安全保障

BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「黒人の命は大切」だとするBLM(ブラック・ライブズ・マター)が、2021年のノーベル平和賞にノミネートされたことがわかった。

不当な人種差別をなくそうと求める声が世界中に広がるのに貢献したということらしい。

ノルウェーの下院議員のPetter Eide氏は、BLMは人種差別問題についての意識を世界的に引き上げるのにとてつもない貢献をし、アメリカ国外の国々にも内なる人種差別と取り組むようにしてくれたと高く評価して、BLMのノーベル平和賞への推薦を行ったことを述べた。

さて、BLMはアリシア・ガーザ、パトリッセ・カラーズ、オーパル・トメティの3名の呼びかけによって作られたものである。このうちの1人のパトリッセ・カラーズが2015年に「特に自分とアリシアは訓練された活動家」で、「私たちはマルキスト」であり、「真っ先にやることはイデオロギー的な枠組みを持つことだ」と正直に語っている。

カラーズは2018年に「人があなたをテロリストと呼ぶ時 BLM運動回想録」(When They Call You a Terrorist: A Black Lives Matter Memoir)という本を出版し、出版に際してのインタビューでもマルクス主義のイデオロギーを紹介し、親しみを感じていることを率直に述べた。なお、この本は、ニューヨーク・タイムズの推薦図書扱いになり、タイム誌のベスト回想録にも選ばれている。リベラル派と左翼思想の相性の良さは、こういうところにも垣間見える。

BLMの闘争には放火や略奪などの暴力的なものも含まれ、2020年にアメリカで20億ドルにも及ぶ損害をもたらした。BLMとは本当はBurn(放火)、Loot(略奪)、Murder(殺人)だと揶揄する声もある。シアトルでは彼らによる「自治区」が築かれ、警察が介入できない無法地帯となった。

Petter Eide氏はこれらのことをどう思っているのだろうか。これが「平和」だというのだろうか。

リベラル派の危険な発想が改めて浮き彫りになった。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theguardian.comの記事
https://www.theguardian.com/world/2021/jan/29/black-lives-matter-nobel-peace-prize-petter-eide-norweigan-mp?fbclid=IwAR0X7kAGbjZ4yR0tGfe5otBOcj-byWJ9xxg_52iSP7gHTAx6nqhOUM0pNeY

BLMの画像
https://www1.cbn.com/sites/default/files/styles/video_ratio_16_9/public/media/slider/images/minneapolisriots2_hdv.jpg?itok=tNYgRQ3B

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  3. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    「アビガン」承認で、新型コロナウイルスは解決へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  2. 人権・民主主義

    韓国の文化体育観光部局長、親日発言で罷免! 年金も半分に減額! (朝香 豊)

    韓国の文化体育観光部のハン局長が、フェイスブックで「親日派」を…

  3. 人権・民主主義

    ありえない、検察庁法改正案の見送り! リベラル派の大陰謀!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!検察…

  4. 安全保障

    中国は2月段階でワクチン生産! 開発責任の陳薇少将が公言!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 人権・民主主義

    ドイツは中国軍への支援中止を! 香港民主派の黄之鋒氏!(朝香 豊)

    香港の民主活動家の黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏は、ドイツの大…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    ウイグルでは豚肉を食べるのを強制するだけでなく、豚肉生産基地化の計画が動いている…
  2. 人権・民主主義

    香港の影響か! ロシア社会でデモ参加者を弾圧する政権批判が急速に広がる!(朝香 …
  3. 安全保障

    韓国が中国の核の傘の下に入ることを検討か?(朝香 豊)
  4. 安全保障

    フランクフルトのCIAのサーバを巡って銃撃戦! 6人が死亡!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    英国香港総領事館職員の拘束・拷問で、英外相が中国に抗議! (朝香 豊)
PAGE TOP