安全保障

WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOの中国調査専門家チームは北京市に入った後に、四川省と広東省を視察し、最後に新型肺炎の発生源である湖北省武漢市に入った。

チームの責任者はWHO事務局長補のエイルワード氏だ。

エイルワード氏は記者会見で、中国や習近平国家主席を持ち上げる発言を、たて続けに行った。

調査は中国の習近平国家主席の意向を受けて行われたとし、中国当局の感染防止対策は功を奏したとした。

武漢市民は多大な貢献をしたと称賛し、国際社会が中国に感謝すべきだとまで述べた。

私がもしこのウイルスに感染したら、中国で治療を受けたいとの発言もあった。

まさに茶番である。

さて、注目すべきは、どうして武漢まででかけて行ったのに、マスクの着用をしないでいるのかと問われた時のエイルワード氏の回答だ。

「ウイルスに絶対に感染していない。患者と接触しなかったし、患者を治療した医師とも接触しなかった」「武漢の病院のいかなる不潔な区域(dirty areas)にも入っていない」と答えたのだ。

WHOの専門家チームとして武漢まで行きながら、患者にも医師にも接触せずに、病院の中にも一切入らずに、一体どんな調査を行ったというのか。

WHOが中国政府を忖度するばかりで、実質的な調査は何もやっていなかったということを、私たちはしっかりと記憶にとどめておこう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52472.html
画像はサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事から
https://www.scmp.com/news/china/society/article/3052760/who-chief-what-rest-world-can-learn-chinas-fight-against
https://cdn.i-scmp.com/sites/default/files/styles/1200×800/public/d8/images/methode/2020/02/28/80acd610-5956-11ea-b438-8452af50d521_image_hires_001928.jpg?itok=jw7jC0Ra&v=1582820376

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!
  2. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  3. 銃犯罪の急増と検挙率の急低下! BLM運動で広がる無秩序!(朝香 豊)
  4. テレ朝での問題発言がYouTubeにも飛び火! 池上彰!(朝香 豊)
  5. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)

関連記事

  1. 安全保障

    なぜ日本は参加しない! ミャンマー国軍非難声明!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!在ミ…

  2. 経済

    DiDiへの弾圧に中国リスクを認識すべき! 避けられない米中デカップリング!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  3. 人権・民主主義

    皮肉! 習近平の父親はウイグルに寛容だった!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします習近平…

  4. 安全保障

    北のミサイル実験は問題ないと言い、北への宥和的姿勢を隠さなくなった韓国政府

    韓国の北朝鮮への宥和姿勢が再び明らかになった。韓国のイ…

  5. 人権・民主主義

    感動的な蔡英文総統の演説! 民主主義の大切さを再確認しよう!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!台湾…

  6. 中国

    武漢で1日に亡くなっている数を推計したら、すごいことがわかった! 新型肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 未分類

    高市早苗氏の当選の流れが見えてきた! 自民党総裁選挙!(朝香 豊)
  2. 道理

    厚労省、新型肺炎で、感染確認後も国籍非公表! ありえない!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国とつながるドミニオン! クリントン財団とも深い関係!(朝香 豊)
  4. 経済

    今度はワインを標的! 進む中国のオーストラリアいじめ!(朝香 豊)
  5. 経済

    トランプ政権の新型コロナウイルス対策は2兆ドルへ! 日本は??(朝香 豊)
PAGE TOP