人権・民主主義

中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ペルーのノーベル賞受賞作家のリョサ氏は、新型コロナウイルスの流行について、「もしも中国が独裁国家ではなく自由な民主国家だったら、今世界で起きているようなことはどれも起きていなかったかもしれない、とは誰も指摘していないようだ」と言及した。

これに対して中国政府は激怒し、「わが国は表現の自由を尊重しているが、そのことは恣意的な中傷や汚名を受け入れることを意味するものではない」と述べた。

さて、リョサ氏の「少なくとも一人、あるいは複数の高名な医師が、十分に時間がある段階でこのウイルスを突き止めたにもかかわらず、中国政府は対応する措置を取る代わりに情報の隠蔽を試み、そうした声、良識ある声を黙殺し、情報を抑え込もうとした。すべての独裁国家がそうするようにだ」との指摘は、決して間違っていない。

この指摘のどこが間違っているのか、中国政府は具体的に答えるべきではないか。

ちなみにリョサ氏はこの指摘をスペインとペルーの新聞で行ったが、中国政府が大騒ぎして抗議をするなんてことをしなければ、フランスのAFPが大々的に取り上げることもなかったろうし、その結果として、私がこのように知ることもなかっただろう。

中国の悪評を世界に広めているのは、中国政府の愚かな対応によるところも大きい。

今後も中国にはこの点では大いに頑張ってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3273713?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  2. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?
  5. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    米下院がルール変更! トランプ大統領には差別発言を容認!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!民主…

  2. 道理

    外国からの研究資金の開示義務づけへ! 科研費対象研究!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!管政…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスの対応を抜本的に変えよ! 日本政府!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!厚生…

  4. 人権・民主主義

    「黒人の命は大切」でロレアルが迷走! 「白」という言葉は使わない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

  5. 安全保障

    米中の軍事的緊張は急激に高まっている! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    中国で相次ぐ天変地異! 火山の爆発もある?(朝香 豊)
  2. 韓国・北朝鮮

    チョ・グク法相任命に、韓国野党党首も丸刈り抗議! (朝香 豊)
  3. 道理

    東京オリンピックでの旭日旗の使用は、個別事案ごとに判断するだって? 明らかに一歩…
  4. 安全保障

    日本がファイブアイズに加入へ! 急速に強まる対中包囲網!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    おっとビックリ! 尖閣列島に米軍基地構想!(朝香 豊)
PAGE TOP