経済

中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

中国の内モンゴル自治区の国有企業が発行した債券の一部が、デフォルト(債務不履行)に陥った。

この国有企業は、内モンゴル自治区のフフホト市政府が所有するフフホト経済技術開発区の投資会社だ。

この投資会社は地方政府の信用を背景に、一般の人たちから資金を集めている。

売り出された債券は高利回りの運用商品として、人気が高かった。

集めたお金で不動産開発を行い、開発利益を還元するという運用モデルになっていた。

そしてこのような運用モデルを持つ地方政府はフフホト市政府が例外なのではなく、同じような運用モデルを全地域の地方政府が持ち、これによって地方財政を補うというやり方を採用してきた。

企業債務の8割がこうした地方政府がバックについた投資会社によるものだと言われ、総額では少なくとも100兆元(1500兆円)を超えているのは確実視されている。

投資会社は投資案件ごとに新たな債券を発行して資金を集めているが、プロジェクトごとに資金を分けて管理することをしていない。そのため、返済期限が到来した債務には、その時に手元にあるお金で支払い手続きを進める形になっている。(ただし、2021年からはこのやり方は禁止となる。)

この形式でデフォルトが発生した(利払いができなかった)ということは、この投資会社は手元のお金が枯渇していることを意味する。

つまり、今後の返済能力はほとんど期待できず、元本が返ってくる見込みもほぼない。

このデフォルトをフフホト市政府が補填する能力はないだろう。補填するとすれば、中央政府に頼らざるをえない。

中央政府がどこまでこうした補填を行うのか、補填後に地方政府が投資会社を通じて引き続き投資を行うことを認めるのか、大いに注目したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事https://jp.reuters.com/article/china-markets-default-idJPKBN1YE03B

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  2. 中国は悪辣な独裁政権で自由国家に敵対的! 米政権が激しく非難!(朝香 豊)
  3. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…

関連記事

  1. 経済

    弱っている中国経済! 日本企業は強気になれ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 経済

    額式体温計の半分が偽物! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国への技術流出防止を念頭に、外資規制強化の方針!(朝香 豊)

    政府は安全保障上重要な日本企業への外資の出資規制を強化する方向…

  4. 経済

    新型コロナウイルスで潰れる韓国経済!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  5. 経済

    日本の出生数90万人割れへ! (朝香 豊)

    今年の日本の出生数は、1~7月は前年同期に比べて5.9%減と、…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    英空母を南シナ海派遣へ! 極東常駐案も!(朝香 豊)
  2. 安全保障

    アメリカの要人が相次いで中国を非難! 民主党出身のペロシ下院議長も!(朝香 豊)…
  3. 人権・民主主義

    香港民主化運動がノーベル平和賞候補へ! 米超党派議員が推薦!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    パイプラインへのサイバー攻撃で、アメリカ東部は大混乱! 黒幕は本当にロシアか?(…
  5. 道理

    キプロスがゴールデン・パスポートを廃止! 中国人に打撃か?(朝香 豊)
PAGE TOP