安全保障

WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOの中国調査専門家チームは北京市に入った後に、四川省と広東省を視察し、最後に新型肺炎の発生源である湖北省武漢市に入った。

チームの責任者はWHO事務局長補のエイルワード氏だ。

エイルワード氏は記者会見で、中国や習近平国家主席を持ち上げる発言を、たて続けに行った。

調査は中国の習近平国家主席の意向を受けて行われたとし、中国当局の感染防止対策は功を奏したとした。

武漢市民は多大な貢献をしたと称賛し、国際社会が中国に感謝すべきだとまで述べた。

私がもしこのウイルスに感染したら、中国で治療を受けたいとの発言もあった。

まさに茶番である。

さて、注目すべきは、どうして武漢まででかけて行ったのに、マスクの着用をしないでいるのかと問われた時のエイルワード氏の回答だ。

「ウイルスに絶対に感染していない。患者と接触しなかったし、患者を治療した医師とも接触しなかった」「武漢の病院のいかなる不潔な区域(dirty areas)にも入っていない」と答えたのだ。

WHOの専門家チームとして武漢まで行きながら、患者にも医師にも接触せずに、病院の中にも一切入らずに、一体どんな調査を行ったというのか。

WHOが中国政府を忖度するばかりで、実質的な調査は何もやっていなかったということを、私たちはしっかりと記憶にとどめておこう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52472.html
画像はサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事から
https://www.scmp.com/news/china/society/article/3052760/who-chief-what-rest-world-can-learn-chinas-fight-against
https://cdn.i-scmp.com/sites/default/files/styles/1200×800/public/d8/images/methode/2020/02/28/80acd610-5956-11ea-b438-8452af50d521_image_hires_001928.jpg?itok=jw7jC0Ra&v=1582820376

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  2. サウジへの攻撃はハメネイ師の指示か! 私の見立て (朝香 豊)
  3. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  4. 「研究所起源説」をめぐるアメリカ政府内部での攻防! ついに「起源説」が市民権を得…
  5. 北朝鮮漁船と水産庁船の衝突 ようやく映像公開へ! 日本政府の対応には不信感がいっ…

関連記事

  1. 安全保障

    新型コロナウイルスは生物兵器として開発された可能性が!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!全米…

  2. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  3. 安全保障

    ペンス副大統領が再び厳しい対中国政策の演説へ

    アメリカは中国への攻撃の手をさらに強める❗ペンス副大統領と…

  4. 安全保障

    香港で空気感染を疑う事態が発生! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!香港…

  5. 経済

    中国での新型コロナウイルスの本当の死者数は2000万人? 携帯契約数が激減!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  6. 安全保障

    ミャンマーを憂慮するのは終わりだ! 日本政府は黒幕の中国を非難せよ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国からの国内回帰の補助金は競争率11倍! 選別せずに全部戻せよ!(朝香 豊)
  2. 経済

    「歴史的合意」」なのに、石油価格は低迷を続ける! 壊れる世界経済!(朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    ジョシュ・ホーリー議員への献金急増! アメリカの民主主義の底力!(朝香 豊)
  4. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    イランの病院は死体の山! まるで武漢!(朝香 豊)
PAGE TOP