安全保障

WHOの恐るべき中国忖度の実態! 武漢に行っても調査はせず!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

WHOの中国調査専門家チームは北京市に入った後に、四川省と広東省を視察し、最後に新型肺炎の発生源である湖北省武漢市に入った。

チームの責任者はWHO事務局長補のエイルワード氏だ。

エイルワード氏は記者会見で、中国や習近平国家主席を持ち上げる発言を、たて続けに行った。

調査は中国の習近平国家主席の意向を受けて行われたとし、中国当局の感染防止対策は功を奏したとした。

武漢市民は多大な貢献をしたと称賛し、国際社会が中国に感謝すべきだとまで述べた。

私がもしこのウイルスに感染したら、中国で治療を受けたいとの発言もあった。

まさに茶番である。

さて、注目すべきは、どうして武漢まででかけて行ったのに、マスクの着用をしないでいるのかと問われた時のエイルワード氏の回答だ。

「ウイルスに絶対に感染していない。患者と接触しなかったし、患者を治療した医師とも接触しなかった」「武漢の病院のいかなる不潔な区域(dirty areas)にも入っていない」と答えたのだ。

WHOの専門家チームとして武漢まで行きながら、患者にも医師にも接触せずに、病院の中にも一切入らずに、一体どんな調査を行ったというのか。

WHOが中国政府を忖度するばかりで、実質的な調査は何もやっていなかったということを、私たちはしっかりと記憶にとどめておこう。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の大紀元時報の記事
https://www.epochtimes.jp/p/2020/03/52472.html
画像はサウスチャイナ・モーニング・ポストの記事から
https://www.scmp.com/news/china/society/article/3052760/who-chief-what-rest-world-can-learn-chinas-fight-against
https://cdn.i-scmp.com/sites/default/files/styles/1200×800/public/d8/images/methode/2020/02/28/80acd610-5956-11ea-b438-8452af50d521_image_hires_001928.jpg?itok=jw7jC0Ra&v=1582820376

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 人民元のデジタル通貨化に秘められた野望を見逃すな!
  2. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  3. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  4. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  5. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…

関連記事

  1. 安全保障

    中国、「6G」の研究開発に着手! 日米連合も負けるな!(朝香 豊)

    中国が次々世代通信技術「6G」技術の研究開発を正式に開始した。…

  2. 中国

    「ローマで中国国歌を流して中国に感謝」はやはりフェイク! 伊メディアが報じる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「イ…

  3. 安全保障

    人から人への感染は12月半ばにわかっていた! 武漢発肺炎!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!12…

  4. 人権・民主主義

    中国のサッカー学校運営から撤退! 独FCケルン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイツ・…

  5. 人権・民主主義

    国際人権団体代表、香港入りを拒否される! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国際…

  6. 中国

    中共体制の崩壊につながるか? 新型コロナウイルス!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    暗号機製造メーカーを米独情報機関が秘密裏に運営 ! (朝香 豊)
  2. 中国

    新型コロナウイルスはどう広がったのか! 大胆推理!(朝香 豊)
  3. 経済

    インテルが韓国などの半導体メーカーを駆逐するか? (朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    「斬首競演大会」という名の、駐韓米大使糾弾の集会が本当に開かれた!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    香港市民が活用するアプリがApp Storeから削除へ! 中国の圧力か!(朝香 …
PAGE TOP