道理

感染急拡大でパリ全域でマスクを義務化! だが死者はかつての1/100!(朝香 豊)


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

フランスのカステックス首相は、新型コロナウイルスの感染が再び広がっていることを受けて、パリ全域で屋外でのマスクの着用を義務づけた。

フランスでのPCR陽性者は、8月に入ってから顕著な増加トレンドに入り、最近では8月26日は5429人、27日は6111人、28日は7379人とその増加の勢いが止まっていない。

この急増ぶりは、3月〜4月の頃を超える勢いになっている。

28日の7379人は3月31日に記録した7578人という最高記録にほぼ並んでいる。

日別新規陽性者数

だが、実は死者数は3月〜4月の頃の1/100程度だ。

日別死者数

今後幾分死者数が増える可能性はあるとしても、3月〜4月の頃のようなことが起きないのは明らかである。

フランスでも集団免疫がほぼできていて、陽性者が増えても深刻な病状に至る人がほとんどいなくなっているということなのだろう。

ここから考えれば、もはやマスクの着用をわざわざ義務付ける必要性は、現実的には存在しない。

重症者数や死者数を考えないで、陽性者数の増加ばかりを取り上げて大騒ぎするのは、そろそろやめようではないか。
 
 

もしよければ、無料のメルマガの登録もお願いしたい。(このブログ記事の下↓に登録フォームあり)

※ 日本再興のために、以下のバナーをポチッとしていただけると助かります。


人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!

ネタ元のAFPBBの記事
https://www.afpbb.com/articles/-/3301727
ネタ元のNHKの記事
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200828/k10012587351000.html
画像はYahoo! JAPANから(パリでマスク義務化)
https://amd.c.yimg.jp/amd/20200829-00000024-jnn-000-1-thumb.jpg
画像はworldometersから(フランスの新規陽性者と死者数のデータ)
https://www.worldometers.info/coronavirus/country/france/

無料メルマガ

最新情報やプレゼント特典などをメール配信しています!メルマガでのみ公開しているネタあり!今すぐ無料登録しましょう!

ピックアップ記事

  1. 持ち込み荷物 X線検査受けずに出国! ゴーン被告!(朝香 豊)
  2. もうこれ以上、静かにしてはいられない! 文在寅政権に対して、アメリカは怒りを隠さ…
  3. NHKの「家族や友人などのレンタルサービス」のやらせ番組、ようやくBPO審議入り…
  4. 最悪! 安倍・習会談、習近平氏の国賓来日の準備を進めることで一致! (朝香 豊)…
  5. 中国が武漢P4からフランスを排除していた! 騙されたフランス!(朝香 豊)

関連記事

  1. 人権・民主主義

    4野党が謝罪と撤回を求める! 「共産党」に関する安倍総理の答弁!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!安倍…

  2. 安全保障

    トランプ政権もテキサス州の訴訟に参加! 加速化する情勢変化!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!テキ…

  3. 安全保障

    軌道修正始めた専門家たち! コロナの爆発的事態はない!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!…

  4. 安全保障

    米連邦最高裁はテキサス州提起の訴訟は却下! 残念!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!実に…

  5. 人権・民主主義

    バイデン勝利を否定! ジョージア州議会司法委員会!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!ジョ…

  6. 道理

    ワシントン像もジェファーソン像も引き倒される! BLM運動の異常性!(朝香 豊)

    人気ブログランキングへのご協力をよろしくお願いします!「黒…

無料メルマガ

おすすめ記事

アーカイブ

  1. 安全保障

    韓国で休園・休校が相次ぐ! 新型コロナウイルスで!(朝香 豊)
  2. 経済

    FRBが金利の据え置きを決定! だが景気は減速している!(朝香 豊)
  3. 安全保障

    台湾で新型肺炎で特別法制定! 日本も見習え!(朝香 豊)
  4. 安全保障

    アリゾナ州もドミニオンの調査へ! トランプ勝利への道!(朝香 豊)
  5. 安全保障

    東京オリンピックは中止か? 厳しい見方が広がる!(朝香 豊)
PAGE TOP