安全保障

武漢の海鮮市場起源説はやはりおかしい! 新型コロナウイルス!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

新型コロナウイルスは武漢の華南海鮮市場で販売されていた野生動物から始まったものであって、武漢ウイルス研究所とは何の関係もないというのが、中国政府がもともと示してきたシナリオだ。

中国版CDC(疾病予防管理センタ)が華南海鮮市場の調査を行った結果、市場内の数多くの地点から新型コロナウイルスが検出され、華南海鮮市場の野生動物が起源であることが確実になったと言われてきた。

高福(Gao Fu)中国版CDC所長も、1月に上記の見解を2度にわたって表明している。

だが、大紀元時報(The Epoch Times)のもとにリークされた内部文書によると、その推測はやや無理があるようだ。

このリークされた文書によると、確かに華南海鮮市場の31の店から、新型コロナウイルス陽性のサンプルが33個検出されていることにはなっている。

そして、中国版CDCのレポートには「華南海鮮市場には、新型コロナウイルスが検出された12店がある区画に、野生動物を売るお店が数店ある」から、「ウイルスの起源は野生動物と関係しているのではないかと大いに疑っている」との記述もある。

確かにウイルスが検出されたお店の中には、野生生物を扱っているといえるお店もあるが、それらはすべて海産物や淡水魚を扱っているお店だ。

ということは、海産物や淡水魚が汚染源だということになるのだろうか。

報道では、タケネズミをはじめとしていろんな動物がウイルスの宿主の候補として取り上げられたが、海産物や淡水魚が宿主だった可能性は一度でも指摘されただろうか。

さらに、タケネズミなどを扱っている農場からも、飼育環境や動物自身から検体を集めて調査を行ったものの、すべて新型コロナウイルスは検出されなかったのだ。

タケネズミについては、華南海鮮市場とは別の市場で売られているものから24検体を採取したものの、こちらもすべて陰性だった。

こうなると、ウイルスは華南海鮮市場で販売されていた野生動物から始まったものだとの、高福所長の発表は、真実を覆い隠すための工作だったのではないかとの疑いを持たざるをえない。

なお、高福所長は5月25日に、「全体過程を見直してみると、海鮮市場と関係する感染が報じられる前からウイルスは存在していたはずだ」と、これまでの見解を訂正した。

米中対立の中で、中国政府がアメリカ起源説に舵を切ったことによって、見解を修正する必要が出てきたということだろうか。

これにより、武漢ウイルス研究所の怪しさがさらに浮き上がったように思う。

 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のThe Epoch Timesの記事
https://www.theepochtimes.com/leaked-document-contradicts-chinas-official-narrative-on-wuhan-wet-market_3372817.html?__sta=vhg.uosvpxsfsqssfsmne%7CUTH&__stm_medium=email&__stm_source=smartech
画像はNikkei Asian Reviewの記事から
https://asia.nikkei.com/Spotlight/Coronavirus/China-virus-outbreak-not-currently-spreading-WHO
https://www.ft.com/__origami/service/image/v2/images/raw/https%3A%2F%2Fs3-ap-northeast-1.amazonaws.com%2Fpsh-ex-ftnikkei-3937bb4%2Fimages%2F1%2F1%2F4%2F7%2F24377411-4-eng-GB%2FCropped-1578861056N%20Wuhan%20seafood%20market.jpg?source=nar-cms

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 米中通商協議が部分合意に! 今回はアメリカの一方的勝利!(朝香 豊)
  2. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)
  3. 「表現の不自由展」を支援するよう求める社説掲載! 朝日新聞!(朝香 豊)
  4. 予想通り、イランで体制の危機が発生! 政権崩壊まで進む可能性大! (朝香 豊)
  5. ウクライナ機は撃墜か! イラン危機!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    中国の公立小中学校、外国の教材が使用禁止に! 思想統制さらに強化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!中国…

  2. 安全保障

    中国系アメリカ人教授が脱税で摘発される! 中国の「千人計画」に関与!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!元エ…

  3. 安全保障

    ツイッターの闇を暴くきっかけに! ビットコイン詐欺事件!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    習近平がWHOに口止めを要請! ドイツ諜報機関が暴露!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ドイ…

  5. 安全保障

    周到な工作で「米製」と偽装しての中国製機器の販売発覚! 8800万ドル分!(朝香 豊)

    ニューヨーク州にあるアベンチュラ・テクノロジーズ社は、十数年に…

  6. 人権・民主主義

    デンマークから中国への支援物資提供に、中国ネット民は「断固拒否」!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!武漢…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 人権・民主主義

    郭台銘は台湾総統選への無所属の立候補を断念 (朝香 豊)
  2. 安全保障

    コロナ対応の日独差は、何に起因するのか? (朝香 豊)
  3. 人権・民主主義

    武漢支援の医療スタッフが医学誌に窮状訴える投書!  その後に謎の撤回!(朝香 豊…
  4. 経済

    韓国の消費者金融業の破綻が相次ぐ! ヤミ金に走るしかなくなるか? (朝香 豊)
  5. 中国

    武漢発新型肺炎の蔓延を、習近平国家主席の国賓招日拒否につなげよう!(朝香 豊)
PAGE TOP