経済

財政政策をさらに拡大せよ! IMFトップが明言!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

IMFトップのゲオルギエバ専務理事は、新型コロナウイルスのせいで世界経済は既にリーマン・ショック以上に悪い経済状態に突入しており、今後極めて深刻な状態になると述べた。

そのうえで、新興国のデフォルトの危機と企業倒産の嵐を食い止めるためには、「極めて巨大な」財政支出で向かわないといけないと、警告した。

新興国はこの危機を乗り切るのに少なくとも2兆5000億ドルが必要になるが、新興国の内部資産と市場での借り入れ能力だけでは、この必要を満たすことはできない。

新興国はまだ最悪の事態にはなっていないが、資本流出・輸出需要の減退・商品価格の著しい下落に苦しんでおり、すでに81カ国がIMFに緊急融資を申し込んだり、問い合わせをしたりしている。

このような新興国が抱える問題の深刻さについて、ゲオルギエバ専務理事は特に強い問題意識を持っている。

G20諸国がまとめた緊急経済対策費用の5兆ドル(500兆円)よりも世界経済はさらに必要とするのかと尋ねられて、ゲオルギエバ専務理事は、「我々のアドバイスは巨額に進むということだ」と答え、もっと多くの資金が必要になるということを伝えた。

一方、先進国は空前の低金利状態にあり、十分な財政支援を行うのは簡単だとの判断も示した。

さて、日本政府はIMF専務理事のこの発言をどう受け止めているのだろうか。

真摯に受け止めて、大胆な経済対策を打つべきではないだろうか。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のロイターの記事
https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-imf-idUKL1N2BK23R

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  2. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  3. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
  4. ファイザーワクチンが南ア変異株に弱いだって? リアルデータから検証しよう!(朝香…
  5. ソ連は欧州を解放した! 今なお時代錯誤な朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 経済

    韓国のルノーサムスンが夜間生産を停止! 強硬な組合員を排除して昼間だけ生産へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ルノ…

  2. 経済

    日本の今年の出生数86万4千人に! 大胆な少子化対策は待ったなし!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今年…

  3. 安全保障

    パキスタンのインフラ投資で水増し請求発覚! 中国企業!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  4. 経済

    アフリカ豚コレラの蔓延に警戒を強める諸外国! 日本は大丈夫か?(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アフ…

  5. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)…
  2. 道理

    キャリー・ラム行政長官の意味深な発言は、中国政府の思惑に制限をかける狙いかも
  3. 安全保障

    中国の統計は信用ならない! あのイランも言い出す!(朝香 豊)
  4. 道理

    新聞の正確な記事と責任ある論評の意義は一段と大きくなっている? ふざけるな!(朝…
  5. 安全保障

    次期戦闘機は国内1社と単独契約 ! 日本主導が確定!(朝香 豊)
PAGE TOP