経済

中国の製造業再開が暗礁に! 海外の受注が大激減!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

中国では、企業に対して操業再開の強い圧力がかかっているが、操業を再開しても受注がなくて生産停止、廃業に追い込まれる事態も多発しているようだ。

世界各国で新型コロナウイルスのせいで正常な経済活動が停止に追い込まれ、それに伴って中国企業への受注も激減しているからだ。

おもちゃメーカーの「泛達玩具」は、欧米の取引先が相次いで受注をキャンセルしたことが決定打となって、廃業を決定した。

新型コロナウイルスの中国国内蔓延による生産停止期間が1ヶ月以上に及んで、資金繰りがすでに厳しくなっていたところに追い打ちをかけた形だ。

同社は1200人以上いる従業員の給料の支払いを、現在遅延している。

ヘッドフォンの製造メーカーである「佳禾電子」は、海外の主要取引先が受注をすべて取り消したため、3カ月間の生産停止に追い込まれた。

楽栄電線電器有限公司も、欧米各国からの受注がキャンセルされたため、地方から工場に戻ったばかりの従業員に解雇通知書を渡した。

こういうことが中国国内でどんどん広がっている。

中国の2019年の年間輸出額は2兆5000億ドル程度であったから、月間で2000億ドル程度だったと考えればよい。

仮にこの需要が3割減少したと考えても、月間で600億ドル(日本円で6兆円)程度の受注減に見舞われていることになる。

これが中国の製造業を直撃しているわけだ。

となれば、中国国内の企業倒産も人員削減も進むだろう。

さらに、中国一国への依存が高すぎたことを反省している企業も多い。

アメリカは安全保障への関わりの深い製造業について、国内回帰を促すことにした。

外資系企業の中国からの撤退傾向は、今後強まっていくことになるだろう。

高まる失業者の増大に、中国はどう対処するのだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/53811.html
画像はFlickrから
https://live.staticflickr.com/24/52581560_4fe2b96e77_b.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  3. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    週休3日制で、生産性が40%向上! 日本マイクロソフト!(朝香 豊)

    日本マイクロソフトは8月に、試験的に週休3日制を実施したところ…

  2. 安全保障

    WHOが全員検査を勧告! やはり背景には中国か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!WH…

  3. 中国

    中国発の原因不明の肺炎! 香港・マカオ・台湾・韓国にも拡大!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    ドイツ製造業の見通しが暗い 世界的な経済の変調が影響している

    8月のドイツ製造業の景気指数は43.5で、8ヶ月連続で50…

  5. 安全保障

    バイデンと習近平の深い関係! 「万向グループ」も関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  6. 安全保障

    自民・中谷氏、新型肺炎の周知期間に疑問! ごもっとも!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!自民…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    トランプ政権は中共解体計画策定! スティーブ・バノン氏!(朝香 豊)
  2. 道理

    NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  3. 経済

    中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  4. 経済

    WeWorkの少数株主が、創業者のニューマンだけでなく、孫正義も提訴! ソフトバ…
  5. 中国

    習近平主席が姿を消す! すでに一週間!(朝香 豊)
PAGE TOP