安全保障

中国企業がなぜか落札! カナダ大使館のセキュリティーシステム!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

世界中にあるカナダ大使館・領事館などに納入されるセキュリティ設備の入札に中国の国有企業である「ニュークテック社」(同方威視)が参加し、落札していたことがわかり、問題視されている。

同社は胡錦濤元総書記の息子が設立した企業で、空港セキュリティ業界の「ファーウェイ」とも呼ばれている。

カナダでの報道では、ニュークテック社は最低額を提示して落札したとされていたが、最低入札額でもなかったことも判明した。

ニュークテック社の入札額は総額680万ドルで、カナダ企業のKprime Technologiesの入札額の540万ドルより25%ほど高い。

さらにニュークテック社は、カナダ国境サービス庁の設備導入でも650万ドルの契約を締結していることもわかった。

ニュークテック社に対してカナダ政府が甘い対応を取ってしまったのは、政府内部に内通者がいるということだろう。

さて、ニュークテック社というと、台湾の桃園国際空港で使用されるX線検査装置の調達でも不正が見つかっている。

台湾では中国製品は入札に参加できない規則があり、入札段階では日本製の装置を納入するという話だった。

実際に納入されると受け入れ段階でトラブルがあり、機械を分解してみると「日本製」と印字されてはいた。

だが、この印字は中国大陸でのみ使われ、日本では使われていない「簡体字」であり、型番をネットで検索すると中国のものであることも判明した。

入札に関わった台湾航警局の職員がニュークテック社のハニートラップに引っかかり、さらに1100万円ほどのキックバックも受けていたこともわかった。

カナダ政府は、ニュークテック社についての調査を開始した。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/08/60928.html
Owlerの引用画像(nuctech)
https://s3.amazonaws.com/owler-image/logo/nuctech_owler_20160302_133933_original.png
毎日新聞からの引用画像(Canada Embassy)
https://cdn.mainichi.jp/vol1/2019/01/31/20190131p2g00m0in067000p/8.jpg?1
マンガ好き.comからの引用画像(内通者)
https://マンガ好き.com/wp-content/uploads/2018/09/4EA5170B-964B-499A-B22E-FF301B2B37D1.jpeg
おもちゃ屋さん.comからの引用画像(空港セキュリティー)
https://www.omochaya3.com/wp-content/uploads/2019/07/Airport-Security.jpg
Boketeからの引用画像(ハニートラップ)
https://d2dcan0armyq93.cloudfront.net/photo/odai/600/ae64a05da9514f2b81ba4d27ed567bde_600.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  2. 橋本聖子や山下泰裕の派遣でお茶を濁すようなことをするな! 北京オリンピックでの対…
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. 被害者ヅラする加害者を許すな! 元朝日新聞記者 植村隆氏を擁護する映画の製作が進…
  5. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    日本とEUが中国の一帯一路構想に対抗する新協定を締結! (朝香 豊)

    「一帯一路」プロジェクトによって、中国がEUとアジアの交通網を…

  2. 経済

    内容は曖昧さを残したまま、米中貿易合意第一弾が署名! トランプの狡猾さに注目!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  3. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  4. 安全保障

    習近平は資本主義に対する勝利を目指している! 財界人は目を覚ませ!(朝香豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!トラ…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    北京五輪の外交的ボイコットを早く表明せよ! 考えるべきはその先の対応だ!(朝香 …
  2. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    アメリカが韓国に必要な情報を渡さなくなった可能性あり!
  4. 人権・民主主義

    白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  5. 安全保障

    アメリカがウイグル制裁を発動! 中共幹部に金融制裁、ビザ発給停止!(朝香 豊)
PAGE TOP