経済

巧妙化する麻薬の密輸! 瀬取り方式の進化系も登場! (朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

麻薬の密輸がさらに巧妙化し、フィリピン政府が苦慮している。

近年は海上で受け渡しをする瀬取り方式が増加している。

その瀬取り方式も進化している。

大型船舶に積み込んだ麻薬を防水パッケージに梱包してフィリピン東海岸沖で海中に投下する。

海上を流れていく麻薬のパッケージを、漁民に扮したダイバーが泳いで回収し、漁船に扮した小型船舶に積み上げて持ち込むわけだ。

麻薬を入れた防水パッケージにはGPS機能や自動追跡装置が付いているものもある。

さて、これと同じやり方で日本に持ち込まれている麻薬はないのだろうか。

フィリピンで行われているのであれば、日本でも行われていて不思議はないだろう。

洋上監視には限界があるとはいえ、海上保安庁を抜本的に強化することは、こういう観点からも考えるべきかもしれない。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元のニューズウィークの記事
https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2019/12/post-13611.php
画像も同記事から
https://www.newsweekjapan.jp/stories/assets_c/2019/12/newsweek_20191214_145139-thumb-720xauto-177890.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  4. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    中国、ハイテク分野の研究開発費を大幅増! 日本も負けるな! (朝香 豊)

    中国企業のハイテク分野の研究開発費が、過去5年で70%以上も増…

  2. 安全保障

    北朝鮮産石炭、瀬取りの手法で中国に! 安保理専門家パネルが報告書!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

  3. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  4. 人権・民主主義

    アメリカ3大テレビ局が中国批判を避けている! 研究機関が公表!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リベ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    アメリカの脅威はロシアで、中国ではない! バイデンが断言!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    米政府、ファーウェイへの締め付け強化へ! 日本の政府・財界は、この動きを見逃すな…
  3. 外交

    処理水の海洋放出の問題を、韓国は国際会議で正式議題に取り上げさせる方針!(朝香 …
  4. 人権・民主主義

    北海道議会庁舎の喫煙室設置方針にNO! どうしてここまで不寛容なのか! (朝香 …
  5. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
PAGE TOP