安全保障

八ッ場ダムで利根川水系の水害が救われた!(朝香 豊)

民主党政権下で無駄な公共事業の象徴として、一旦は建設中止に追い込まれた八ッ場ダムのことを覚えている人は多いだろう。

八ッ場ダムは工事がほぼ完了していて、10月1日から試験湛水(本格運用前に試験的に水を貯める処置)を始めていたそうだ。

そして今回の台風に際して、八ッ場ダムは絶大な威力を発揮し、ツイッターなどで見るとほぼ満水のところまで水を貯めるに至っている。

これは当然ながら、それだけの水が利根川の下流域に流れ込まなくて済んだことを意味する。

民主党政権のせいで工事はかなり遅れることになったが、今回の台風になんとか間に合ってくれたようだ。

試験湛水とのことなので、正式には完工ではないのかもしれないが、実用に足るところまで工事が進んでくれていて、本当によかった。

ソースとなったtogetherの記事https://togetter.com/li/1416296

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  2. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)
  3. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…
  4. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  5. インドで爆発するコロナ感染! 冷淡で信頼を失ったバイデン政権!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    ウイルスのゲノム配列を解析・公開した中国の研究所が、閉鎖されていた!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!上海…

  2. 安全保障

    韓国は世界最高の核技術国、6カ月あれば核兵器を作れる? まじか?(朝香 豊)

    『北の核の前に立つわれわれの選択』という本が韓国で出版された。…

  3. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  4. 安全保障

    新型コロナで先手を打つアメリカ! 先を読み、準備へ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!CD…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    韓国銀行のまとめた報告書が執筆者に無断で改竄された!(朝香 豊)
  2. 道理

    発覚し始めた不正の数々! アメリカ大統領選挙!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    トランプ共和党 続々と敗北! ケンタッキー州知事選挙でも!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    蔡総統が静かに放った爆弾! 2・28事件!(朝香 豊)
  5. 道理

    排ガス規制違反で、ベンツが1000億円の罰金支払いへ! (朝香 豊)
PAGE TOP