、BBCがまた放送!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    エストニアは5Gからファーウェイを排除へ! (朝香 豊)
  3. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    トランプ政権内のハーバード卒の学位を取り消せ! 学生と卒業生が要求!(朝香 豊)…
  5. 未分類

    山谷えり子氏が日本学術会議問題を取り上げる! 参議院内閣委員会!(朝香 豊)
PAGE TOP