経済

中国の国有企業でまたデフォルト発生! 今年6件目!(朝香 豊)


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

中国の内モンゴル自治区の国有企業が発行した債券の一部が、デフォルト(債務不履行)に陥った。

この国有企業は、内モンゴル自治区のフフホト市政府が所有するフフホト経済技術開発区の投資会社だ。

この投資会社は地方政府の信用を背景に、一般の人たちから資金を集めている。

売り出された債券は高利回りの運用商品として、人気が高かった。

集めたお金で不動産開発を行い、開発利益を還元するという運用モデルになっていた。

そしてこのような運用モデルを持つ地方政府はフフホト市政府が例外なのではなく、同じような運用モデルを全地域の地方政府が持ち、これによって地方財政を補うというやり方を採用してきた。

企業債務の8割がこうした地方政府がバックについた投資会社によるものだと言われ、総額では少なくとも100兆元(1500兆円)を超えているのは確実視されている。

投資会社は投資案件ごとに新たな債券を発行して資金を集めているが、プロジェクトごとに資金を分けて管理することをしていない。そのため、返済期限が到来した債務には、その時に手元にあるお金で支払い手続きを進める形になっている。(ただし、2021年からはこのやり方は禁止となる。)

この形式でデフォルトが発生した(利払いができなかった)ということは、この投資会社は手元のお金が枯渇していることを意味する。

つまり、今後の返済能力はほとんど期待できず、元本が返ってくる見込みもほぼない。

このデフォルトをフフホト市政府が補填する能力はないだろう。補填するとすれば、中央政府に頼らざるをえない。

中央政府がどこまでこうした補填を行うのか、補填後に地方政府が投資会社を通じて引き続き投資を行うことを認めるのか、大いに注目したい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事https://jp.reuters.com/article/china-markets-default-idJPKBN1YE03B

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 笑えないレベルにまで向上した北朝鮮のミサイルシステム
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 中国

    新型肺炎治療に抗HIV薬が有効か! 試用始まる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 経済

    中国で何が起きているんだ? 百度(バイドゥ)が資金難か? (朝香 豊)

    「中国のGoogle」とも呼ばれる「百度」(バイドゥ)の経営が…

  3. 安全保障

    新型コロナウイルスに関する検閲は、既に12月に始まっていた! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!カナ…

  4. 安全保障

    進む日印豪の経済連携構想! 脱中国のサプライチェーン構築へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  5. 中国

    中国全土からの邦人の帰国を検討しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  6. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. 馬雲 ジャック・マー

アーカイブ

  1. 韓国・北朝鮮

    慰安婦報道の植村隆氏が韓国でジャーナリズム賞を受賞!(朝香 豊)
  2. 中国

    武漢発新型肺炎の感染者はすでに10万人〜20万人か?(朝香 豊)
  3. 安全保障

    尖閣で武力行使容認! 中国「海警法」制定へ!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    ローマ教皇が米黒人死亡事件で「人種差別は容認できない」と発言! では中国は?(朝…
  5. 経済

    米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
PAGE TOP