人権・民主主義

中国が独裁国家でなかったら、新型コロナの事態は違った! ノーベル賞作家が指摘!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ペルーのノーベル賞受賞作家のリョサ氏は、新型コロナウイルスの流行について、「もしも中国が独裁国家ではなく自由な民主国家だったら、今世界で起きているようなことはどれも起きていなかったかもしれない、とは誰も指摘していないようだ」と言及した。

これに対して中国政府は激怒し、「わが国は表現の自由を尊重しているが、そのことは恣意的な中傷や汚名を受け入れることを意味するものではない」と述べた。

さて、リョサ氏の「少なくとも一人、あるいは複数の高名な医師が、十分に時間がある段階でこのウイルスを突き止めたにもかかわらず、中国政府は対応する措置を取る代わりに情報の隠蔽を試み、そうした声、良識ある声を黙殺し、情報を抑え込もうとした。すべての独裁国家がそうするようにだ」との指摘は、決して間違っていない。

この指摘のどこが間違っているのか、中国政府は具体的に答えるべきではないか。

ちなみにリョサ氏はこの指摘をスペインとペルーの新聞で行ったが、中国政府が大騒ぎして抗議をするなんてことをしなければ、フランスのAFPが大々的に取り上げることもなかったろうし、その結果として、私がこのように知ることもなかっただろう。

中国の悪評を世界に広めているのは、中国政府の愚かな対応によるところも大きい。

今後も中国にはこの点では大いに頑張ってもらいたいものだ。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3273713?cx_part=latest

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  3. 主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国で起こった、医療の闇事件

    中国で起こった医療の闇の事件。北京で、急性リンパ性…

  2. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 中国

    中国政府はアメリカ政府の支援を拒否! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 安全保障

    新型コロナウイルス はやはり人為か? ケンブリッジ大学の論文集に掲載!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ロン…

  5. 中国

    中国体制内部でも、習近平おろしが顕在化! 4月で失脚か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    日米台で安全保障に関するシンクタンクの会議を開催!(朝香 豊)
  2. 経済

    中国の杭州市、民間企業100社に政府職員を派遣へ! 民間企業にはさらに中共の影響…
  3. 安全保障

    ファーウェイ製のデータセンターのセキュリティはデタラメ! パプアニューギニア!(…
  4. 安全保障

    ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    湖北省住民と江西省警察が激突! 警察車両が横転させられる!(朝香 豊)
PAGE TOP