人権・民主主義

本当は圧勝だったトランプ! シドニー・パウウェル弁護士が明かす!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

シドニー・パウウェル弁護士は今回のバイデン陣営による選挙不正について、恐るべきことを公表した。

ドミニオンの投票集計機を使うと、実際にバイデンに1票が投じられた場合にはそれを1.25票として割り増しで集計し、トランプに1票が投じられた場合にはそれを0.75票として割り引いて集計するようにしていたというのである。これが事実だとすると、トランプの票に対してバイデンの票は1.67倍の重みを持っていたことになる。

それでもトランプが激戦州でも勝っていた。それで少なくとも2つの州において、例えば341542票をバイデンに、100012票をトランプに加えるというようなことが20分間隔で何度か繰り返され、その票差の分だけバイデンが追い上げていき、ついにはトランプに勝った。こういう機能があることはソフトの運用マニュアルに書いてあり、インターネットからダウンロードして確かめることができる。そしてドミニオンはこうした機能があることを「ウリ」にして商品の宣伝をしているのだ。

投票集計機には容易にハッカーがアクセスできるようになっている。子供がスマホからハッキングすることもできることを説明した動画もネットに上がっている。外部から容易にハッキングできることを利用して、トランプの票を削ってバイデンの票をかさ上げするやり方が職員には指導された。ドラッグ&ドロップのようなやり方で一方の票をまとめて他方の候補の票に付け替えることもできるし、一方の票をそのまままとめて捨てることもできる。こうした訓練を受けたと宣誓供述書を提出してくれている人が複数名いる。なお、ドミニオン以外の投票集計のソフトウェアでも改ざんできるソースコードが埋め込まれており、ドミニオンだけが問題だというわけではない。

政治家がこの投票システムの導入を決めると、様々な見返りが発生する。例えば、今後の選挙での当選が保証されるという意味で「選挙保険」を手に入れたという話も聞いた。司法省は直ちに全面的な犯罪捜査を行う必要がある。

地方から中央までの政界のあまりの腐敗ぶりにはうんざりだ。我々はこの国を取り戻さなければならない。このめちゃくちゃぶりを正さなければならない。自由のために投票した人のために、我々はアメリカを取り戻すのだ。

パウエル弁護士は以上のようなことを述べた。

さて、こうしたパウエル弁護士の発言は証拠を示さない乱暴なものだと、主流派マスコミによって酷評されている。だが、こんなマスコミに負けるわけにはいかない。自由と正義のために、トランプ勝利のために、トランプ弁護団には最後まで戦ってもらおう。そして我々はこの戦いを最後まで応援していこうではないか。
 
 
 
ぜひとも無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いNBCします!

ネタ元のwww.rev.comの記事
https://www.rev.com/blog/transcripts/rudy-giuliani-trump-campaign-press-conference-transcript-november-19-election-fraud-claims
c-span.orgからの引用画像(シドニー・パウウェル弁護士)
https://images.c-span.org/Files/e0a/20201119125419003_hd.jpg

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 習近平体制が崩壊する?? 李克強が路線修正へ!(朝香 豊)
  2. 中国が「新型インフラ建設」の大型投資を打ち出す! 西側は勝てるのか?(朝香 豊)…
  3. 台湾で米台国交回復推進決議が全会一致で可決! なんと提案は国民党!(朝香 豊)
  4. 種苗法改正は必要! 日本の種苗の知的財産を守れ!(朝香 豊)
  5. やはり感染者の実数は中国政府の公式発表の100倍程度で考えるべき!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    Twitterが「暴力美化」とレッテル貼り! 激しく怒るトランプ大統領!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!Tw…

  2. 人権・民主主義

    香港警察の暴力に反対する声明、3700人の著名学者らが署名! (朝香 豊)

    「現代言語学の父」 として広く知られるノーム・チョムスキー教授…

  3. 経済

    中国が豪州産牛肉輸入の一部を差し止め! コロナ独立調査機関呼びかけに対抗!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!新型…

  4. 道理

    バイデン親子と中国の黒い関係! アメリカで映画化される!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!アメ…

  5. 人権・民主主義

    中国で強まるクリスマス禁止令!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!習近…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    TikTokなどの中国アプリの利用制限! 自民党が提言へ!(朝香 豊)
  2. 人権・民主主義

    「平和を望む世界各国と中国共産党政権による全体主義の戦い」だと、ポンペオ米国務長…
  3. 経済

    EUもついに緊縮財政見直しか? 日本も続け! (朝香 豊)
  4. 安全保障

    主要戦略物資は国内生産へ! ナバロ大統領補佐官!(朝香 豊)
  5. 人権・民主主義

    主流派マスコミの異常さ! バイデン疑惑を正面から報道せよ!(朝香 豊)
PAGE TOP