人権・民主主義

誤解されるパウエル弁護士! ドミニオンに対する主張を取り下げたわけではない!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

アメリカ大統領選挙において、ドミニオン社の投票機を利用した大規模な不正があったことを主張していたシドニー・パウエル弁護士がドミニオン社から訴えられている裁判において、パウエル弁護士が「理性的な人物なら、鵜呑みにしないはずだ」と主張したことが話題になっている。

これを「理性的な人物なら、鵜呑みにしない」→「正しくない主張だったが、まともな人は信じないから、名誉毀損に当たらない」のように解釈する動きがあるが、これは大きな誤解である。パウエル弁護士はドミニオン社が絡んだ選挙不正の主張を間違っていたとは、今なお認めていないからだ。

パウエル弁護士はドミニオン社からの訴えについて、訴えるに値しないことを説明しなければならない立場にある。この立場からパウエル弁護士は以下のような自己弁護を行っていると解するべきである。

「私はドミニオン社の投票機を利用した大規模な不正があったことを真実だと確信していたし、今もそう思っている。その立場からドミニオン社が関わった不正選挙が行われたとの主張を行った。理性的な人物ならわたしの主張を鵜呑みにはしないで、そういう主張もあるんだとまずは理解し、その立場が正しいのか間違っているのかが裁判の場で争われることを期待し、その議論の展開を見た上で判断を下したいと考えるのではないだろうか。裁判を起こすために、「ドミニオン社が関わった不正選挙が行われた」との主張をすること自体が名誉毀損に当たるということは言えない。私はこの主張を虚偽だとは思っておらず、虚偽だと理解した上でドミニオン社に損害を与える目的で主張したわけではない。」

誤解される向きがあるが、決して間違えないようにしてもらいたい。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.cnn.co.jpの記事
https://www.cnn.co.jp/usa/35168285.html
シドニー・パウエル弁護士の画像
https://ewscripps.brightspotcdn.com/dims4/default/355ba0f/2147483647/strip/true/crop/1000×563+0+0/resize/1280×720!/quality/90/?url=https%3A%2F%2Fewscripps.brightspotcdn.com%2Fe2%2F0e%2F81f3c5064b0f89fbe75f01c2597f%2Fap21035050680035.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 白人の子供たちは無邪気に幼少期をすごしてはいけない! おかしくないか?(朝香 豊…
  2. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  3. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  4. 非常事態宣言の1ヶ月延長! ありえない! (朝香 豊)
  5. 尖閣諸島の危機的な状況に目を覚ませ!

関連記事

  1. 人権・民主主義

    情報公開のあり方を、抜本的に変えよう! 武漢肺炎で台湾に学べ!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  2. 人権・民主主義

    フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!プロ…

  3. 人権・民主主義

    中共系の「環球時報」の編集長が、ネット規制の厳しさに不満を述べる!(朝香 豊)

    中国共産党機関紙の「環球時報」の編集長は、中国当局によるネット…

  4. 安全保障

    新型肺炎のデータ破棄を指示! 中国!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!遼寧…

  5. 安全保障

    ハンター・バイデンは習近平とも関係していた! 中国への投資案件で!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ハン…

  6. 安全保障

    モデルナもファイザーも安全性に問題なし! 新型コロナワクチン!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    サウジへの派遣軍の増員は抑止と防衛のためだ=ポンペオ国務長官 (朝香 豊)
  2. 安全保障

    イギリス・イタリアはファーウェイ排除! だがドイツは逆走へ!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    中国の人権侵害企業とは手を切れ! 米国務省が経営者に手紙を送る! (朝香 豊)
  4. 中国

    武漢発の新型肺炎、真の感染源は海鮮市場ではなかった?? (朝香 豊)
  5. 道理

    ローマで中国国歌が流れる! 「中国ありがとう!」って、気持ち悪くないか?(朝香 …
PAGE TOP