経済

ふざけた月例経済報告! 全く信用ならない!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

2月の月例経済報告が発表された。

相変わらず、事実を全く考慮しない内容となっているのだが、そこを今回は解説したい。

先日、昨年10-12月期のGDPの速報値が出たこと、その内容が衝撃的に悪かったことを解説した。

細かい点は省くが、その記事の中で、昨年10-12月期の実質の個人消費が年率換算でマイナス13.9%、民間企業設備投資が年率換算でマイナス14.1%という落ち込みを見せたことを示した。

この数字を素直に見れば、個人消費も設備投資もすさまじいブレーキが掛かっているとしか考えられないだろう。

だが、月例経済報告では、個人消費は「持ち直している」、設備投資は「緩やかな増加傾向にある」との表記が、ずっと続いていて、今月も変更がなかったのだ。

年率で14%程度の落ち込みがあるのに、「持ち直している」も「緩やかな増加傾向にある」もありえないだろう。

先行きについては、「当面、弱さが残るものの、雇用・所得環境の改善が続くなかで、各種政策の効果もあって、緩やかな回復が続くことが期待される」と述べている。

この表現もずっと変化していないが、これも当然現実を表していない。

こんな茶番が、閣僚たちが集まった会議で、誰からも異議も出ずに、毎月繰り返されているのだ。

なおこうした茶番は、決して月例経済報告だけの話ではない。

経済をめぐる世界では、こんなうそっぱちの解釈が平然とまかり通っているということを、よくよく知っていてもらいたい。

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元の内閣府の月例経済報告
https://www5.cao.go.jp/keizai3/getsurei/2020/0220getsurei/main.pdf

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 朝鮮半島の南北問題が駄目になっているのは米韓同盟があるせいだ」と韓国政府が発言!…
  2. 中国、不動産バブル崩壊へ! 中国恒大集団が大幅値引販売実施!(朝香 豊)
  3. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  4. 中国の国家発展改革委員会が不動産バブルの維持を断念か? 体制崩壊につながる可能性…
  5. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…

関連記事

  1. 人権・民主主義

    予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!イラ…

  2. 経済

    英総選挙、保守党圧勝!労働党惨敗!ブレグジットは確定へ!(朝香 豊)

    イギリスの総選挙では、出口調査の結果によると、保守党が圧勝する…

  3. 経済

    サプライチェーン組み換え予算はショボい! 緊急経済対策!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  4. 経済

    韓国企業ピンチ! 世界2大格付け機関が、相次いで韓国企業を大量格下げ方針を示す!

    S&Pに続き、ムーディーズも韓国企業多数の信用格付けの下方修正…

  5. 経済

    「農家保護」政策は止めるべき! 農地の徹底活用を考えるべき!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!日本…

  6. 経済

    日本の食品の放射能汚染検査を「完全に信頼」 国連FAO!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!国連…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    蔡英文圧勝を中国メディアが酷評! 「汚い小細工」だって(笑)(朝香 豊)
  2. 経済

    万国郵便連合からのアメリカの脱退は寸前で回避! (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    香港で反体制派に対する暴力が頻発! 暴力で萎縮させる路線か? (朝香 豊)
  4. 安全保障

    地方政府の中国との契約は無効! オーストラリアの外交方針と一致しないなら!(朝香…
  5. 安全保障

    コロナ騒ぎのどさくさ狙った、英半導体大手の中国完全乗っ取り計画! 失敗!(朝香 …
PAGE TOP