安全保障

中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界中にあるカナダ大使館・領事館などに納入されるセキュリティ設備の入札に中国の国有企業である「ニュークテック社」(同方威視)が参加し、落札していたことがわかり、問題視されている。

同社は胡錦濤元総書記の息子が設立した企業で、空港セキュリティ業界の「ファーウェイ」とも呼ばれている。

カナダでの報道では、ニュークテック社は最低額を提示して落札したとされていたが、最低入札額でもなかったことも判明した。

ニュークテック社の入札額は総額680万ドルで、カナダ企業のKprime Technologiesの入札額の540万ドルより25%ほど高い。

さらにニュークテック社は、カナダ国境サービス庁の設備導入でも650万ドルの契約を締結していることもわかった。

ニュークテック社に対してカナダ政府が甘い対応を取ってしまったのは、政府内部に内通者がいるということだろう。

さて、ニュークテック社というと、台湾の桃園国際空港で使用されるX線検査装置の調達でも不正が見つかっている。

台湾では中国製品は入札に参加できない規則があり、入札段階では日本製の装置を納入するという話だった。

実際に納入されると受け入れ段階でトラブルがあり、機械を分解してみると「日本製」と印字されてはいた。

だが、この印字は中国大陸でのみ使われ、日本では使われていない「簡体字」であり、型番をネットで検索すると中国のものであることも判明した。

入札に関わった台湾航警局の職員がニュークテック社のハニートラップに引っかかり、さらに1100万円ほどのキックバックも受けていたこともわかった。

カナダ政府は、ニュークテック社についての調査を開始した。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/60928.html
Owlerの引用画像(nuctech)
https://s3.amazonaws.com/owler-image/logo/nuctech_owler_20160302_133933_original.png
毎日新聞からの引用画像(Canada Embassy)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/01/31/20190131p2g00m0in067000p/8.jpg?1
マンガ好き.comからの引用画像(内通者)
https://マンガ好き.com/wp-content/uploads/2018/09/4EA5170B-964B-499A-B22E-FF301B2B37D1.jpeg
おもちゃ屋さん.comからの引用画像(空港セキュリティー)
https://www.omochaya3.com/wp-content/uploads/2019/07/Airport-Security.jpg
Boketeからの引用画像(ハニートラップ)
https://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/photo/odai/600/ae64a05da9514f2b81ba4d27ed567bde_600.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  4. キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  5. N国党の立花氏が脅迫の疑いで事情聴取! 計算ずくか?

関連記事

  1. 人権・民主主義

    武漢で医療スタッフが約500人感染! 証拠写真!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

  2. 安全保障

    一貫性のないバイデン政権の中東政策! 混乱する中東!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  3. 安全保障

    重大事態! 南シナ海で原潜爆発か! (朝香 豊)

    南シナ海で、TNT換算で10〜20キロトン相当の水中爆発が観測…

  4. 中国

    中国本土のイベントに台湾の国民党は代表団を派遣せず! 反中に動く台湾の世論!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!9月…

  5. 人権・民主主義

    北京オリンピック協賛スポンサーに対して圧力! 国際人権団体!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    英国防委員会がファーウェイの早期排除を提言! ドイツも反中に舵を切る!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イギ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 経済

    日本のイカ釣り船の廃業相次ぐ! 北朝鮮などによる違法操業が影響!(朝香 豊)
  2. 経済

    マネロン疑惑でアメリカがドイツ銀行への調査拡大!(朝香 豊)
  3. 経済

    EUからのイギリスの離脱交渉が急激に動き始めた! 合意到達間近か!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    台湾のワクチン購入が突然白紙に! 背後に中国の影!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    韓国で反文在寅派が大規模集会 法相辞任を要求! (朝香 豊)
PAGE TOP