人権・民主主義

さらに続く中国の過剰反応! 制裁に参加しなかった日本にまで噛み付く!(朝香豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウイグルでの人権状況を問題視した西側諸国の制裁に対して、中国の過剰反応は続いている。持続可能な綿生産を目指すために設立されたNGO団体のBCI(ベターコットンイニシアティブ)が新疆綿の認証を撤回したことを受けて、H&MやNIKEだけでなく、ユニクロ、イケア、アディダスなども新疆綿の使用を拒否する姿勢を示した。中国政府はこうした西側企業へのボイコットを自ら呼びかけ、こうした企業の製品をはさみで切り裂いたり、燃やしたりする映像が次々とネット上にアップされる事態となっている。

中国外交部の華春瑩報道官は、かつてアメリカで黒人奴隷を酷使して綿花を栽培していた時代の写真を用意して記者会見に集まった記者たちに示すようなことまで行い、中国の立場を正当化してみせた。

中国政府は先に制裁姿勢を示したイギリスに対しても、ダンカン・スミス元保守党党首を含む政界関係者ら9人と4団体を対象に制裁を科すと発表した。イギリスが制裁対象にした4個人1団体を大きく上回る。イギリスが反省しないならば、「中国は断固として追加措置を講じる」と述べるほどの高飛車な態度を示した。

さらに中国は、G7諸国の中で唯一中国への制裁に参加しなかった日本が、新疆ウイグル自治区の人権状況に深刻な懸念を表明したことに対しても、第二次世界大戦の時の話を持ち出し、「日本側の行動が人権を尊重していると言えるのか。言行を慎むように望む」と反発した。いくら親中色の強い菅政権といえども、ここまで上から目線で中国からなめられては、次なる手を考えざるをえないだろう。

中国国内では誰もが習近平に逆らえなくなっている中で、中国側の要人はすべて、いわゆる「戦狼外交」を展開しているわけだが、こうした大騒ぎをすることが中国の首を絞めていくことに、習近平政権は無頓着である。

西側は中国との共存が難しいことを今後もどんどんと悟っていくことになるだろう。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

www.reuters.comの記事
https://www.reuters.com/article/china-uk-xinjiang-idJPKBN2BI009
www.nikkei.comの記事
https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM261MW0W1A320C2000000/
www.yomiuri.co.jpの記事
https://www.yomiuri.co.jp/world/20210325-OYT1T50202/
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5906
nippon-saikou.comの記事
https://nippon-saikou.com/5829
ウイグルの綿花の画像
https://stat.ameba.jp/user_images/20200917/11/gekifutoriyagineko/a7/49/j/o1920108014820713362.jpg?caw=800

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  2. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. ドイツが裏技でEUの財政ルールの回避を検討!
  5. 不良ワクチンで女児死亡! 家族も徹底弾圧! 中国!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    韓国で再び大統領の弾劾はあるのか? 弾劾の請願が140万人突破!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!韓国…

  2. 安全保障

    アメリカが中国大使館員を追放! 米海軍基地への侵入を試みる!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!バー…

  3. 安全保障

    朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!

    「朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは韓米同盟があるせ…

  4. 安全保障

    多くの中国共産党が国連組織に浸透! 影響力の調査を米議員が要求! (朝香 豊)

    現在中国が国連の最大の資金提供國になっていて、それを背景に国際…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    中国がオランダに医療物資の輸出を止めると脅す! 台湾問題で! (朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    黒川検事長と安倍内閣は検察にハメられたのでは? これから倒閣運動? (朝香 豊)…
  3. 安全保障

    台湾、中国向け団体旅行を全面中止へ! 日本も見習え!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    中国で6歳男児がわずか2週間待ちで肺移植! (朝香 豊)
  5. 安全保障

    金正恩、「苦痛は怒りに変わった」とアメリカを批判!(朝香 豊)
PAGE TOP