安全保障

ウクライナ問題で中国が陥るジレンマ! 「ウイグル」独立の導火線!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ウクライナでは親ロシア派が自称してきた「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」をロシアが国家承認して、この「両国」に「平和維持軍」なるものをロシアが派遣する動きになった。

これに対して中国が頭を痛めているということを、中国ウォッチャーの遠藤誉氏が指摘していた。

中国は今回のウクライナ紛争においてロシア側に立つ姿勢を見せた。北京五輪の開会式は西側諸国が要人派遣をボイコットする中で、唯一ロシアのプーチン大統領が大国の要人として訪中してくれたのである。当然これにふさわしい「見返り」があったはずで、その中にはウクライナ問題でのロシアに対する支持も入っていた。

もっともウクライナと中国は密接な関係を持っており、全面的にロシアを支持するわけにはいかない事情もある点は注意すべきだ。

ソ連邦時代のウクライナは軍需産業が盛んで、ウクライナの軍需産業は旧ソ連全体の30%を占めていて、 旧ソ連の地対空ミサイルの62%、戦略ミサイルの42%をウクライナが生産していた。ソ連の6つの造船所のうち3つはウクライナの黒海沿岸にあり、ニコラエフ港にある黒海造船所は、ソ連で空母を建造できる唯一の造船所だったそうだ。

こうした軍需産業の技術者が東西冷戦の崩壊とともに中国に高給で引っ張られ、中国の軍需産業の育成に大いに貢献した。中国初の空母「遼寧」もウクライナから購入したものであった。

ウクライナと中国は国交を結んでちょうど30年になるが、この間に貿易額は60倍に増えるなど、経済的な関係も強化されている。2021年の中国からの対ウクライナ輸出額は前年比36.8%増で、輸入額は25.2%増と、順調に増えている。

ウクライナは中国の一帯一路政策においてもヨーロッパにおける重要な拠点であり、中国としては無視しえない。

だから中国がロシアに寄り添う姿勢を見せたといっても、それはロシアが問題にする「NATOの東方拡大」に対して反対するということであり、ロシアの立場を完全に支持するというわけにもいかないところがある。

だとしても、ロシアが「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」について、ウクライナが「ジェノサイド」を行っているのであり、これら「両国」における「ジェノサイド」を停止させるのに、「人道的」な介入をせざるをえないことを理由として「両国」の独立を認めるという話は、中国にはあまりにも都合が悪い。

これは例えば中国が「新疆ウイグル自治区」でジェノサイドを行っているのを停止させるのに、人道的な介入をせざるをえないとして「東トルキスタン」として同自治区が独立するのを国際社会が承認するという潜在的な可能性を考えなければならないからだ。

当然こうした潜在的な独立候補はチベットや南モンゴルなどもある。さらに言えば、香港や台湾もこのなかに含めて考えることもできる。こんな話になるのはいかにも都合が悪いわけである。

したがって中国は「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」を国家承認をすることは絶対できない。中露が一枚岩には絶対になれない事情はいろいろとあるが、ここにもその事情の一端が見えるというわけだ。

こういう視点からウクライナ問題を見てみるのは視野を広げる役割を果たしてくれるのではないだろうか。
 
 
無料のメルマガの登録をぜひともお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

露独の天然ガスパイプラインに暗雲! ロシア反体制指導者毒殺未遂で!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/4729

やはり毒は盛られていた! ロシア反体制指導者ナワリヌイ氏!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/4595

小規模な侵攻なら制裁は小さい? 実はバイデン政権の本音の可能性!(朝香 豊)


https://nippon-saikou.com/7252

遠藤誉氏の記事
https://news.yahoo.co.jp/byline/endohomare/20220223-00283482
プーチンと習近平の画像
https://fnn.ismcdn.jp/mwimgs/b/2/1200wm/img_b2e571af8e1cb9cf426d8aa794e16b7a34146.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 文在寅大統領はチョ・グク氏の法相任命を強行! 力による抑圧に自信か?
  2. ショーン・レノンが正論で反日韓国人に反論!
  3. フェイスブックは特定の方向性のみを支持! ザッカーバーグが認める!(朝香 豊)
  4. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  5. 「優生思想で危険」だとNumber編集部に非難の声! いやいや、危険なのはむしろ…

関連記事

  1. 経済

    中国の経済成長率が4%まで下がって大減速? おいおい!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 中国

    新型コロナウイルスの研究公表の統制がばれる! 中国! (朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  3. 安全保障

    中国、豪にエージェントを送り込む工作が明るみに! 候補男性は死体に!(朝香 豊)

    オーストラリアのテレビ局「ナイン・ネットワーク」は、中国のスパ…

  4. 経済

    中国人民銀行が地方政府の投資債のデフォルトの連鎖を警告!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  5. 安全保障

    北朝鮮で、新型コロナウイルスで死者が出たとの情報!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!2月…

  6. 道理

    スウェーデン検察、自国の元在中国大使を「外国勢力との不当交渉」で起訴!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!リン…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    学校の反日偏向を告発した高校生が、逆にいじめの対象に! 韓国!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)
  3. 道理

    衝撃的な噂は本当なのか? 疑う必要は大!(朝香 豊)
  4. 人権・民主主義

    極左団体「アンティファ」に注意! 反対派のジャーナリストを襲撃! 動画あり!(朝…
  5. 中国

    中国の若者が貧困で病死! 「脱貧困」達成宣言の習近平に逆風に!(朝香 豊)
PAGE TOP