経済

ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2月の月例経済報告が発表された。

相変わらず、事実を全く考慮しない内容となっているのだが、そこを今回は解説したい。

先日、昨年10-12月期のGDPの速報値が出たこと、その内容が衝撃的に悪かったことを解説した。

細かい点は省くが、その記事の中で、昨年10-12月期の実質の個人消費が年率換算でマイナス13.9%、民間企業設備投資が年率換算でマイナス14.1%という落ち込みを見せたことを示した。

この数字を素直に見れば、個人消費も設備投資もすさまじいブレーキが掛かっているとしか考えられないだろう。

だが、月例経済報告では、個人消費は「持ち直している」、設備投資は「緩やかな増加傾向にある」との表記が、ずっと続いていて、今月も変更がなかったのだ。

年率で14%程度の落ち込みがあるのに、「持ち直している」も「緩やかな増加傾向にある」もありえないだろう。

先行きについては、「当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される」と述べている。

この表現もずっと変化していないが、これも当然現実を表していない。

こんな茶番が、閣僚たちが集まった会議で、誰からも異議も出ずに、毎月繰り返されているのだ。

なおこうした茶番は、決して月例経済報告だけの話ではない。

経済をめぐる世界では、こんなうそっぱちの解釈が平然とまかり通っているということを、よくよく知っていてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の内閣府の月例経済報告
https://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2020/0220getsurei/main.pdf

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…
  4. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  5. FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…

関連記事

  1. 経済

    中国が外資の技術移転の強要はないと表明! だが、これをマジメに信じてよいのか?(朝香 豊)

    中国国務院は、海外投資家の誘致強化を狙って、外資投資規制を緩和…

  2. 経済

    新型肺炎で、中国は「不可抗力証明書」を発行へ! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 経済

    中国の不思議な不動産統計! 政府部内で混乱が生じている? (朝香 豊)

    中国国家統計局が発表した不動産統計によると、今年の1~8月の全…

  4. 人権・民主主義

    マスコミは本質を報道せよ! 技能実習制度の問題点は何か? (平野 正幸)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!今回…

  5. 経済

    中国では結婚件数が激減! 無視できない経済的理由!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!20…

無料メルマガ

おすすめ記事

  1. Featured Video Play Icon

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    SNSの左翼偏向を許さない大統領令発令へ! トランプ大統領! (朝香 豊)
  2. 道理

    トランプ報道の92%が否定的! メディア監視団体が調査報告書!(朝香 豊)
  3. 経済

    IMFトップに親中疑惑浮上! 任期途中での辞任の可能性も!(朝香 豊)
  4. 外交

    イラン、地下核施設でウラン濃縮! IAEA査察官を一時拘束し、欧州まで敵に回し始…
  5. 安全保障

    FBのヒドロキシクロロキン否定は、トランプへのネガキャン利用のためだった! (朝…
PAGE TOP