安全保障

BLMがノーベル平和賞にノミネート! あの運動を「平和」だとする矛盾!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

「黒人の命は大切」だとするBLM(ブラック・ライブズ・マター)が、2021年のノーベル平和賞にノミネートされたことがわかった。

不当な人種差別をなくそうと求める声が世界中に広がるのに貢献したということらしい。

ノルウェーの下院議員のPetter Eide氏は、BLMは人種差別問題についての意識を世界的に引き上げるのにとてつもない貢献をし、アメリカ国外の国々にも内なる人種差別と取り組むようにしてくれたと高く評価して、BLMのノーベル平和賞への推薦を行ったことを述べた。

さて、BLMはアリシア・ガーザ、パトリッセ・カラーズ、オーパル・トメティの3名の呼びかけによって作られたものである。このうちの1人のパトリッセ・カラーズが2015年に「特に自分とアリシアは訓練された活動家」で、「私たちはマルキスト」であり、「真っ先にやることはイデオロギー的な枠組みを持つことだ」と正直に語っている。

カラーズは2018年に「人があなたをテロリストと呼ぶ時 BLM運動回想録」(When They Call You a Terrorist: A Black Lives Matter Memoir)という本を出版し、出版に際してのインタビューでもマルクス主義のイデオロギーを紹介し、親しみを感じていることを率直に述べた。なお、この本は、ニューヨーク・タイムズの推薦図書扱いになり、タイム誌のベスト回想録にも選ばれている。リベラル派と左翼思想の相性の良さは、こういうところにも垣間見える。

BLMの闘争には放火や略奪などの暴力的なものも含まれ、2020年にアメリカで20億ドルにも及ぶ損害をもたらした。BLMとは本当はBurn(放火)、Loot(略奪)、Murder(殺人)だと揶揄する声もある。シアトルでは彼らによる「自治区」が築かれ、警察が介入できない無法地帯となった。

Petter Eide氏はこれらのことをどう思っているのだろうか。これが「平和」だというのだろうか。

リベラル派の危険な発想が改めて浮き彫りになった。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

www.theguardian.comの記事
https://www.theguardian.com/world/2021/jan/29/black-lives-matter-nobel-peace-prize-petter-eide-norweigan-mp?fbclid=IwAR0X7kAGbjZ4yR0tGfe5otBOcj-byWJ9xxg_52iSP7gHTAx6nqhOUM0pNeY

BLMの画像
https://www1.cbn.com/sites/default/files/styles/video_ratio_16_9/public/media/slider/images/minneapolisriots2_hdv.jpg?itok=tNYgRQ3B

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

  2. 安全保障

    存在感が増す台湾! 新型コロナウイルス対策で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  3. 安全保障

    中国の深刻なスパイ行為にアメリカは厳しく対処! 日本はどうする?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 人権・民主主義

    中国が台湾総統選挙に介入! ネットに偽情報を米が問題視!(朝香 豊)

    アメリカ在台協会(大使館のようなもの)のクリステンセン代表は、…

  5. 人権・民主主義

    米上院議員が相次いで中国共産党とWHOを非難! 手を緩めないアメリカ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アフガニスタンで人道支援を展開してきた中村哲医師、銃撃を受けて死亡!(朝香 豊)…
  3. 安全保障

    アメリカがギリシャ北部の港の民営化に積極的な動き! 中国牽制のためか?(朝香 豊…
  4. 未分類

    中国軍の中には感染者はゼロと主張! ありえない!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港で濡れ衣工作発覚! 拘束された若者のリュックに、警察がハンマーを仕込む!(朝…
PAGE TOP