安全保障

人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

12月中半ばまでに発症していた47人の段階で、人から人への感染が確認できていたことを、中国の研究グループが今頃になって発表した。

こんなの、問診を確認しさえすれば、詳しく研究しなくてもわかるよね。

中国側は人から人への感染をなかなか認めなかったが、12月中半ばにはわかっていたわけだ。

この件をはじめ、中国側がいろいろと隠してきたことが、ポロポロとバレてきている。

内部統制が緩んできているのだろうか?

ところで、厚生労働省は、人から人への感染を確認したのは、バス運転手の事案からとしているが、大丈夫か?

人から人への感染はだいぶ前から言われていたし、武漢の様子を見れば、それを前提に考えないとおかしいのは明らかだったのではないか?

さらに厚生労働省は、未だに潜伏期間中の感染を疑っているようだが、そう考えないと説明がつかないような事案はすでに様々に報告されている。

これまでのコロナウイルスの常識とはあまりに違うということなのだろうが、そんな医学常識にとらわれていて大丈夫か?

そう考えないと説明がつかないような事案が様々報告されている以上、それを前提に考えるべきだし、予防原則としては、危険を最大値で見積もるのが当たり前ではないのか?

意図的に安倍政権潰しのための自爆テロをやっているのだろうか?

そう勘繰りたくなるくらいの鈍い動きだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

これの元ネタとなるNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200130/k10012265221000.html?utm_int=news_contents_news-main_002&fbclid=IwAR3KVGmWEfn80T7wrbNmQYYIORGon3SwvaZih3yYsOk4VrLUzGECZBjKvi0

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…
  3. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!

関連記事

  1. 安全保障

    感染者数の日韓の差は単に検査数の違いか?  そうではない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  2. 安全保障

    中国人民解放軍が第三次世界大戦の準備! コロナウイルスを含む生物兵器で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ブラ…

  3. 安全保障

    カナダ、中国との自由貿易交渉中止へ! 「威圧外交」で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    中国から戻ってくる企業には減税! トランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 安全保障

    米司法省、スパイ容疑で元中国人を逮捕!(朝香 豊)

    米司法省は、中国政府に米国家機密情報を渡した疑いで、中国出身で…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    中国で開催された「世界弁護士大会」に、人権派弁護士の参加が禁止される!(朝香 豊…
  2. 人権・民主主義

    ブティジェッジも予備選で不正を使っていた! おぞましい米民主党の腐敗!(朝香 豊…
  3. 安全保障

    中国が武漢市に加えて新たに2市を封鎖! 武州肺炎の拡散は確実!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    韓国のチョ・グク法相の辞任の「裏」を見落とすな!(朝香 豊)
  5. 道理

    ソフトバンクの会計に疑念の目! 含み益経営に赤信号点滅か?(朝香 豊)
PAGE TOP