安全保障

バイデン側のキーパーソンがさらなる爆弾を炸裂! 証拠をFBIに提出すると明言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

バイデン一家とともにビジネスを行ってきたトニー・ボブリンスキー氏が記者会見を開き、バイデン一家に対するさらなる追撃を行った。

ボブリンスキー氏は、中国のエネルギー企業である「中国華信能源」(CEFC)とバイデン側との合弁企業として設立された “Sinohawk Holdings” のCEOに担ぎ上げられた人物であり、バイデン一家の関わりを詳しく知るキーパーソンだ。

ボブリンスキー氏は2015年に旧知のコンサルタントから連絡を受け、バイデン一家が「中国華信能源」と合弁企業を作り上げたい意向を持っていて、ここにボブリンスキー氏を参加させたいとの意向であることが伝えられた。

ボブリンスキー氏は “Sinohawk Holdings” のCEO時代の数百に及ぶテキストメッセージやメールを公開した。

この中には先のコンサルタントからの、この合弁事業に民主党の大統領候補であるジョー・バイデンが絡んでいることを口外するなという警告メッセージもあった。

そのメッセージには「ジョーが絡んでいることは口にするな。それは君たちが顔を突き合わせている時だけだ。君が事情を知っているのはわかっているが、彼らは過敏(paranoid)になっている」と書かれている。

さて、CEFCから “Sinohawk Holdings” に最初に1000万ドルの入金するとの連絡があった時に、ハンターがそのうち500万ドルを自分のポケットに入れたいと求めてきたことを、ボブリンスキー氏は明らかにした。

この時にハンターは父親のことを引き合いに出して、中国企業のCEFCは実体としてはバイデン家に投資しているのであり、今このようにしていられるのも父が切り札となっているからではないかと主張した。

ボブリンスキー氏はこの時に、500万ドルを渡せというハンターの申し出を拒絶し、Sinohawk を個人的な貯金箱としては使わせないと伝えた。

その後結局CEFCからの入金は取りやめになったが、この時に500万ドルがハンターが絡む別の事業体に送られていたことを、先月になってボブリンスキー氏は知った。

バイデン一家に対する上院の調査報告書が公表されたからである。

ボブリンスキー氏は10月23日に上院委員会のメンバーと会い、2015年から2018の期間に使った3台の電話機(恐らくスマホ)を証拠としてFBIに提出する意向も示した。

アメリカの主流派メディアがいくら歪んでいようとも、ボブリンスキー氏の情報をずっと隠し通すことはできないだろう。

なお、ウォール・ストリート・ジャーナルやニューズウィークは報道し始めている。
 
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のニューヨーク・ポストの記事
https://nypost.com/2020/10/22/hunter-ex-partner-tony-bobulinski-calls-joe-biden-a-liar/
NewsWeekからの引用画像(Tony Bobulinski)
https://d.newsweek.com/en/full/1657569/tony-bobulinski.jpg?w=1600&h=1600&q=88&f=46f441c1208599fdc485611481dc837c

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  5. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!

関連記事

  1. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 道理

    持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ゴー…

  3. 人権・民主主義

    フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!黒人…

  4. 中国

    中国の国家発展研究院院長が「感染ゼロ」圧力で、中央政府を批判!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!北京…

  5. 人権・民主主義

    民主派の「予備選」が「国家安全法」違反だって! 香港!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  6. 安全保障

    中国を甘く見ていた時代は終わった! オブライエン米大統領補佐官!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)
  2. 経済

    緊急経済対策はあまりにもしょぼい! これは怒るべきだ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカは「戦時国債」発行か? アメリカの覚悟に日本も見習え!(朝香 豊)
  4. 道理

    中国の武漢で原因不明の肺炎! 27人発症確認!(朝香 豊)
  5. 道理

    骨のある市長だ! チェコのプラハ市長が北京市との姉妹都市を解消決断!(朝香 豊)…
PAGE TOP