安全保障

一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカのバイデン政権の中東政策が迷走している。

アメリカのバイデン政権は、発足してすぐにイランに対する融和的な政策を展開し、イランに支援されているイエメンのフーシ派についても2月12日にテロ指定解除を行った。

この結果、イランはフーシ派に対する支援を強化し、フーシ派は爆発物を積んだドローンや弾道ミサイルでサウジアラビアに対する攻撃を強めている。その多くは迎撃されているようだが、中東には緊張が高まり、原油価格にも影響を及ぼすようになっている。

当然サウジアラビアはイエメンのフーシ派拠点に対して反撃に出て、フーシ派とサウジアラビアの関係は険悪なものになっている。

この流れはある意味当然のものであり、この流れを見ればバイデン政権は親イラン政策を推進しようとしていると考えるべきだということになりそうだ。

だが、そういうわけでもないのだ。

親イラン勢力の活動増大によって中東にある米軍施設なども攻撃対象にされると、バイデン政権はこれに対抗してシリアの親イラン組織への空爆を行った。

ではやはり反イランなのかというと、そういうわけでもない。

何とバイデン政権は、イラク・韓国・オマーンにあったイランの凍結資産の解除を認め、このタイミングでイランが300億ドル(3兆円)を自由に使えるようにした。今イランが自由に使えるお金が増えたら中東和平が乱れるのは、あまりに明らかではないのか。

中東が乱れることを目的としているのかと思わざるをえないほど、やっていることに一貫性がないと言わざるをえない。

トランプ政権下で大きく前進した中東和平は、バイデン政権の下では大きく乱されているのである。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

english.alarabiya.netの記事
https://english.alarabiya.net/News/middle-east/2021/03/07/Iran-says-US-approved-release-of-3-bln-of-Iran-s-funds-in-Iraq-Oman-S-Korea
空爆されたイエメンの画像
https://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/4/d/810wm/img_4d549f8269ec8ef9fd6003a7feb065ea261294.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  2. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  3. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 「なんでも批判」を反省しない立憲民主党! 戦前の「批判」政治の過ちを忘れるな!(…

関連記事

  1. 安全保障

    コロナ調査要求に対して、中国が豪州を恫喝! 豪州ははねのける! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  2. 安全保障

    トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テキ…

  3. 安全保障

    世界知的所有権機関のトップに中国人が就きそう! 高まる危機感!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 安全保障

    中国の食糧危機は深刻かも! 食べ残し厳禁を習総書記が号令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    おかしな方向にどんどん動いていくアメリカ! 警察解体も!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!"B…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク氏の疑惑が高まる中で、逆に与党「ともに民主党」の支持率が上昇している
  2. 安全保障

    進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    シンガポールの感染者数が多い理由を知ろう!(朝香 豊)
  4. 外交

    ファーウェイ孟晩舟被告の裁判で、テレビに映ったメッセージボードはヤラセだった!(…
  5. 人権・民主主義

    さらに続く中国の過剰反応! 制裁に参加しなかった日本にまで噛み付く!(朝香豊)
PAGE TOP