安全保障

台湾の国防能力の大幅強化! 米、台湾への1900億円の武器売却!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ国務省は総額1900億円に及ぶ台湾への武器売却計画3件を承認した。

空対地巡航ミサイル(SLAM―ER)135発が目を引く。

トランプ政権はすでに台湾にF16を66機売却することを決めているが、これにこの巡航ミサイルをいつでも搭載できるとすれば、中国側が感じる脅威は当然大きく変わることになる。

空中目標の追跡に使う機外携行型センサーポッド(MS110 F16戦闘機用)6台、自走式多連装高機動ロケット砲システムM142も11基売却される。

自走式多連装高機動ロケット砲システムM142

いずれも中国には脅威だ。

台湾への武器売却は「台湾関係法」に基づくものであり、台湾の安全を高めるとともに、地域の政治的安定や軍事バランス、経済発展の維持に寄与することが期待される。

順調に配備されれば、東アジアの平和と安定の大きな力となることが期待される。
 
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のフォーカス台湾の記事
http://japan.cna.com.tw/news/apol/202010220001.aspx
seapowermagazineからの引用画像(SLAM―ER)
https://seapowermagazine.org/wp-content/uploads/2020/05/00Harpoon-Scene3L-hi-res-1024×738.jpg
military-todayからの引用画像(M142)
https://www.military-today.com/artillery/himars.jpg
F16.netからの引用画像(SLAM―ERを搭載するF16)
https://lh3.googleusercontent.com/proxy/MiiJ99UDfQOAp6yukq5x9cbAWlbcnxGql3dVNVfDu0c9qu5-sl6vJH8c-qiYqdQVJwWR4Ohe1Zf-R2EhQFdvhWNhebGUiB1wqn_Nm5i5turbweQol7MSaE-tfLmuD21H6xivJy41eqLyMHs

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 韓国の本当の仮想敵国は日本 これを前提に日本の国防を再構築しよう
  2. TSMCの日本投資は大きなチャンス! 反対論者は日台離反工作に乗せられていないか…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 進む日台離反工作! 工作に乗せられていないか、冷静に考え直そう!(朝香 豊)
  5. フロイド氏殺害でナイキがキャンペーン! でもナイキの本質はチキンだ!(朝香 豊)…

関連記事

  1. 安全保障

    米インテリジェンスはウイルス人工説を否定! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!正直…

  2. 安全保障

    ラトクリフ報告がようやく出る! 遅すぎ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ラト…

  3. 外交

    台湾の次期副総統の頼清徳氏、アメリカで大歓待!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!訪米…

  4. 経済

    米中貿易協議「第一弾」が合意へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!米中…

  5. 安全保障

    量子コンピュータでも読み解けない電子カルテ保管、日本で実験成功! 世界初!(朝香 豊)

    人気ブログランキングでの応援、よろしくお願いします!東日本…

  6. 人権・民主主義

    中国で艾芬女医も拘束! 国境なき記者団が釈放を要求!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!私は…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Huawei のロゴ

アーカイブ

  1. 未分類

    トランプ当選決定! 中間集計から明らか!(朝香 豊)
  2. 経済

    出生率が0.92まで低下! 大丈夫か、韓国!(朝香 豊)
  3. 外交

    許すな、日本共産党! 共産党が東京五輪組織委員会に旭日旗に反対の申し入れ! (朝…
  4. 人権・民主主義

    無念! トランプ大統領が敗北を受け入れる!(朝香 豊)
  5. 経済

    アリババいじめがさらに強化! 民有企業の活力を奪う習近平!(朝香 豊)
PAGE TOP